お正月には凧あげて、コマを回して遊びましょう♪親子代々受け継がれる昔遊びの由来と意味とは

「もう、いくつ寝ると、お正月…」と、そろそろお正月の歌を子供達が口ずさむ時期となってきました。クリスマスが終わったら、今度はお正月。お正月の歌には「お正月には凧あげて、コマを回して遊びましょう」という歌詞がありますが、実際に昔遊びをしている子供はそれほど多いものではないかもしれません。昔遊びはお爺ちゃんお婆ちゃんから子供へ、そして孫へと伝わり、世代に関係なく遊べるというメリットもあります。また、遊びを通して考える知恵や発想力が身に付けられることもあります。それでは、現代の子どもに伝えたい昔遊びの意味や由来についてご紹介します。

凧あげの由来

現在では、のびのびと凧をあげられる場所が少なくなってきていますが、凧あげは実は中国からきた遊びというのを知っていますか?昔、中国では凧は占いや戦いの道具として使われており、平安時代に日本に伝わってきました。

その当時は貴族の遊びとして凧あげをしていたようですが、江戸時代に入ると男の子の誕生祝いとして凧あげをするようになり、徐々に庶民の遊びとして広まっていきました。

また、お正月に凧あげをするというのは、祈願や厄除けという意味も込められていたようです。凧が高く上がれば上がるほど、願い事が神様に届いて願いが叶えられるということや、生まれてきた男の子が健康ですくすくと元気に育つと言われていました。

ただの遊びの一種ではなく、凧あげにはこのような意味が込められていたんですね。

カルタの由来

お正月遊びの一つとして、カルタは現在でも子供達の間で人気の遊びです。元々はトランプなどのカードゲーム全般を指していたのですが、現在では読み札にあわせた絵札を取るゲームとして、その枚数を競う競技を意味するようになりました。

カルタの語源はポルトガル語とされていますが、カルタが日本で始まった由来については諸説があります。平安時代に始まった「貝覆い」という二枚貝の貝殻を合わせる遊びがルーツという説と、「南蛮カルタ」というポルトガルの宣教師によって伝えられたという説もあります。

また、カルタといっても様々な種類があり、百人一首カルタや定番のいろはカルタ、花札などがあります。いろはカルタは、江戸時代に子供が遊びながら文字やことわざを覚えられるようにと考えられて作られたそうです。

福笑いの由来

お正月に福笑いをするという由来は明確ではなく、どのような目的で始まったのか分からないままとされています。しかし、江戸時代後期から福笑いの遊びが始まり、明治時代にはお正月遊びとして定着しているそうです。

最近ではあまり遊ばなくなってしまいましたが、昭和中頃まではお正月遊びとして各家庭で遊ばれていました。そう考えると、最後に福笑いで遊んだのはかなり昔だな~と感じる方も多いのではないでしょうか。

むしろ、平成生まれの方は遊び方は分かっても、遊んだことはないのではないでしょうか。福笑いは、「出来上がった顔を見て、みんなで笑い合う」ということから、「笑う門には福来る」というように新年の福を祈願していたのかもしれませんね。

最後に

いかがでしたか?時代とともに子供のおもちゃや遊びは進化しているため、昔遊びを知らない子供も沢山います。しかし、子供から大人になり親になった時に、昔遊びのルーツを教えながらお正月にわいわい集まる楽しい光景は、ずっと続いてほしいものではないでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら