旦那さん・妻の呼び名、呼び方はどうしている?パートナーの正しい呼び方

スポンサーリンク
728×90

先日、ふと目にしたテレビのクイズ番組で「自分の妻の呼び方」についての問題がありました。そう言われると「」「」「奥さん」「家内」など、さまざまな呼び名がありますよね。どれが正しい言い方なのかご存知ですか?そして、自分の夫はどんな呼び方をしているのか気になるところではないでしょうか。妻が夫をどのように呼ぶのが正しいのかも、知っておくと安心ですね。今回は、パートナーの正しい呼び方についてご紹介します。

妻の正しい呼び方は?

よく芸人さんが、「俺の嫁は…」と嫁をネタにしたトークをしているのを耳にしますが、妻、嫁、奥さん、家内、女房…どれが正しい呼び方なのでしょう。

そこで、それぞれの呼び方の意味を調べてみました。

妻は、辞書で調べると夫の配偶者と記されています。婚姻届を提出した婚姻関係のある女性は妻と呼ばれます。そう考えると、書類などで続柄を記載する際に「妻」と書きますよね。

ということは、妻と言っておけば間違いないということが分かります。

嫁は、息子と結婚した女性を、息子の両親が呼ぶときの呼び方となります。確かに、「よめ」だけでなく「とつぐ」とも読むので、嫁ぎ先の呼び方ということのようです。

要するに、舅と姑が「息子の嫁が…」と話すのは、正しい言い方ということです。夫が「うちの嫁が…」と話すのは、実は間違いということなのです。

奥さん、奥様

他人の妻や既婚者と見える女性に対し、奥さんや奥様と呼ぶのが正しい呼び方です。昔は身分のある妻に対して使用人たちが呼んでいたそうで、敬った言い方なのです。

奥さんは、奥様だと少し堅苦しい場合に使われた言葉のようです。このため、「うちの奥さんが」とよく聞くフレーズは、他人の妻を示すため間違いということです。

また、上司の妻を呼ぶときは「奥様」と使うのが無難でしょう。

家内

家内の意味を調べると、家の中で暮らす人や亭主の妻という意味になります。家内という言葉は、年配の人が使っているイメージがありませんか?

昔は「男は外で働き、女は家を守る」という考えが当たり前の時代であったため、家内は自分の妻を謙遜した言い方になるのです。

家内は夫が使っても間違いはありませんが、少し年代を感じてしまうかもしれませんね。

その他(カミさん、女房)

カミさんは、商売人や職人の妻を呼ぶときの言い方となります。女房は、朝廷に仕える女官や貴族の身のまわりの世話をする女性をさしていた呼び方となります。そのため、女房は妻を見下げた言い方と捉えられることもあるようです。

夫(旦那)の正しい呼び方は?

妻の正しい呼び方について説明しましたが、同様に夫の呼び方も知っておきたいですよね。「夫」「主人」「旦那」など、どれが正しい呼び方なのでしょう。

「うちの旦那は…」「おたくのご主人」なんてフレーズを耳にすることもありますが、みなさんはどのように使い分けていますか?

それでは、それぞれの意味を調べてみましょう。

夫は、妻の対義語であり平等な関係を示している言葉です。男女平等の社会が大きく反映しているのを感じます。

あなたの旦那様が奥様のことを「妻」と呼んでいるなら、奥様は「夫」と呼ぶのが無難かもしれませんね。

主人

主人という言葉は馴染みがあり、最も多く使われているのではないでしょうか。親しい人から目上の人まで幅広く使えますよね。

主人は、「一家のあるじ」「自分の仕える人」という意味があるため、やや丁寧な言い方になるようです。

旦那

「うちの旦那なんて…」と、夫の悪口を言わんばかりの言い回しをしている方もいるようですが、実は旦那という呼び方は主人よりも丁寧な表現なのです。

よく時代劇などで商人が男性客に対して、「へい、旦那!」「○○の旦那」と呼んでいます。

この呼び方は相手を敬った言い方なので、目上の人に対しては「旦那様は…」という使い方が良いでしょう。

亭主

現代では、亭主と呼んでいる方も少ないのではないでしょうか。なぜなら、亭主の意味は「家のあるじ」だけでなく、旅館や茶屋のあるじという意味でもあり、お茶の世界では亭主という敬称が今でも使われているのです。

さらに、亭主関白という四字熟語があるように、亭主は家庭を支配しているような感覚となりやすいことから、現代では使う人も少ないようです。

最後に

いかがでしたか?何気なくパートナーのことを呼んでいたけど、実は間違っていた!なんてことはありませんか?自分の配偶者の呼び方はもちろんですが、特に目上の人の夫と妻の呼び方は注意する必要があるでしょう。

年配の方になればなるほど、マナーに対して厳しく感じる人もいるかもしれません。

また、日常会話の中で意味まで考えずにパートナーのことを呼んでいると思いますが、呼び方によって意味が違うことを理解し上手に使い分けができるだけで、鼻高々な気分になりますよね。

今回ご紹介した呼び方を参考に、ぜひ今後に活用してもらえたら嬉しいです。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら