スマホを手放したいが、手放せない..。あなたはノモフォビア(無携帯電話恐怖症)になっていませんか?

スポンサーリンク
728×90

突然ですが、みなさんは「ノモフォビア無携帯電話恐怖症)」という言葉を知っていますか?この「ノモフォビア」とは、スマホ依存の末期症状の患者を示す言葉で、わりと最近与えられた病名なのです。現代社会では、スマホは電話機能だけでなくパソコンなどの面倒な起動操作がなくネットを楽しむことが出来るので、一度手にすれば離せなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。でも、まさかスマホはよく触るけど、自分はスマホ依存症ではないと思っている人も、もしかするとノモフォビア予備軍かもしれません。

スマホがないと怖い…。ノモフォビアとは

ノモフォビアとはNo-Mobile-Phobiaの略で、携帯電話がないことへの恐怖症、携帯電話依存症といった現代人ならではの病気です。世界中でも特に若者を中心に広がっていて、深刻な問題となっているのです。

最近では、ニュースでも駅のホームなどの「歩きスマホ」が問題視されていますよね。

とあるアンケート調査では約8割の人が「スマホに依存している」「やや依存している」という答えをだしているそうです。しかも、依存の自覚はあってもスマホ依存を脱却しようと考えている人は、半数もいないそうです。

スマホ依存により起こる症状

スマホがない空間に置かれると、スマホ依存症の人はどうなるのでしょう?ノモフォビアは携帯を自宅に忘れたり充電が無くなると、「携帯がない!」と恐怖や不安感を感じ体調を崩す場合もあります。

また、スマホから隔離された状況に置かれると、パニックや絶望感を味わい仕事も手につかないほどの緊張感や恐怖心を招くそうです。

そして、最終的にスマホが手放せない状態となり、運転中や入浴中など日常生活の中で何をするにも片時もスマホから離れられない状況となるのです。

もしかしたら、あなたもノモフォビア予備軍かも?!

歩きスマホや運転中のスマホ利用は、危険で事故も多発していますよね。ニュースでも問題視されていますが、それを理解しながらもこれらの行動をしてしまうのはノモフォビア予備軍の可能性があります。

また、寝る時も手元に置いておいたり、もし携帯をなくしたらどうしようと常に考えている人も予備軍の可能性が高いです。たとえ使う必要がなくても、ノモフォビアは手元から携帯を離すことができないのです。

最後に

いかがでしたか?スマホ依存症という言葉は知っていましたが、「ノモフォビア」という病名がついていることには驚きした。しかし、それだけ世界中でスマホ依存が問題視されているということですよね。

自分に限ってスマホは通話もネットも使うけど、依存はしていないと思っていませんか?しかし、スマホ依存の自覚症状がある人ですら、依存をやめようと考える人が少ないのが現状です。もしかしたら、あなたも気付かないうちに依存しているかもしれません。

また、スマホは当然良い面はたくさんあるのですが、害もあります。スマホのブルーライトが与える肌のトラブルについて次の記事でご確認ください。

スマホのブルーライトが肌荒れの原因!?知らないと怖い、スマホ・PCによる肌トラブルについて

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら