テレビは『オワコン』じゃなかった!今、逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)旋風が、個人消費を掻き回す!

昭和のお父さんは夜の19:00から最大21:30まで巨人戦を見て、その後久米さんのニュースステーションを見てと、家庭の時間はテレビを中心に流れていました。しかし、平成の時代になり、PCやスマホがテレビの地位を奪いつつありますが、テレビが再びその地位を取り戻すべく、良質なコンテンツを提供し始めています!今、逃げ恥逃げるは恥だが役に立つ)が熱いんです!

テレビはオワコン(終わったコンテンツ)になったのか!?

かつてお茶の間の中心にあったテレビですが、現在はBGMや照明と等しく「ないと部屋が何となく寂しいから」を理由に点けられているケースが多いようです。

本来の「視聴目的」は二の次、さらに一部ではオワコン(終わったコンテンツ)とも囁かれることも。しかしそれ以前にテレビを囲むような、お茶の間の存在事態が微妙な昨今です。

いまテレビは、録画機、家庭用ゲーム機、インターネットをはじめとする強豪に押し切られ、さらに塾や習い事で忙しい「子どもたち」、共働きでゆっくり団らんタイムをもてない「家庭」、卒業どころか大人買いに走る「ゲームプレイヤーの高齢化」など暮らしの変化も伴い苦戦が続いています。

高視聴率の目安とされる20%を超えることもシビアで、あまりの低視聴率で打ち切りを目の当たりする機会も少なくありません。

「もうワクワクとテレビの前でスタンバる日はない」

といわれる時期もありましたが、今年10月からスタートした秋ドラマで『テレビ力・復活』を実感する社会現象が起こっています。

記憶に残る平成ドラマとは?

話題の秋ドラマを取り上げる前に、ここ数年のトレンドを振り返りましょう。昨年2015年全ドラマ「平均視聴率ランキング」を参考にトップ6を挙げると

  • 1位 下町ロケット(TBS)
  • 2位 天皇の料理番(TBS)
  • 3位 アイムホーム(EX)
  • 4位 花咲舞が黙ってない(NTV)
  • 5位 DOCTORS3(EX)
  • 6位 ○○妻(NTV)

の順で平均視聴率は9.13%。21時〜22時台に限定すると9.81%の状況で、トップ6は当然1話も平均を下回ることはありませんでした。

なかでも下町ロケットの原作は池井戸潤さんということもあり、半沢直樹(TBS)でついたファンの期待も手伝って「最高視聴率」は最終回の22.3%をマーク。ちなみに半沢直樹は2013年に42.2%を叩き出し「歴代ドラマ」ランキングで3位に食い込みました。

1位が1983年の積木くずし(TBS)、2位は1979年の水戸黄門第9部(TBS)の名作に続くランクインですから、テレビ離れの今をふまえれば半沢直樹で沸いた3年前がいかに凄かったかを再確認できます。

テレビのお楽しみはバラエティや音楽番組も当然ありますが、視聴者に「あれいいな」「欲しいかも」と消費を動機付けるのは、やはりドラマの方がファクターが多い分、有利に働きます。

レンタルやセルBOX、主題歌CD、原作本(シナリオ本も含む)、キャスト関連商品(ドラマ衣裳や出演CM関連も含む)などが挙げられますが、実はこの秋ソーシャルメディアを最大限活用し、消費動向に結びつけているドラマがあります。

成功例のひとつとしてドラマ史に残りそうなのが、逃げるは恥だが役に立つ(TBS)略して逃げ恥です。

話題の火曜日(夜10:00)から放映されている、ドラマ「逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)」とは?

原作者は海野つなみさん。講談社Kissにて連載中(12/24発売号で完)で、第39回講談社漫画賞 少女部門にて受賞された社会派ラブコメディです。

主人公は院卒なのに派遣切りにあい、職なし・家なし・彼氏なしの森山みくり。実父のはからいで、真面目で有能なSE津崎平匡の家事代行として働き始めますが、やがて二人は「契約結婚」に至ります。

世間的には夫婦でも実体は夫=雇用主、妻=従業員の関係でしかなく、しかも津崎は彼女いない歴=年齢の「プロの独身」。

恋愛ではなく、需要と供給の一致からスタートを切った二人は、徐々にお互いを人としてさらには異性として意識してゆき、じれったいながらも誠実に、読み手をムズムズキュンキュンさせる物語です。

テレビドラマ版では、みくり役を新垣結衣さん、津崎役を星野源さんが演じ、彼らを囲むキャスト役に石田ゆり子さん、大谷亮平さん、藤井隆さん、古田新太さん、真野絵里菜さんはじめ豪華な顔ぶれ。

個々のキャラクターにしっかり持ち味ある脚本で、モブで充分なバーのマスターや旅館の仲居にまでインパクトが行き届き、12月20日の最終回に向けて視聴率右肩上がりの快進撃を続けています。このドラマから溢れる『テレビ力の復活』ポイントをまとめてみました。

http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

ここが『テレビ力の復活』に繋がる!

原作ファンを逃さない

漫画やアニメのファンは実写化に辛口傾向にあります。ところが逃げ恥は原作ファンを味方につけ、内容をすでに知りつつも毎回「こうくるか」と唸らせるクオリティの高さが魅力。

原作ファンがこのドラマに好意的なのは、原作のエッセンスを丁寧に扱い、ファンが好むシーンやセリフをドラマらしいアレンジで感動を裏切らない脚本。そして漫画には出せない動きや音楽を適材適所に織り交ぜ、まるで初見のようなワクワク感を駆り立ててくれる演出が光ります。

トップアイドルの起用や、異色のキャスティングで話題をさらうドラマもありますが、逃げ恥にはまず「原作がそもそも面白い!」という骨太なリスペクトが随所に見受けられます。結果、原作ファンを逃すことも、敵に回すこともなく、ドラマファンへの取り込みに成功しています。

ちなみにドラマ効果で原作本は重版がかかり、放送前の9月と放送スタートの10月とでは売上が5.6倍と大躍進(日販オープンネットワークWIN調べ)。ドラマ公式のBBSには電子書籍で購入した男性ミドル・シニア世代の書き込みもあり、原作本の大人買い現象はまだまだ続きそうです。

恋ダンスブーム

第1話放送後、ネットのトレンドに上がった「ガッキーが可愛すぎる」のワード。エンディング曲である星野源さん作詞作曲「恋」のサウンドに乗って、主要キャストが踊る映像を見た視聴者らの感想の嵐でした。

2話の予告とセットでわずか6日間の限定公開にもかかわらず再生回数が約609万回を記録。TBS公式YouTubeチャンネルにおいて最高視聴回数となりました(現在はいつでも視聴可)。

その後一般人の間で「恋ダンス踊ってみた」を合い言葉にYouTubeへ動画が続々とアップされ、「恋ダンス」によるムーブメントが起こります。著作権を心配する声が当然上がりましたが、星野源さんの所属レーベル、演出振付家のMIKIKOさん、そしてTBSは、営利目的にしないなど一部の条件を満たせば、ドラマ放送終了まで「個人個人で楽しんで踊って欲しい」との神対応をなされました。

以後、個人の恋ダンス動画が上がるに留まらず、解説動画、スロー動画、反転動画などのレッスン版が自然発生し、学園祭や忘年会での余興にされている模様。

さらにはスケートの羽生結弦選手による恋ダンス動画もTwitterで爆発的にリツイートを伸ばし、アップからわずか5日後には20万RTを超えました。

そして「恋」は商業的にも成功を収めており、Billboard Japan Hot 100を構成する7部門のうち、ダウンロード、ストリーミング、Twitterつぶやき数で1位を獲得。TSUTAYA年間レンタルランキングでもシングル部門で1位を記録。

CDセールスも伸び続け、日本レコード協会のゴールドディスク認定にてゴールド・シングルに!と報じられました。

安定のジャニーズ勢の新曲や、モンスターヒットを飛ばしたピコ太郎にも大きく引き離されることなく、年末に急増する歌番組の視聴率は、ドラマ視聴者によって伸びることが予想されます。

ドラマの公式サイトでは、JNN各局から送られた恋ダンス動画を見ることもでき、地方局をクローズアップすることで地元の視聴者や故郷とする視聴者との親近感をも図っています。

オマージュとパロディ

1話冒頭シーンが、同局「情熱大陸」のオマージュ。窪田等さんのナレーションもオープニングもそのまま、原作にあるみくりの妄想シーンを再現しました。

しかしこれに留まらず、サザエさん、エヴァンゲリオン、Eテレ「おれ、ねこ」、とまさかの「局越えオマージュやパロディ」まで披露され、視聴者を釘付け笑いの渦に巻き込みました。

この仕掛けにTwitterをはじめSNSが即反応し、特に「実況・感想チャンネル系」は大盛況。ネット住民が各々の居場所でドラマを見ながら実況や感想をつぶやくメディアで、匿名ではあるものの、かつてあったお茶の間のやりとりを彷彿させます。

こうしたネットに上がるワードは「トレンド」と見なされて、ニュースのランキングにも反映。逃げ恥の場合、放送回によって「ハグと資源ゴミ」といった謎めいた組み合わせや「とぐろターボ」なる実在しないワードが上がる珍現象を巻き起こしました。

ネット住民の目に止まることはパブリシティに直結します。また逃げ恥の6話では、ドラマ終了寸前の急展開に驚愕のコメントが集中し、2ちゃんねるの実況・感想がダウンしたことも話題になりました。

こうしたハプニングも人気のバロメーターとなり、逃げ恥を知らない層へのアピールになります。

クックパッドとSNS

みくりと津崎の食卓シーンはドラマのお決まりで、退屈を誘うどころか、視聴者に癒やしや笑いの見せ場となっています。公式サイトはクックバッドとコラボする「逃げ恥キッチン」とリンクしており、劇中の食事やお弁当のレシピを公開。

実際に作ったユーザーからの「つくれぽ」も充実しています。

クックパッドは日々の献立に悩む主婦や自炊を頑張りたい独身者には頼もしい存在なだけでなく、

  • 「我が家でみくり飯が出た」
  • 「ゆりちゃんのハリラスープ初めて飲んだ」

など、投稿ネタとしても充分に美味しいのです。

毎回食べ物にまつわるエピソードに事欠かないドラマですが、時折TwitterやSNSに

  • 「ひらまさの刺身キタ−!おかんグッジョブ」
  • 「鱚を焼かず天ぷらに」

など、レシピ脱線ネタでも盛り上がれるところが逃げ恥の良さでしょう。

http://cookpad.com/kitchen/15415873

キャストの衣裳・グッズ・インテリア

みくりファッションはカジュアル路線がベースですが、美しきアラフィフの叔母がいるため「お下がり」とも見受けられる高価なアクセサリーを身につけていることもあります。

実際に予約入荷待ちなアイテムも出ており、同クールで進行の、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(NTV)もファッション推しのドラマとあって、女子には嬉しい3ヶ月です。

一方の津崎ファッションにも関心は高く、おしゃれなジャケ&パンやきれいめカジュアルのコーデが中心で「ウォームビズのオフィスに着ていける」「夫や彼に贈りたい」と男女ともに好感触。ZOZOTOWNをはじめ、ネット通販の人気コーデ上位にランクインしたアイテムもあります。

また逃げ恥では、みくりが同居を始めてからじわじわ変化するキッチン周り、プロの独身こだわりの家電やインテリアにも熱い視線が注がれており、「あのロボット電話……平匡さんの給料一体いくらなの?!」と羨む声も。

スタイリストや小道具さんによる細部まで緻密に作り込まれたセットを、隅々までくり返し視聴されていることが、動画再生率を上げている一因とも言われています。

見逃し配信で史上初を記録した脚本

7話までの無料見逃し配信が、合計再生数1,000万回を突破(TBS FREE、TVer、GYAO!の合計再生回数)!これまでの最高記録が全10話で700万回を超えた下町ロケットですから、逃げ恥がいかに驚異的なスピードで塗り替えたかが分かります。

http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/top.html http://tver.jp/ http://gyao.yahoo.co.jp/

オンデマンドの入会も上々で、一度視聴してストーリーが分かってもリピートしたくなる理由に「伏線がばらまかれている」「掴まれる表情や演技が多い」制作サイドの妙に視聴者が気づいたためです。

脚本は野木亜紀子さん。TBSの重版出来!や空飛ぶ広報室、NTVの掟紙今日子の備忘録も書かれており、新垣結衣さんとの関わりが深い脚本家です。

原作を正しく読み、魅力を損なうことなく実写映像化にまとめられる実力は多方面で高く評価され、過去に空飛ぶ広報室では原作と真逆の最終回に、原作者有川浩さんさえも「楽しみ」と視聴者目線でエールを送られました。

キャストの何気ないセリフが後半のシーンに生きてきたり、最初なかった小道具がある山場を超えるとセットに加わるなど、ストーリーのヒントと制作サイドの遊び心とをうまく脚本に盛り込んでいます。

さらには野木節と称される、じんわりと心に沁みる台詞回しが特徴。短く、シンプルで、普段の会話にも使われる飾り気ないセリフゆえに、無防備に視聴してしまうと深く刺さってしまい、多くの視聴者が不意打ちの笑いや涙に翻弄されています。

プロデューサーの峠田浩さんの先見と勇気のキャスティング

原作をリスペクトしつつも、単純なコピーにはしない。ドラマなりのテイストをきちんと生み出せている理由のひとつが、当たりのキャスティングです。

原作ファンの間で完成されているイメージをどこか崩すことで、漫画にないアプローチからじわじわと面白味を浸透させて、物語の先を知っていても新鮮な感動を味わえる仕掛けがなされています。

もともと原作ファンの間では、細身で長身のメガネ男子な津崎役に高橋一生さんや長谷川博己さんを要望する声が多かったようですが、プロデューサー峠田浩さんは前年に担当したコウノドリに出演する星野源さんに着目。

「津崎の真面目で、うぶで、不器用だけど、可愛らしさがあるといった雰囲気を醸し出すのは彼しかいない」と起用の理由を述べています。

笑わない産科医とプロ独身の醸し出す雰囲気が近いことや、ファン見所のハグシーンで身長差が欲しいなどの声も当初ありましたが、回を重ねるうちに星野さんの純粋で繊細な演技に惹き込まれ、互いの耳と頬が触れ合う身長差のないハグに「こんな良さがあったとは」と評価が一転。

今では

  • 「平匡さん意外に乙女で萌える」
  • 「カピバラ平匡さん可愛すぎる」
  • 「何時間でも愛でていられる二人」

と、不器用でいじらしいやりとりを温かく見守れる空気に落ち着きました。

原作ファンもドラマから知った視聴者も共感を分かち合えて、今や

「みくりちゃんがガッキー、平匡さんが源さんで良かった」

の嵐が吹き荒れています。

さらに

  • 劇団☆新感線の古田さん
  • 吉本新喜劇の藤井さん
  • 大人計画の星野さん

が並べば、演技に目の肥えたファンが注目するのは必至。新垣結衣さんや石田ゆり子さんにも息の長いファンが多く、この作品には最初から期待とハードルの高さが課せられていました。

順風満帆にヒットしている風に見えて、実際は即離れてしまうシビアさが背景にあったようです。

また峠田さんは恋ダンスの仕掛け人でもあります。ドラマの方向性からコウノドリでは実現できなかった「エンディングで出演者が踊る」は、長く温めてきた甲斐あっての当たり企画となりました。

視聴者をリアルタイムに呼び戻す

様々な伏線や演出、そしてキャストの魅力的な演技、セリフあるいはシーンについての深い考察など、「コメントしたくてムズムズな視聴者」が多いのも逃げ恥の特徴のようです。

公式サイトのBBSは5話あたりから、わずか2.3日で1,000件近い書き込みが過去ログに移行されるほどの大反響。このほかの実況・感想ちゃんねる系も軽く1万トピックスを越えた回もあるようです。

「火曜がこんなに待ち遠しくなるとは」「続きが気になって仕方がない」「リアタイ→リピ→公式→実況→リピのエンドレスで生活に支障が出ている」のコメントが日常的に交わされるほど、ムズキュン中毒&逃げ恥ラバーが増加し続けています。

今やドラマは「見たい時にゆっくり見る」ことが当たり前で、視聴者の仕事や趣味や遊びなどの用事が優先。テレビ黄金時代のような「放送数分前にはテレビの前に集合」の風景は珍しくなりましたが、逃げ恥ではまさに回帰現象が起こっています。

いつでもどこからでも情報が入ってくる今だからこそ「うっかりネタバレに遭遇したくない」となれば、リアルタイムで視聴するしかありません。

火曜の朝になると「22時には絶対テレビの前」宣言を様々なサイトで見かけるだけでなく、「家族揃ってテレビを見るのは久しぶり」「熟年夫婦ですがハグの日制定しました」など、家庭に団らんという幸せな光景が戻っている様子もうかがえます。

まとめ

主人公みくりは臨床心理士の資格を取れるほど、頭の回転が早く柔軟性に富んでいます。

「小賢しい」と煙たがられるシーンもありますが、一見とっつきにくい津崎との距離の縮め方や地道に理解を深めていく過程は、面倒なコミュニケーションを避けて通りがちな人々の心に響くものがあります。

またみくりの妄想は物語を面白くするアクセントだけではなく、一旦現実から切り離すことで「心を整える」所作にも見えてきます。妄想は現実逃避どころか、再び向き合うための処世術なのかもしれません。

チャラン・ポ・ランタンの「進め、たまに逃げても」がかかるオープニングでは、その回にまつわるキーワードが流れます。時に刺激的で、時に乙女チックですが、ドラマから発信されるメッセージはどれも深く、不思議と説教くさく受け取ることもなく、素直に考えさせられます。

そして視聴者共通の感想が「悪い人がいないから安心して見ていられる」という点です。綺麗事が描かれている訳ではなく、ただ少しズレているだけで問題は大なり小なり起こるものだから、無理に陥れたり罠をかける悪人は不要とばかりに登場しません。

イケメンだからたぶらかす、美人だから振り回される、ケンカしたら別れる、そうした視聴者の思い込みに「絶妙な待った」をかけてくれるところが心地よいのでしょう。

昔も今も、丁寧なドラマ作りは老若男女の視聴者をテレビの前に呼び戻せる。それらを証明できた逃げ恥は、10話と最終回11話ともに15分拡大がめでたく決定し、最後の最後まで視聴者を夢中にさせてくれるでしょう。

すでに逃げ恥ロスに備えた視聴者は「セルBOX欲しい」と購買意欲満々で、個人消費についた火はさらに燃え広がりそうです。テレビは『オワコン』ではなく、逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)旋風が、個人消費をかき乱していること、お解りいただけたとおもいます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら