雨の日の日の家遊びは脳トレ♪家の中で子どもとできる脳を鍛える遊び7選

スポンサーリンク
728×90

梅雨の時期が続いていますが、雨が続いてしまうと子供がいる親なら「外で遊べない」と悶々としているのではないでしょうか。外で遊べないからと、子供も家でテレビゲーム三昧になってはいませんか?親としてはうるさく言いたくなりますが外で遊べない分、目を瞑ってしまうこともあるかもしれません。そんなときは、自宅で簡単にできる脳内トレーニング遊びはいかがでしょう。今回は、自宅でできる脳を鍛える子供の遊びについてご紹介します。

記憶力、思考力を鍛えるゲーム

道具を一切使わずにできる、記憶力と思考力を鍛える簡単なゲームです。親子で楽しくゲームをすることで、コミュニケーションの幅も広がります。それでは、ゲームの方法をご紹介しましょう。

逆さ言葉遊び

ネーミング通り、最初に言った言葉を逆さまで言う遊びです。子供が「アイス」と言ったら、親は「スイア」と答えます。簡単な単語から、数字を並べて言うなど、最初に言う言葉で難易度も変わってきますね。

親が一方的に問題を言うのではなく、最初に言う言葉は順番にして子供にも問題を言わせてあげましょう。これにより、記憶力だけでなく思考力もぐんぐん伸びていきますよ!

仲間集めゲーム

さまざまな条件をつけて、仲間を探すゲームです。例えば「頭文字の「か」から始まる言葉は?」というお題に対して、親「からす」子供「かめ」と順番に答えていき、最後まで答え続けた人が勝ちというゲームです。

この他にも、「青いものは?」というお題に対して、親「そら」子供「うみ」と答えていくなど、さまざまなお題を見つけて仲間集めをしてみましょう。

遊びながら算数を学ぶ

トランプを使って、いつもの「ババ抜き」や「神経衰弱」をアレンジした遊びをしてみましょう。足して「10」になる数を遊びながら身に付けるゲームです。

ババ抜き

いつもなら相手から引いたカードと自分が持っているカードが同じ数字であれば、捨てられるというルールでやっていますよね。

今回は足して「10」になる合成を学ぶため、例えば相手から引いたカードが「7」だとしたら、自分が持っているカードに「3」があれば捨てられるというゲームになります。

勝敗は普通のババ抜きと変わりありませんが、ただ同じ数字をさがすよりも断然頭を使いそうですよね。

神経衰弱

神経衰弱は、同じ数字を2枚連続でめくるとカードを取ることができますが、足して「10」の遊びは1枚目と2枚目にめくったカードが足して「10」になった場合に取ることができます。

そのため、どこにどの数字のカードがあるのか記憶力が養われるだけでなく、算数の足し算を身に付けることができます。

指先を使った遊び

ハサミを使ったり折り紙を折ったりと、指先を使うことは脳を活性化させる効果があります。そのため、雨の日は自宅で指先を使った遊びをして、脳を元気にしましょう。そこで、さまざまな指先を使った遊びをご紹介します。

折り紙とハサミを使った遊び

準備する物は折り紙とハサミとシンプルですが、子供が集中して遊べるためおすすめです。

まずは折り紙を細長く切っていきます。そして、屏風織りに追って折り紙をジグザグにしたり、棒に細長く切った折り紙を巻きつけてクルクルカールの折り紙を作ったり、折り紙の切り方や折り方によってさまざまな形が作れます。

指先を鍛えるだけでなく、切ったときにどのような形になるのか創造力を働かせる効果もあります。好きなようにやらせた結果、親が考え付かないような面白い作品ができるかもしれません。

一筆書き

紙に鉛筆やクレヨンなどを置いて、一度も紙から話さずに一筆で絵を完成させる遊びです。最初は難しいかもしれませんが、完成したときの喜びや発見は子供にとって脳を鍛えるだけでなく、心の豊かさも養われるでしょう。

一筆書きの例えとして、「チューリップ」「ワイングラス」「バケツ」などが書けますが、意外と子供の方が大人よりアイディアが生まれるかもしれません。

広告を使ってお店屋さんごっこ

広告にはさまざまな種類の写真がたくさん載っていますよね。そこで、広告に載っている写真を切り抜いて、お店屋さんごっこをしてみましょう。

広告には食べ物の写真が多く載っているため、魚屋さんやお弁当屋さんなど自分がやりたいお店を決めてから、欲しい広告の写真を切り取っていきましょう。

絵とは違って写真は本物の食べ物が映っているため、よりリアルさがありますよね。広告の写真一つ一つを切るのは、小さくて難しいものも多くあります。

そのため、ハサミを使って慎重に切る姿は、子供の指先を鍛えるだけでなく集中力や忍耐力も養われるきっかけになります。

最後に

いかがでしたか?雨が続くと親も自宅でできる遊びに限度があり、結局はテレビゲームなどに時間を費やす子供が増えてしまいます。

もし、自宅で楽しく脳内トレーニングができる遊びがあるなら、親もうるさく言う必要もないですし子供も楽しめる上に脳が鍛えられるなら一石二鳥ですよね。まだ試していない遊びがあるようでしたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら