お正月が終わったらどうする?松飾り・鏡餅などの正しい処分方法

スポンサーリンク
728×90




クリスマスが過ぎると、お正月に向けて部屋の飾りつけも一気にお正月飾りに変わりますよね。新年を気持ちよく迎えるために、お正月飾りは欠かせないものです。松飾門松鏡餅など各家庭で飾り方などこだわりがあると思いますが、最近では100円ショップでも豊富にお正月飾りが売られています。ついつい安さに負けて飾りを買いすぎてしまったり、飾らないまま新年を迎えてそのまま袋の中・・・なんてこともあるかもしれません。そして、お正月が過ぎると今度はお正月飾りを処分しなければいけません。みなさんはお正月飾りの処分方法をどのようにしていますか?神社に出す人が多いと思いますが、もし出す時期を逃してしまった場合は自宅で処分する人もいると思います。

今回は、お正月飾りの正しい処分方法についてご紹介します。

お正月飾りを片付ける時期とは

お正月飾りは1月1日の元旦から1月7日の松の内の間は飾っておきます。これは、歳神様がいる大切な1週間とされているからです。歳神様はさまざまな幸せをもたらしてくれると言われていることから、お正月飾りを飾ることで目印や拠り所として大切な役割を担っているのです。そして、一般的には1月7日の七草粥を食べた後に取り外すことが多いようです。また、お正月飾りの一つである鏡餅だけは、鏡開きである1月11日に食べるという習わしがあります。

神社で行う「どんと焼き」で処分

一般的な処分方法に上げられるのが神社で行われているどんと焼きで、お正月飾りをお焚きあげする方法ではないでしょうか。どんと焼きを行う時期は地域によって異なる場合がありますが、だいたいは1月15日に行われることが多いようです。万一、どんと焼きの時期を過ぎてしまっても、神社にお正月飾りを持参すれば引き取ってくれる場合もあるので事前に確認しておくといいでしょう。また、どんと焼きの意味合いは清浄な火をお焚きあげして、その煙と共に天にお帰りになると考えられています。

自宅で処分するときはお清めを!

神社で処分してもらうのが難しい場合には、自宅でお清めをしてからごみ袋に入れて処分しましょう。まず大きめの紙を用意するのですが、できれば白い紙が望ましいのですがなければ新聞紙でもいいでしょう。次に左→右→中央の順番で3回塩を振って、お清めをしてからお正月飾りを包みます。そして、新しいごみ袋に入れて燃えるごみの日に収集してもらいましょう。このとき他の燃えるごみとは別の袋に入れて下さい。

最後に

いかがでしたか?お正月飾りはどんと焼きで処分する人が多いようですが、万一自宅で処分する場合はきちんとお清めしてから処分しましょう。自宅処分で心苦しい思いをしていることで、歳神様も少しはホッとしているかもしれません。お正月飾りの処分が終わり、ようやく残りの年がスタートした気持ちになると思います。これからの年を健康で清らかに過ごせるように、お正月飾りの処分はきっちり時期を守り行うことが一番ではないでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら