二日酔い・冷え性・胃もたれに効く!家庭で作る梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)

スポンサーリンク
728×90




二日酔いに悩んでいる方はいませんか?食べ過ぎ胃もたれで悩んでいる方はいませんか?冷え性で悩んでいる方はいませんか?疲れきっている方はいませんか?そんな方にオススメなのが、梅醤番茶です。自宅で安く簡単に作れるお手軽ドリンクなのです。今回は、その作り方と効能を説明します。

「梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)」の作り方

【材料】

  • 番茶
  • 梅干し(甘くない物)
  • 醤油
  • しょうがのおろし汁、または乾燥しょうが

(スーパーのスパイス棚で売っている粉末がオススメ)

【作り方】 

  1. 梅干しをコップに入れ、醤油をひと垂らしして梅肉とよく練り混ぜる
  2. 熱い番茶を注ぐ
  3. しょうがを入れる(おろし汁なら数滴、粉末なら二振りほど)

 これだけで完成です!

なぜ二日酔いに効くの?

タンニンクエン酸のおかげです。緑茶、特に番茶にはタンニンが多く含まれています。タンニンは二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを吸着して、体外にアセトアルデヒドを排出する効果があるのです。

また、クエン酸は肝臓の活性化に効果があります。クエン酸は細胞のエネルギーを生み出す回路(クエン酸回路)を活性化するのですが、二日酔いの時、肝臓の細胞はアルコール分解のために一時的にエネルギー不足になってしまっています。そんな時にクエン酸をとると、アルコール分解速度が高まるのです。

なぜ冷え性に効くの?

生姜とクエン酸のおかげです。しょうがに体を温めて作用があることは、皆さんご存知でしょう。しょうがだけでも血行を良くし、体をぽかぽかにしてくれます。そこにクエン酸が加わることで体中の細胞が活性化し、体をさらに温めてくれるのです。

なぜ胃もたれに効くの?

しょうがには、健胃作用もあるためです。しょうがは実は漢方薬として広く使われており、胃薬である平胃散にも含まれています。また、梅干しには唾液分泌作用がありますが、これが消化吸収を助けるという説もあります。

なぜ疲れに効くの?

クエン酸とタンニンのお陰です。クエン酸が細胞のエネルギー産生を助けるのは前に書いたとおりですが、タンニンには強い抗酸化作用があり、疲労回復にも効果があるためです。また、前に書いたとおり、しょうがは体を温め血行を良くしてくれますが、これがクエン酸・タンニンと相乗効果をもたらして、さらに疲労を回復してくれます。

最後に・気をつけるべきこと

このように、梅醤番茶にはいろいろな効果があります。体調不良でお悩みの方は、ぜひお試しください。ただし、飲み過ぎには要注意です。梅干しと醤油を使っているため、塩分過多になりやすいのです。特に血圧が高い方は要注意です。1日1~2杯にとどめるべきでしょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら