夏はキャンプだ!料理に便利なアウトドアクッカーの選び方とキャンプの必需品

ご家族でキャンプに行くと決まったら、アウトドア用品の準備ですね。でもテントの他に何を揃えたら良いか分からない。そんな時に役立つアイテムをご紹介します。

クッカーの選び方

お食事に必要なのがクッカーです。クッカーは種類が豊富で、形、素材、機能によって使い勝手が異なります。

円形と四角のどっちが良い?

クッカーの形状は円形と四角があります。四角いクッカーは収納時にスペースを取らないという利点があります。でも四角い鍋で調理するのは、少し慣れが必要かもしれません。

一方、円形は通常の鍋同様に使い勝手が良いです。調理がスムーズで、料理を取り出すのも簡単です。円形は普段通りの感覚で使用できます。

どちらにするか迷った時は、日頃使い慣れている形状を選ぶと良いですよ。

材質の違いは?

材質はアルミとステンレスとチタンがあります。

アルミは軽くて熱伝導率が高いので、調理が早いという利点があります。しかし材質が柔らかいため、野外のように比較的手荒く扱われる環境ではヘコミやすいです。またアルミ特有の金属臭があり、この臭いが苦手という人もいます。

一方ステンレスは金属臭もなく、材質が硬いので少々のことではヘコミません。耐久性もアルミより優れています。アルミと比べると材質的には重いですが、手に持った感じは通常のステンレス鍋より軽いです。

熱伝導率はアルミより低いですが、クッカーは通常の鍋より薄いので、実際使ってみると、お湯はすぐに沸きます。

チタンは軽くて硬く耐久性があります。そして金属臭もありません。値段は、アルミやステンレスと比べると多少高めで高級志向です。熱伝導率はアルミより低いですが、実際使ってみるとお湯の沸き方に極端な違いは見られません。

取っ手は収納型が便利

取っ手は収納型が便利です。出来れば蓋にも取っ手があるものを選びましょう。蓋に取っ手がないと、素手で蓋を開ける時、非常に熱いです。ご購入の際はぜひチェックして下さいね。

また鍋本体に取っ手がない場合は、クッカー用の着脱式ハンドルグリッパーがあります。この鍋掴みを使えば、熱い鍋も簡単に移動できます。

クッカーはセットが便利

クッカーは、単品を別々に揃えるよりも、全てのクッカーが一つに収納できるクッカーセットをオススメします。鍋、フライパン、蓋がセットになっており、蓋は皿としての用途もあります。 

クッカーは、全部を入れ子状に収納できるかがポイントです。重ねて一つにまとめると、携帯する時にカサ張らず便利です。尚、中には重ねて収納できないセットもありますので、ご確認ください。

クッカー活用術

クッカーは調理だけでなく、汁物やご飯の器として使えます。紙皿や紙ボウルも使い捨てには便利ですが、紙ボウルに熱い汁物を入れると、持ち上げるのに少し不安定です。

その点、直径12cmのクッカーや、それより一回り小さいラーメンクッカーなら小丼一杯ほどの容量で、取っ手もあるので器として使うには丁度良いサイズです。もし料理が冷めたら、そのまま火にかければ良いので、いつも温かい食事が食べられます。

クッカーは、調理ができ、お湯を沸かし、ご飯を食べ、汁物も飲めるという優れモノです。キャンプだけでなく、自宅で使っても重宝します。

キャンプの必需品は?

キャンプに紙皿や紙コップを持っていくのは定番ですが、その他にも必要なグッズがあります。

カセットガスコンロでらくらく

ご家族で楽しむキャンプなら、カセットガスコンロをオススメします。燃料はガス缶をセットするだけなので、取り扱いが簡単で便利です。コーヒー一杯分だけでもお湯を沸かせますし、ご自宅に帰ってからもコンロをそのまま使えます。

尚、コンロのサイズより小さな鍋を置く時は、ゴトクを使用すると安定します。

保熱保冷ステンレスボトルを活用

キャンプでは水や燃料は貴重です。せっかく沸かしたお湯を、余ったからといって捨てるのは勿体ないです。そこでお湯を保熱保冷ステンレスボトルに入れておけば、長時間熱いお湯が確保できます。コーヒーが飲みたくなった時、改めてお湯を沸かさなくても、すぐに熱いコーヒーが飲めます。

食品用ポリ袋で箸いらず

ポリ袋はLサイズ、Mサイズ、Sサイズを用途別に活用しましょう。特に食品を取り分ける時、お箸やスプーンの代わりにポリ袋を使うと便利です。

ポリ袋の底を利き手で持ったら、もう一方の手で裏返して利き手にかぶせます。外側と内側が逆になりましたね。そのまま食品用手袋の代用として使います。

もし食品を保存したければ、食品を掴んだまま再び裏返して元に戻します。これで箸も使わず手も汚さず、食品をポリ袋に収めることが出来ます。

着替えはTシャツで 

日中汗をかいたり作業で衣服が汚れた時、着替えが必要になります。そんな時、Tシャツがあると便利です。洗って乾かすのも簡単で、荷物にもなりません。寒くなれば重ね着すれば良いので、数枚用意することをオススメします。

頼れるレインコートとレインスーツ

テントの設置や撤去作業の時、雨が降ってくることがあります。びしょ濡れで作業を続けると、風邪をひくなど体調を崩す原因にもなります。なので、雨具は必ず備えておきましょう。

土砂降りの雨の中では、ジャケットとパンツがセットのレインスーツが活動しやすいです。サッと羽織れるレインコートと一緒に用意しておくと、いざという時に役立ちます。

最後に

クッカーなどのアウトドア用品は、キャンプだけでなく、ご家庭でもお使いになれます。キャンプの後どこかに保管しないで、日頃から使い慣れておくと、いつでも楽にキャンプが出来ますよ。毎日の生活にアウトドア用品を取り入れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら