年金はもらう時代から貯める時代へ!今すぐ知っておくべき積立年金の仕組みとは

スポンサーリンク
728×90

高齢になって働けなくなった後に、生活をしていくために必要な年金。昭和生まれの人たちにとっては、働いているうちに年金を納めて、老後になったら払った分を還元してもらえるという考えが一般的でした。

しかし、その年金システムは様々な原因により崩壊しかかっているのが現状です。この先、支払われる年金の額はどんどん少なくなり、給付される年齢もだんだん上がり、最悪の場合は支払われない、という結末が待っている可能性も否定できません。

そこで現在推奨されているサービスが、積立年金。自分の老後のためにしっかりとお金を積み立てて、資産を増やしたり、確実に還元できる新しいシステムです。

今回は、積立年金の仕組みやメリット、年金の制度とどう違うのかなどを、詳しくご紹介します。

現在の年金の仕組み

年金とは、厚生労働省によって管理される公的年金の総称です。主に自営業の人が加入して支払う定額制の国民年金、企業などが加入して従業員の給与所得に対しての割合で支払う厚生年金共済年金が存在します。

現在の年金は、その年度に年金受給者に対して給付する年金を、被保険者が納付した年金によって賄うという仕組みで成り立っています。そのため、その年度に給付される年金と納付される年金の金額にばらつきがあると、もらえる金額が少なくなったり、より多くの年金を支払わなければならなくなります。

なぜ将来、年金がもらえなくなるのか

年金制度のバランスが崩れかかっている最大の原因は、少子高齢化です。年金を給付しなければならない高齢者の数を、現役で働く若い世代が下回ってきているため、現在納付されている年金だけでは、全ての受給者への年金支払いが完全に行えなくなってきているのです。

現在、年金を受け取っている世代の人たちは、この先も安定して受給ができますが、この先受け取る側になる世代の人たちは、支払う年金が高くなる一方で、もらえる金額はとても少なくなると予想されています。

また、年金制度が確立された当初は、支払い開始時期が60歳からでしたが、現在では上限が上がって65歳や70歳にならないと受け取れない、といった制度の改変がされています。

日本の少子高齢化は、今後さらに加速していきます。そうなれば今の現役の人たちが定年を迎える頃には年金制度が成り立たなくなり、多くの人が年金を受け取れない、もらえても働かないと生活できないほどの雀の涙程度しか受給されない、ということになりかねないでしょう。

積立年金の仕組み

年金さえしっかりと納めていれば老後は安泰、という時代は、終わりつつあります。かといって年金を支払わないという選択肢は、今のところはありません。そこで近年推奨されてきているのが、積立年金制度というものです。

これは私的年金とも呼ばれ、通常の年金に加えて任意で加入できるタイプの年金です。企業などで導入される確定給付年金や企業年金、保険会社が行っている個人年金保険、追加の利息が期待できる投資信託など、様々な種類があります。

仕組みとしては、現在支払っている公的年金に私的年金の納付額を上乗せすることで、私的年金で納めた年金は確実に老後に還付されるという、より現実的なシステムになっています。

積立年金のメリット・デメリット

積立年金のメリット

積立年金は、社会の人口の推移に左右されることなく、自分で支払った金額分に対して、必ず元本が戻ってくるという保証があり、かつ一定の利息が還元されるという点が一番のメリットです。

言い換えれば、老後の自分の生活のために、若いうちから少しずつ貯蓄して財産を増やしておこう、というイメージの制度になります。

それなら、普通に貯金しておくだけでいいのではないかと思うかもしれませんが、給与などの収入金額に対しては所得税が付与されるため、税金が差し引かれます。しかし、積立年金として支払った分のお金には、税金がいっさいかかりません。

また、単なる預貯金ではちょっとお金が入り用になった時に、つい浪費してしまうといったこともあるかもしれませんが、積み立てたお金を引き出せない場所に貯めておけば、無駄遣いの心配もありません。

株や外貨投資などの知識があるならば、投資信託型積立年金制度を利用することで、利息を増やしながら年金を貯めていくこともできます。

現在はマイナンバー制度などによって個人の所有する財産も厳しく管理される時代になってきているため、安全に確実に積み立てられる積立年金は、非常に画期的だと言えます。

積立年金のデメリット

積立年金には、途中で解約をした場合に、返還される金額が支払った金額よりも少なくなってしまうというデメリットがあります。早く解約すればするほど返還額は少なくなるため、どの会社で個人年金の積み立てをするべきか、慎重に選ぶ必要があります。

また、契約している保険会社や銀行が破綻すれば、当然のことながら大損となる危険があります。しっかりと安心して資金を預けられる会社を選ぶことが大切です。

また、投資型の積立年金を行う場合には、経済市場の変動による影響を受けやすくなるため、所有していた外貨や企業株が暴落するなどの事態が起こった場合に、逆に損失を被る危険があることも念頭に入れておくべきです

最後に

老後の備えは国に頼らず、自分で蓄えておく。そんな時代がすでにやって来ています。最近では多くの企業で、確実に年金が支払われないという内容を提示した上で、個人で積立年金を行うように推奨しはじめています。積立年金を利用して、健康で働けるうちから、賢く貯蓄を増やしていきたいものですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら