家中の汚れがきれいにピカピカ☆万能漂白剤「オキシクリーン」活用術

家中の汚れを落としてくれる万能アイテムとして「オキシクリーン」が人気なのをご存知ですか?さまざまな活用法があり、コストコやインターネットで購入する人も少なくありません。最近では、オキシクリーンを使ってつけ置き洗いで汚れを落とす「オキシ漬け」も注目されています。今回は、家中に使えるオキシクリーンの活用法をご紹介します。

オキシクリーンとは

オキシクリーンとは、アメリカで生まれた粉末の酸素系漂白剤です。水に溶かすと酸素と水、炭酸ソーダに分解されて、大量の酸素の泡が発生します。この泡の力で、汚れを溶かして落とすことができるのです。

1:オキシクリーンの特徴

家中の汚れを落とす

オキシクリーンは、水に弱い場所以外であれば、汚れが目立つ水回りやカーペットなど家中の汚れを落とすのに活躍します。

頑固な汚れにも強い

なかなか落ちない頑固な汚れでも、オキシクリーンがあれば簡単に落とすことができます。拭き掃除やつけ置き洗いだけでなく、除菌までできるのがオキシクリーンの凄いところです。

環境に優しい

安全性が高いオキシクリーンは、哺乳瓶など赤ちゃんの肌に直接触れるものでも安心して使うことができます。

ただし、汚れを落とすパワーが強力なため、オキシクリーンを使うときはゴム手袋を使いましょう。

2:日本製とアメリカ製の違い

実は、オキシクリーンには日本製とアメリカ製があります。主に、コストコで販売されているのはアメリカ製、ドラッグストアで販売されているのが日本製と考えると良いでしょう。

アメリカ製は、青い粒が入っており界面活性剤と香料が含まれています。界面活性剤は、汚れを水に溶けやすくする効果があり、泡立ちが良くなるため、汚れ落ちに優れています。日本製は、肌に優しいシンプルな成分で構成されているため、界面活性剤を含みません。

日本製とアメリカ製のどちらを使うかは、何を重視するかによって異なるため、あなたのライフスタイルに合ったものを選んでくださいね。

オキシクリーン活用法

家中の汚れを落とすのに効果的なオキシクリーン。掃除をする場所や汚れ具合によって使い方は異なります。いくつかの掃除場所によるオキシクリーンの活用法をご紹介しましょう。

1:キッチン編

オキシクリーンは、油汚れや焦げ付きにも効果的です。キッチン周りの掃除の仕方を説明します。

コンロ周り

コンロは油が飛んでギトギトになったり焦げ付きが酷かったりと、掃除するのが大変な場所のひとつです。そこで、オキシクリーンを使った拭き掃除をおすすめします。

お湯で溶かしたオキシクリーンで汚れを拭いたら、最後はきれいな雑巾で水拭きして完成です。オキシクリーンはお湯で溶かし、バケツやボウルに多めに用意しておくと掃除がスムーズに進みますよ。

シンク周り

シンク周りは、オキシ漬けにすることで落ちにくい黒ずみの汚れを落としてくれます。排水口に栓をして、シンクにオキシクリーンとぬるま湯を入れます。一緒にコンロの五徳や焦げ付いたフライパンなどを入れると、汚れが一緒に落とせて一石二鳥です。

2:お風呂編

お風呂は、風呂釜や浴槽、洗面器やシャンプーボトルなど、汚れやすい場所がたくさんあります。オキシクリーンは、湯垢や雑菌で汚れる場所の掃除におすすめですよ。

浴槽

浴槽は湯垢がたまりやすく、風呂釜にいたっては掃除する機会が少ないため、湯垢が蓄積している場所です。浴槽に入った残り湯を浴槽の半分くらいの量に減らし、オキシクリーンを10~15杯ほど入れます。数分間追い炊きをしてから、2時間ほど放置して、最後にお湯を抜きます。

次に水を溜めて、5分ほど追い炊きをしてから、風呂釜と浴槽をすすいだら完成です。浴槽に洗面器や椅子などの小物を入れておくと、一度で汚れが落とせるので楽ちんです。

排水口

排水口はヌルヌルして汚いからと、掃除を避けたくなる場所のひとつではないでしょうか。排水口はシャワーで軽く濡らした後に、上からオキシクリーンを振りかけます。数分置いたら、スポンジなどでこすり落としましょう。

3:洗面所編

オキシクリーンは、水回りに効果が発揮されるため、洗面所はおすすめの掃除場所です。キッチンのシンクと同じように、オキシ漬けにして2時間ほど放置しましょう。オキシ漬けしているときは、歯ブラシスタンドやハンドソープのケースなども一緒に入れると一度で汚れが落とせますよ。

4:トイレ編

トイレ掃除は、オキシクリーンを溶かした液を入れるだけなので、簡単に掃除ができます。オキシクリーンは、除菌効果があるので、便器の黒ずみや雑菌、カビに効果的です。オキシクリーンの液を入れて、1時間ほど放置するのが目安でしょう。

トイレは、タンク内も雑菌が繁殖しやすい場所です。タンク内の除菌にもオキシクリーンを活用しましょう。

オキシクリーンを溶かした液をタンク内に入れて、数時間放置します。タンク内の水は、トイレを使っているうちに入れ替わるため、わざわざすすぐ必要がないので簡単に掃除できますね。

5:リビング編

オキシクリーンは、水回りの掃除以外にも壁やテーブルの拭き掃除、カーペットの染み抜きにも活躍します。

壁やテーブルなどの拭き掃除は、お湯で溶かしたオキシクリーンで拭いてから、最後に水拭きで仕上げをしましょう。

カーペットなどの染み抜きは、お湯で溶かしたオキシクリーンの液を雑巾に湿らせて、汚れた部分に叩くように拭いていきます。

最後に、水拭きと乾拭きをして仕上げると、嫌な臭いも一緒に取り除いてくれますよ。

最後に

いかがでしたか?オキシクリーンが掃除に便利なのは知っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実際の活用術までマスターしていなかったという人も少なくありません。ぜひ、今回ご紹介したオキシクリーンの活用術を試してみて下さいね。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら