大晦日に食べる?年が明けて食べる?年越しそばにまつわる豆知識

スポンサーリンク
728×90




もうすぐ年の瀬に向けて年賀状の準備や、おせちはどうしようなど考え始める時期ですよね。いろいろな準備で年末は忙しくなりますが、大晦日といえばやっぱり「年越しそば」です。みなさんは毎年、年越しそばを食べていますか?そもそも何故年越しそばを食べるようになったのでしょう。そして、悩みがちなのが年越しそばを食べるタイミングです。年を越す前なのか、年を越してからか意外に知らない人も多いようです。今回は、そんな年越しそばにまつわる豆知識をご紹介します。

どうして年越しそばを食べるの?

年越しそばは、大晦日の12月31日に縁起をかついで食べるようになりました。そもそも大晦日にそばを食べるようになったのが、江戸時代からの風習のようです。そばの作り方である長く伸ばして細く切るという作業が、細く長くということから「健康長寿」「家運長命」などの縁起をかついで食べるようになったというのが一般的な説です。その他にも諸説があって、そばが他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味があるともいわれています。このように、そばを食べることで人々を幸せにするという意味が込められていたのではないでしょうか。

年越しそばを食べるタイミング

よく悩んでしまうのが、年越しそばをいつ食べるかということです。年越しだから、年を越してからじゃない?と思っている人もいそうですが、年越しそばは大晦日の12月31日に食べるのが一般的です。ただ地域によっては元旦に食べるところもあるようで、調べたところ福島県の会津地方では昔から元旦に食べる風習があるようです。そして食べる時間帯については12月31日の夕食のときか、丁度年を越すタイミングで除夜の鐘を聞きながら食べるという人が多いです。しかし、会津地方のように地域によって違いがあるので、厳密にこの時間に食べなければいかないという決まりはありません。

年越しそばは冷たいそば?温かいそば?

年越しそばの由来や食べるタイミングについては分かりましたが、年越しそばの食べ方に決まりはあるのでしょうか。そもそも年越しそばを食べるのは、「細く長く」という縁起をかついで食べるという意味が込められています。そのため、温かくても冷たくてもそばに変わりはなく、細く長くという意味にも変わりはありません。結果、年越しそばの食べ方は個人個人の好みで食べて問題ありません。そばは夏に種をまき晩秋にかけて収穫されるので、新そばの美味しい季節は11月から12月といわれています。もし、そば通でそばそのものの風味を味わいたいということであれば、ざるそばで楽しむという手もあります。しかし、季節がら温かい食べ物を選びたくなることもありますよね。縁起をかついで食べるものなので、そのときの食べたい方法で食べましょう。

おわりに

いかがでしたか?年越しそばの由来や食べるタイミングは、知っているようで知らなかったこともあるのではないでしょうか。最後にもうひとつ豆知識ですが、喪中の場合でも年越しそばは食べてよいとされています。喪中の場合、年賀状や門松は出さないとされていますが、年越しそばに込められた健康長寿などの家族の祈りは問題ないでしょう。いつも年越しそばは食べていないという人も、今年は家族の健康や長寿を願って家族みんなで顔を合わせて年越しそばを食べてみてはどうでしょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら