子供が保育園や幼稚園、小学校時代の絵や写真。整理整頓を兼ねてアルバムを作る方法とは

スポンサーリンク
728×90




わが子の写真って妊娠の時のエコー写真からはじまり、たくさん眠っていませんか?また初めて描いた絵や保育園幼稚園小学校などで作品ってどうしていますか?写真や絵の整理の仕方について考えてみたいと思います。素敵なアルバムを作ってみませんか?

子供の写真を全部出してみよう!

幼い子供の育児中はなかなか整理する時間がとれず、パソコンのデータにたまりにたまっていく写真、子育てが少し落ち着いた時に全部かき集めてみましょう。絵や作品は、なかなか残しておくのって大変ですよね?場所も取るし、綺麗に保存することって案外難しいです。

そんな時は絵や作品は写真に撮ってしまいましょう。写真に撮ったら、子どもが気に入っている作品や思い出の作品だけ残しておくくらいにすると、家の中も片付き、一石二鳥です。

絵や作品の写真は通常の写真サイズであるLサイズに2枚印刷するように印刷の設定をし、1/2のサイズにしておくといいです。

子どもたちの写真や絵や作品の写真、そしてどこかに行った時の入場券なども残っていれば全部広げてみましょう。フリー台紙の大きめのアルバムを用意します。いろんなシールも集めておきましょう。

思い出が詰まったアルバムの作り方

まずは写真や絵を貼りたい順番に整理します。ここが一番大事ですがとても時間がかかります。場所もとるので、年齢ごとに分けておくか、行事ごとに分けておくなど大きなグループ分けをして、グループごとに細かい順番を決めるという手順がいいです。

順番が決まったら、アルバムに貼り付けていきます。まっすぐにきっちりはめていくよりも、少し斜めのものや、コメントなどを書くスペースを少しずつ空けておくといいです。

思い出深いシーンや残しておきたいエピソードがあるシーンは、スペースも大きめに残しておくといいです。

全部写真とチケットなども貼り終えたら、次はデコレーションです。ここからは自分の思うままに行えます。けれど、何を書けばいいのかちょっと迷いますよね。

まずは日付とタイトルを書いてみましょう。一緒に撮った人の名前も愛称で残しておくと後から見たときに思い出せる内容も多いはずです。

忘れずに絵や写真のエピソードも書こう!

それから絵や写真のエピソードなどを書いていきましょう。シールやクラフトテープなどで飾り付けするとさらに楽しそうな雰囲気になります。少し慣れてきたら、出来上がりのテーマを考えて、それに合わせて作るのも楽しいです。

例えば、兄弟の成長比べ、お友達との思い出、おじいちゃんおばあちゃんとの思い出、などです。お友達との思い出というテーマで作れば、引っ越しで離ればなれになってしまうお友達へ送るアルバムを作ることができます。

おじいちゃんおばあちゃんとの思い出であれば、敬老の日のプレゼントとして贈っても喜ばれると思います。でもまずは誰に見せるためでもなく、自己満足できればいいのです。子どもが大きくなったときに、こんな風に残してあるアルバムって嬉しいと思います。

出来上がった時はとっても嬉しいものです。

最後に

整理整頓といえば、大人気のこんまり流。次の記事で確認してみませんか?!

こんまり(近藤麻理恵)流が大人気!ときめき整理収納法とは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら