子どもの歯並びが気になる親御さん、子どもの歯列矯正は早い方がお勧め!

スポンサーリンク
728×90




大人になり自分の歯並びの悪さに悲しい思いをしたり、もっとはやく矯正しとけば良かったなと感じたことはありませんか?自分自身の歯並びにコンプレックスがあるほど、我が子の歯並びも気になってしまいますよね。歯並びを矯正するなら早い方がいいというのは、聞いたことがある人もいると思います。では、子供のうちから歯列矯正をすることには、どのような理由があるのでしょう。子供の歯列矯正について詳しく知っておくことで、万一子供の歯並びが悪いと感じたときに早めの対応ができるかもしれません。

子供のうちに歯列矯正が必要な理由

子供の歯列矯正が必要となる場合は、歯並びが悪い以外にもこれから生えてくる歯に悪影響を与える可能性がある場合、出っ歯や受け口など顎の形にも悪影響がある場合に歯列矯正が必要とされています。

それでは、子供のうちから歯列矯正をするのには、どのような理由があるのでしょう。

まず、子供の顎や歯はまだ成長段階にあるため、顎の形を整えたり歯を動かすことが大人に比べてやりやすいということがあります。また、正しい噛み合わせができる健康な歯は、顎の筋肉や関節を鍛え身体の発達にも良い影響をもたらすのです。

そして、何よりも歯並びによるコンプレックスがなくなり、歯並びが綺麗なことは子供の自信にも繋がり、今まで笑うことや話すことに抵抗があった子供も自然な笑顔で話すことができるようになります。

このため、子供の歯並びや顎の形に不安があるときは、早めに歯列矯正の専門医を受診することをお勧めします。

気になる子供の歯列矯正の費用や治療期間は?

歯列矯正ってどうしても高額なイメージがありますよね。もちろん、高額なのに変わりはないのですが、歯列矯正は成人してから始めるよりも子供のうちに始める方が安価になります。

また、子供の歯列矯正には、6歳から小学校中学年くらいまでの一期治療と、小学校高学年から中学生くらいまでの二期治療の二種類に分類されます。一期治療とは、乳歯だけの歯や乳歯と永久歯が混在する時期に、上下の顎を正しい位置に矯正することを言います。

だいたいの費用の目安は10万から40万円程で、治療期間は10ヶ月から1年半くらいかかるでしょう。そして二期治療とは、永久歯に全て生え変わった時期から、ほとんど大人と同じような歯列矯正をすることです。

しかし、成人の費用は60万から120万円ほどかかりますが、二期治療の時期なら30万から60万円程で済みます。治療期間は1年半から2年半と、一期治療に比べ時間がかかります。

子供のうちに歯列矯正をするとこんなメリットが!

もし、一期治療の時期に顎の矯正をしておくと、大人になってから顎のバランスが悪くなったり、顔の歪みが気になるといったこともなくなります。そして、子供のうちに歯列矯正をしておけば、大人になってからまた矯正が必要になるということはほとんどありません。

万一、大人になって歯列矯正がまた必要となった場合は、治療期間も短く済むというメリットがあります。

また、大人の歯列矯正では、顎が小さい人は歯を抜いて隙間を開けるということが必要となるのですが、子供のうちであれば歯を抜くという必要はほとんどないようです。子供のうちに歯並びを綺麗にしておくことで、磨き残しや虫歯、歯周病の予防にも繋がりますよ。

最後に

いかがでしたか?普段、子供の虫歯は気にしていても、なかなか歯並びまでは目につかなかったというご両親もいるのではないでしょうか。

歯列矯正は早ければ早いほど費用が安く済むというメリットだけでなく、将来的に子供が虫歯や歯並びに悩むといったことがなくなるのです。

次に、子供の仕上げ磨きをするときに、一度歯並びも確認してみてはいかがでしょう。また、正しい歯磨きの方法については、こちらの記事でご紹介しております。続けてお読みください!

大人も子供も実践して!歯ブラシ、綿棒やデンタルフロスを使った正しい歯の磨き方とは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら