沖縄旅行はグランピングが旬!続々と増えるグランピング施設の特徴を比較

スポンサーリンク
728×90




大人のキャンプスタイルとして定着しつつあるグランピング。リゾートとしての優雅さをキャンピングに取り入れたことで、今までアウトドアに縁遠かった客層までがグランピングの魅力にはまっているようです。そのなかでも現在続々と新しいグランピング施設が新設されているのが沖縄。浜辺で楽しめるグランピングや、一人旅に最適なグランピングなど、それぞれの施設ごとの特徴があります。お気に入りのグランピング施設を選んで、新しい沖縄の魅力を発見してみてはいかがですか?

NANMAMUI NATURE RESORT(名護市)

絶景の古宇利大橋が有名な古宇利島の手前にある屋我地島。その屋我地島のリゾートホテル「NANMAMUI NATURE RESORT」に2016年10月、グランピングエリアがオープンしました。

木漏れ日の透けるテントでの滞在は、大自然を満喫しながらも快適に過ごせるよう空調が完備されています。部屋ごとに専用のシャワールームとトイレ、ウッドデッキがあり、朝夕は宿泊者専用のレストランで食事を楽しむことができます。

レストランは1週間前に予約すればBBQをすることもできますよ。

ナンマムイの特徴はおひとりさま用のテントがあること。グランピングはカップルやファミリーのためだけのものではありません。一人だからこそ自然の音に囲まれて非日常の感覚を取り戻すことができるかもしれません。

人気のSUP(スタンドアップパドルボード)で無人島にわたるといったアクテビティもあり、大自然をまるごと感じることができそうですね。

http://www.nanmamui.com/glamping

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ (恩納村)

ファミリーに人気の沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ。シェフ付きのBBQが楽しめるなど、かなり上質なグランピングが浜辺で楽しめるとあって、2017年の予約開始以来人気を博していましたが、夏季は海水浴場として利用されるビーチのため一旦クローズされます。

2017年5月まではコンセプトの違う3つのテントが用意されていました。バリスタイル、ビーチスタイル、琉球スタイルの3室。どれもリゾートホテル並みのインテリアが揃っています。

1泊2食付きで1人20000円というリーズナブルな料金はオフシーズンの営業だからこそ可能なのかも。

ホテルのスパ施設を利用することもでき、万が一荒天のときもホテルでの宿泊になるので安心。ディナーは専属シェフとスタッフがもてなすBBQをサンセットとともに堪能し、ピクニックバスケットに詰めて届けられる朝食を波の音と一緒にいただく夢のような時間。

オフシーズンになるのが待ち遠しい! グランピング再開の情報についてはHPをご覧ください。

https://kariyushi-oceanspa.jp/glamping/

ISLAND MAGIC SENAGAJIMA (豊見城市)

空港から一番近いグランピング施設といえば瀬長島に2017年6月にオープンしたISLAND MAGIC SENAGAJIMA。宿泊はキャンピングトレーラーなので荒天時にも安心して眠ることができます。

またこちらはBBQだけでも利用することができ、1人4000円から本格的なアメリカンBBQを楽しむことができます。飲食物の持ち込みも自由なので、ケーキやシャンパンを持ち込んで記念日をお祝いするのもいいですね。

瀬長島といえば空港から車で15分という好立地のうえ、飛行機と美しい海の両方を楽しめるリゾートアイランドとして進化中。飛行機がこれだけ近く見えるグランピング施設は全国でもここだけではないでしょうか。

宿泊の場合は瀬長島ホテルの琉球温泉を無料で利用することができるので、アウトドアとリゾートスパの両方を堪能することができますよ。

http://island-magic.jp/

グランピングリゾート ヨーカブシ (石垣島)

石垣島初のグランピング施設として2016年10月にオープンしたグランピングリゾート ヨーカブシ。八重山の自然に囲まれた施設は、屋外レストランとホテル施設からできています。モダンバリテイストでコーディネートされた部屋は、コンドミニアムタイプとヴィラタイプ。

屋外にはそれぞれに趣の違うグランピング施設が6つ用意されていて、どこもインスタ映えしそうなお洒落な雰囲気。

レストランでのディナーコースは4種類。単品で注文することも可能です。10日前までに注文すれば、子豚1頭の丸焼きというワイルドなメニューを味わうことも。

シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティも楽しめるので、24時間石垣島の大自然を感じる滞在になりそうな予感。全室キッチン設備があるためか、朝食付きの宿泊プランはなし。

宿泊はせずにBBQの利用だけでもOKなので、まずはBBQのみでグランピングの雰囲気を味わってみるのもいいかも。

http://yokabushi.jp/

最後に

全国でも続々とグランピング施設が誕生していますが、日本のビーチリゾートといえば、やはり沖縄。グランピングのなかでもビーチグランピングに注目が集まるなか、昨年から続々とオープンする沖縄のグランピング施設。

快適なホテルステイもいいけれど、思い出に残るロマンティックな滞在をと考えているならグランピングという選択肢もはずせません。カップルで、友達同士で、ファミリーで、またひとりでもグランピングは楽しめます。

忘れられない沖縄旅行をグランピングで実現してくださいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら