マイナス金利をきちんと理解したい方へ。私たちの生活に影響はあるの?

スポンサーリンク
728×90




1月29日に日銀が金融政策決定会合で、2月16日から「マイナス金利」を導入することを決めました。民間金融機関が日銀に預ける資金を減らし、少しでも市場に流通させて景気を上げることがマイナス金利を適用した目的のようです。マイナス金利と聞くと、ネガティブなイメージが湧いてきますよね。果たしてこのマイナス金利、私たちの生活にどの様な影響を与えるのでしょうか?

日本銀行が発表したマイナス金利とは?

そもそもマイナス金利とはどのようなことを呼ぶのでしょうか?簡単に言うと「金利がマイナスになる」そのままズバリです。

  • プラス金利=利子を受け取れる
  • ゼロ金利=利子を受け取れない
  • マイナス金利=利子を払う

ということになります。

 今回のマイナス金利、政府は「民間の金融機関が日銀に資金を預ける際の一部を適応」と謳っています。金融機関が日銀に資金を預けると通常は利子が付きますが、新たに預ける資金に対しては反対に利子を払わなければならず、それならば「お金を貸し出して経済の流れを活性化させよう」と言う効果を狙ったものなのです。

このマイナス金利は、金融機関同士の適用なので預金者には影響がないと言われています。

私たちの預金金利はどの様に変化するのでしょうか?

金融機関同士の決め事とはいえ、果たして本当に私たち預金者に影響はないのでしょうか?

ソニー銀行・静岡銀行そして三井住友銀行がマイナス金利適用を受けて、普通預金の金利を0.001%に引き下げることを発表しました。(2月16日から適用)

金利0.001%ですと、10万円の預金で年間1円の利子しか受け取れなくなります。これらの金融機関の動きから、他の金融機関も見習い同じような対策を取るであろうと予測されます。実際に利子を払うことは無くとも、利子が下がることは避けられないようですね。

その他のマイナス金利によるデメリットは?

預金の金利が下がるだけでなく、今後予想される金融機関の対策を以下に挙げてみます。

  • 金融機関のATMや送金などの利用料金値上げ
  • 口座管理維持費適用
  • 保険料の値上げ

反対に値下がるものは

  • 変動型金利である長期の住宅ローンは、若干金利が下がる可能性有り
  • 円安になる

上記の事はあくまでも予測にすぎないので絶対的なことではありません。今後経済などの様子を見ながら、ご自身に合ったその家ならではの金融政策を見つけることが一番の対策です。

最後に

今回の日銀のマイナス金利発表にともない、住宅ローン金利は下がり始めています。これから家を買う人にとっては金利の負担が小さくなるので、買える家が10年前とは全く違ってくると思います。また、自動車ローンでもやはり同じようなことが発生してきています。外資系の自動車販売会社ではマイカーローンで0%金利を発表したところもありました。

日銀が狙っているのはまさにこのような金利が下がることによって、「買い物をしてもいいかな!?」と思わせることです。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら