歯周病予防をしておかないと、糖尿病や早産、低体重児の出産リスクなどが高まるの知っていましたか?

スポンサーリンク
728×90




現在少しずつ知られてきていますが、歯周病はお口の中だけではなく、全身の病気にも関わりがあることが分かってきています。「歯周病の菌が全身に回るの?」「歯周病ってよくわからないけど、とにかく怖い。」と疑問に思っている方もいると思います。歯周病は成人の8割がなっているといわれているので、決して人ごとではありません。歯の健康は体の健康につながります。歯周病と関係した病気をいくつか紹介していきますので、正しい知識を身につけていきましょう。

歯周病と最も関わりが深いのが糖尿病

歯周病ともっとも関わりが深いのが糖尿病です。疲れているときに歯が痛くなった経験はありませんか?それは、疲れにより抵抗力が低下したからです。抵抗力が低下すると、体とは反対にお口の中の細菌は元気になります。

糖尿病になると、体の抵抗力が低下し、さまざまな合併症を引き起こすことが分かっています。歯周病もその合併症のひとつです。抵抗力が低下して、元気になった歯周病細菌が歯周病を進行させます。そして、歯周病を治りにくくもするのです。

糖尿病の方は、特にお口のケアが大切になります。糖尿病と歯周病、平行して治療した方がいい場合もあるので、主治医と相談して治療をおこなうようにしてください。

歯周病は早産、低体重児の出産リスクが高まる

あまり知られていませんが、妊婦さんが歯周病の場合、早産や低体重児出産のリスクは7倍といわれています。ちなみに妊婦さんの喫煙によるリスクは、早産が3.3倍、低体重児出産が2.4倍ですので、歯周病によるリスクはとても大きなものです。

お口の中に存在する歯周病細菌は血流に乗って子宮へいき、子宮筋の収縮を引き起こしてしまうことが原因です。血流に乗って細菌が移動するなんて怖いですね。特に妊婦さんはホルモンの関係で歯肉が腫れやすく、歯周病になりやすいといわれています。

つわりもあり、歯磨きが不十分になることや、お口の中の環境悪化も関係してきます。難しい状況ではありますが、無理をしすぎない範囲でのケアが必要です。ヘッドの小さい歯ブラシですと、お口の奥のほうを刺激せずに磨くことができます。

殺菌効果の高い洗口剤でのうがいも効果的です。

高齢者は要注意!誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

お口の中にいた細菌が気管を通り、肺に感染して起こる病気です。年齢の若い方には少なく、ご高齢の方に多くみられる病気で、飲み込む力の低下や唾液の量が減りむせやすくなることで、肺に細菌が入りやすくなるのです。

誤嚥性肺炎になった多くの患者さんから歯周病細菌がみつかっています。そして、お口の環境を良くして歯周病細菌を減らすと、肺炎の発症も減ることが分かっています。

ご高齢になると歯磨きがご自分ではうまく出来ない方もいるので、ご家族や施設の方のサポートが必要になります。入れ歯を使っている方も多いと思いますが、入れ歯にも細菌は付着するのです。自分の歯のように毎食後きれいに磨きましょう。

そして舌の上や歯のない部分にも汚れがたまります。実は、1本も歯のない方でも汚れはたまるのです。歯が少なくなってもお口のケアは大切です。

女性に多いと言われている骨粗しょう症

骨粗しょう症と歯は深い関係があるので、歯科治療の現場では、とても慎重に扱っています。骨粗しょう症の薬を飲んでいた患者さんが、歯を抜いたら、抜いた場所の骨が壊死してしまったケースが何件もあったのです。

薬の種類によっては問題ないようですが、どの歯科医院も注意を徹底しています。歯周病はひどくなると歯を抜かなければなりません。もし該当する薬を飲んでいて、歯を抜かなければならなくなった場合、内科の先生と相談して別の薬に変更していただくなどの対応が必要です。

そして、骨粗しょう症の方が歯周病になると、歯周病は歯の周りの骨が関係しているので、急速に症状が進行しやすくなることがわかっています。骨粗しょう症は女性に多い病気と言われています。

歯周病は自覚症状が少なく進行していく病気なので、一度歯科医院で歯周病の検査を受けましょう。

最後に

いま紹介した全身疾患以外にも、歯周病と関わりのある病気はまだあります。お口の中と全身との関わりはとても深いのです。歯がある人ほど長生きするとも言われていますので、良い口内環境は食につながり、生きることに繋がっています。

歯科に限らず病院へ行くと、問診票を書くことや、お薬手帳を提示を求められます。めんどうに思い適当に書いたり、毎回忘れて行ったりはしていませんか?歯を診てもらいに来たのに、なぜ体のことも詳しく伝えなければいけないの?と疑問に思う人もいると思います。

それは歯と体との関係性が深いからなのです。ここまでいろいろな病気に影響があるからです。そしてお口の環境を整えることで、改善に向かう病気もあるのです。歯科医院では、患者さんの健康のために体のことまで把握しなければばしません。

少し大げさかもしれませんが、命をあずかっているといっても過言ではないと思います。それくらいの気持ちで歯科の皆さんは仕事に取り組んでいるのです。患者さん自身の飲んでいる薬や病気のとこは、細かく伝えるようにしましょう。

歯周病と体との関係は、まだあまり一般的には知られていません。けれどとても重要なことです。正しい知識がもっと皆さんに浸透していくことを祈っています。そして歯に関心が増え、良い口内環境が皆さんの健康につながりますように。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら