時給それとも通勤距離が重要?就活ママが気をつけるべき点について

スポンサーリンク
728×90




「専業主婦」なんて言葉が古く感じられるようなこの時代。2人に1人が働くママの頼もしい時代。少しずつではありますが、女性が活躍できる社会が広がっているように思います。しかし、結婚まではバリバリ働いていた方も、早くして出産を経験した方も一旦は家庭に入り、 「専業主婦」を経験すると、なかなか元のように外で働くタイミングを掴むのは難しいはず・・・。小さな我が子を愛おしく見つめながら心の中では「子どもがいなければ働けたのに・・・」なんて思いが頭を過った!という話も聞いたことがあります。それがほんの数年ならともかく、5年10年・・と月日を重ねると焦りも伴ってくることでしょう。パソコンだってスマホだって日々進化しているし、私ついていけるかしら・・・?何か出来ないとパートに出るのも厳しいのかしら・・・?そんな就活ママのお悩みに、これからのお話が少しお役に立てればと思います。

就活ママが考えるべき大切なこと!!

就活ママがお仕事を探す上で、気になる条件って何でしょうか? 

  • 時給?
  • 通勤距離?
  • 職種?

どれも皆さん気にされます。働く上で大切なことですもんね☆けれど、圧倒的に多く聞かれる条件は勤務時間勤務形態なんです!!

なかでもシフト制のお仕事は大人気です!皆さん小さなお子様がいたり、または学校に行ってくれている間だけ!!と思うからでしょう。そうすると必然的に

  • 接客業
  • 販売業
  • サービス業

になるのではないでしょうか。

近所のカフェやレストラン、家電量販店やスーパーなどなど比較的スタッフの多いところで働きたくなる傾向が多いようです。私は今までそれらの業界で働き、店長代行や、売り場主任・マネージャーなどの要職に就いてきましたので様々な人と一緒に働き、育てもしてきました。

その経験からお話すると・・・

お客様と直に接する「接客」において最も大切なことはパソコンのスキルではなく、

「言葉使い」と「雰囲気」ズバリこの二点です!!

「なぁ~~んだ当たり前じゃない!!」

と思われた方も多いはず。そう、当たり前なんです。

接客で大事なスキルは正しい言葉使い

近年、私たちは巷で騒がれた「コンビニ用語」「ファミレス用語」に慣れてしまい、違和感を忘れてしまっているのです!!!

10代の学生が使うのは仕方ないのかもしれませんが、子どもを持つ母親がこの感覚を取り戻し、正しい「言葉使い」を習得するのは意外と大変です。

過去に何度教えても

「こちら○○セットになります!

とか

「お会計540円になります。540円丁度お預かりいたします!

と、繰り返す50代主婦がおりました。私は彼女が気づくまで

「今の言い方おかしいですよ!次は気をつけてくださいね!」

と言い続けましたが、1週間経っても変わりませんでした。

そこで私は彼女に聞いてみましたが、

「何がおかしいのかがわかりません!!」

との返答・・・。おいおい・・・。私の親の世代だよね・・・?と心の中で思いましたが、

○○セットにはなりません!これは○○セットでございます!から!

と言いました。(笑)お釣りに関しても同様で、

「540円丁度はお預かりしても返しません!丁度を頂戴するのですから!

と。(笑)

そこで初めて彼女は理解してくれました。耳がこれらの言葉に慣れ過ぎているのでしょうね。

接客で大事なスキルは雰囲気づくり

「雰囲気」に関しては、自分がお客側になったときに

「あそこのお店雰囲気悪いでしょ~。だから私は少し遠いけど向こうに行くの!」

なんて話をしませんか?お店の雰囲気はお店が作るものではなく、働くスタッフ1人1人が作るものです。スタッフの1人がイヤイヤで笑顔もなく、なんとな~く働けば、他のスタッフもお店もそうなるものです。

人間ですから腹も立つし気分も影響します。これも10代なら“若いから”で許されるかも知れませんが、子どもを持つ母親には厳しい視線が刺さります。“大人”だからの“ゆとり”と“余裕”を常に準備して働いて欲しいのです。

いかがでしょうか?

当たり前で簡単な事=実は凄く難しいのです!

最後に

就活の戦いは問い合わせ・面接から始まっています!さぁ就活ママさん!言葉使いと雰囲気に気をつけて頑張ってくださいね!!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら