浪費家の旦那と戦うかたへ!浪費家には共通点があった!お金がたまらない人の特徴

スポンサーリンク
728×90

旦那の浪費がとまらない…そんな悩みを持つ人も少なくないでしょう。なぜ、お金を使うことをやめないのでしょう。実は、お金の浪費がとまらない人には共通点があるのをご存知ですか?共通点を知らない人と知っている人では、お金の貯まり方が違うかもしれません。今回は、お金の浪費がとまらない人習慣と貯めるためのポイントをご紹介します。

浪費家に共通する心理・習慣とは

浪費家の心理は、何気なく過ごしている日常の中に原因があるようです。それでは、お金が貯まらない人に共通する習慣についてご紹介します。

1:目的を持って買い物ができない

コンビニやスーパーなど、24時間年中無休で買い物ができるお店がたくさんあります。便利な反面、目的もなくコンビニやスーパーに入ってしまう人もいるのではないでしょうか。

目的があったとしても、つい店内を一周見回してしまい、余計な買い物をしてしまうこともあるかもしれません。必要のないものを買ってしまう原因は、目的もなく買い物をしてしまうことにあるでしょう。

2:財布の中の金額を把握していない

今いくら財布の中にお金が入っているのか把握していますか?財布の中にいくら入っているか把握できていないと、どれだけ使っているのか自覚できないのではないでしょうか。

家計簿をつけていてもお金が貯められない人は、使途不明金が多いと言われています。何に使ったか分からないお金があるということは、きっと必要のないものを買っている可能性が高いのではないでしょうか。これでは、お金が貯まらないのも分かりますね。

3:「新商品」「期間限定」に弱い

限定商品や新商品と聞くと、試してみたいという気持ちになりますよね。とくに期間限定という言葉は、「これを逃すともう買えない」という気持ちにさせて、ついつい衝動買いしてしまう可能性もあるでしょう。

まずは、本当に必要かを考える時間を作り、ワンクッション置くことで「まぁ、必要ないだろう」と冷静な気持ちになれるかもしれません。

4:誘われると断れない

今日は寄り道せず帰ろうと思っても、ついつい誘われたら断れないという人は、お金を貯められない原因のひとつです。会社の飲み会など仕事上の付き合いは大事ですが、それも身の丈に合った付き合いが大切です。

本来なら毎月の給料の中で使える金額を設定しておくのが良いですが、万一に備えてボーナスを別枠で備えておくと安心ですね。

5:セールは必ず参加する

セールと聞くと定価より安く買えるから節約になると思いたくなりますが、そうではないかもしれません。

お気に入りのショップや行きつけのショップなら、その商品の入荷時期や自分に合うサイズなど細かな情報を得ることができるので、基本情報を分かったうえで安く購入することができます。

しかし、セール時期はほとんどのショップがセール一色で、気持ちも何か買おうと大きくなるのではないでしょうか。

そのため、初めて入るショップで型落ちや売れ残りなどのハズレ商品を購入したり、安いから買ったけどコーディネートが難しかったり、結局着ないまま終わってしまう可能性もあるのです。

浪費家を貯蓄家にするための行動

1:貯蓄は先にするのが鉄則

収入が入ったら、残ったお金を貯蓄していませんか?それでは、手元にお金がある状態なので、封筒などで別にしていても足りなくなればちょっと借りるつもりで使ってしまいます。これでは、一向に貯まりませんよね。

まず先にやることは収入から毎月決めた金額を貯蓄用の通帳に移します。そして、貯蓄分を引いたお金が毎月使えるお金ということになります。

毎月貯蓄できるのは収入が多い人だからと思われがちですが、お金を貯めるには続けることが大切です。収入が少ないからこそ節約意識が高まり、月5千円でも1万円でも少額で良いので継続して貯蓄しましょう。

限られた収入だからこそ、無駄遣いをしていないか気付けることも多いのです。

2:貯蓄用の通帳は2つ用意する

なぜ2つ貯蓄用の口座を作るかというと、お金が貯まらない人の多くが貯金をしても使っては引き出すことを繰り返しているからです。

冠婚葬祭や帰省費用、大型家電の購入など年に数回、大きなお金を使うことがあるでしょう。このような場合は、使える貯蓄の口座を作り、そこから引き出しましょう。そして、もう1つの通帳は確実に貯めていく口座となります。

とつぜんの出費にも対応できる口座と確実に貯める口座の2つを用意すれば、自然と確実に貯める口座はお金が貯まりますよね。

最後に

いかがでしたか?お金の浪費がとまらない人旦那さんは、共通する日常生活を過ごしていませんでしたか?

簡単に貯めるのは難しいですが、決められた金額を毎月継続して貯めていけるのが、貯蓄の第一歩となるでしょう。余計な出費がないか、毎日の生活を見直してみましょう。

無理な節約は、かえってストレスとなり後に暴飲暴食やショッピングなどで出費を増やしてしまうかもしれません。無理をしない範囲で、上手に貯蓄できると良いですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら