お酒が呑めない人でも困らない!ノンアルコールとバレにくいカクテル9選

スポンサーリンク
728×90




最近、ノンアルコールビールノンアルコールカクテルが多くなってはきましたが、それでも、お酒の飲めない方は飲み会のたびに困りますよね。お酒を飲ませるのが好きな上司に捕まって、バーにでも連れて行かれたら、もうどうしようもありません。そこで今回は、名前から材料がバレにくい、ノンアルコールだとわかりにくいカクテルをご紹介します。どれも伝統的なカクテルですので、大体のところならバーテンダーさんが察して作ってくれるはず。各カクテルを、大体の味の傾向と一緒に紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

爽やか系のカクテル

サラトガ・クーラー

ジンジャーエールをベースに、ライムジュースで爽やかな酸味を加え、シロップで少し甘みを足したカクテルです。材料がモスコミュールによく似ているため、ただのモスコミュールのふりをして素知らぬ顔で飲むこともできます。

スポーツ・マン

トニックウォーター(ハーブ類や柑橘類の果皮のエキスと糖分を配合した炭酸飲料。ほろ苦く爽やかな風味)をベースに、レモンジュースとライムジュースを合わせ、グレナデンシロップ(ざくろのシロップ)で甘さと赤みを加えたカクテルです。さわやかな風味で、その名の通り、スポーツの後に飲んでも美味しいカクテルです。

フルーティ系のカクテル

オレンジフラワークーラー

オレンジジュースをトニックウォーターで割り、グレナデンシロップを垂らした濃い橙色のカクテルです。オレンジとグレナデンシロップの甘酸っぱい風味が特徴です。

シンデレラ

オレンジジュース・パイナップルジュース・レモンジュースを同量ずつ合わせて作るカクテルです。オレンジとパインの甘さを、レモンジュースがキリッと引き締めてくれる、まさに大人の階段を登るカクテルです。

プッシー・キャット

オレンジジュースとパイナップルジュースを同量で合わせたものをグレープフルーツジュースで割り、グレナデンシロップを多めに垂らした、橙色~赤色のカクテルです。オレンジとパインの甘さに、グレープフルーツジュースがさっぱりとした酸味を加えてくれている飲みやすいカクテルです。

甘い・ミルキー系のカクテル

ヴァージン・ピニャコラーダ

ココナッツミルクをパイナップルジュースで割った、非常に濃厚で甘いカクテルです。材料が似たピニャコラーダ(ラム酒を含む)があるため、サラトガ・クーラーとおなじように、ただのピニャコラーダのふりをして素知らぬ顔で飲むこともできます。

コンクラーベ

オレンジジュースを牛乳で割り、そこにラズベリーシロップを足した、クリーミーで甘い味わいのカクテルです。コンクラーベというとローマ法王の選挙会議ですが、このカクテルがなぜその名前になったのかはよくわかっていません。

グレナデン&ミルク

牛乳をグレナデンシロップで割った、甘酸っぱいカクテルです。ただ量と糖分が多いので、カロリーに注意!

塩味系のカクテル

ヴァージン・マリー

トマトジュースに、タバスコ・レモンジュース・ウスターソースを垂らしたカクテルです。甘くないスッキリした味わいなので、食事と一緒に飲むのに向いています。

まとめ

ノンアルコールカクテルまとめ、いかがでしたでしょうか。飲み会でお酒を飲めなくても、せめて美味しい飲み物を飲みたいところ。お茶やジュースはもう飽き飽きでしょう。ここでご紹介したカクテルが、お酒の飲めないあなたに気に入ってもらえたなら幸いです。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら