Pontaポイントがいまキテる!?Pontaポイントの賢くて便利な使い方とは

スポンサーリンク
728×90

みなさん、Pontaポイントって知ってますか?これは、ローソンなどで貯めて使えるポイントのことなのですが、最近リクルートポイントと統合されたことによって、非常に便利に使えることになりました!実際どう便利になったか、とことん検証してみることにしました!

Pontaポイントとリクルートポイントってなあに?

Pontaポイントとは、ローソンなどの「Ponta提携をしているお店」で「Pontaカード」を提示することで貯められることができるポイントです。その貯めたポイントは、同じく提携しているお店で使えることができるものです。

主な店舗は、

  • ローソン
  • ゲオ
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ピザハット

などがあります。

一方で、リクルートポイントとは、リクルートが運営しているサービスの中で、一部サービスで貯められることができる共通ポイントです。そして、このポイントも各サービスで使用することができます。

主なサービスは、

  • じゃらん
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティ
  • ポンパレ
  • 赤すぐnet

などです。

ポイントサービスはどう統合されたの?

貯めたリクルートポイントは、新しい会員サイト「Ponta Web」でPontaポイントへ交換することが可能です。Pontaポイントに交換することで、Ponta提携しているお店ならびにリクルートサービスどちらも利用できるようになります。

また、2015年11月24日以降、リクルートサービスでたまるポイントが「Pontaポイント」に変わっています。※リクルートカードで貯まるポイントは今後もリクルートポイントなので、注意が必要です!

つまり、これからはリクルートサービスを使ってもPontaポイントとして加算され、今まで持っていたリクルートポイントはPontaポイントに交換できる、という「完全Pontaポイント移行型」の統合になったことが分かりますね!

なお、リクルートポイントは一度Pontaポイントに交換してしまうと、リクルートポイントに戻すことはできませんが、今までリクルートポイントで使用できていたサービスは問題なくPontaポイントで利用できるので、大丈夫です!

リクルートポイントとPontaポイント統合のメリット

私にとって、この統合は非常に嬉しいものでした。実はクレジット機能付きのPontaカードを持っていて、通常使用のクレジットカードとして利用していました。しかし、Pontaポイントの利用価値があまり分からなくて、ポイントを使用したことがなかったです。

あまりローソンに行く機会がなかったからかもしれません。

しかし、じゃらんホットペッパーグルメホットペッパービューティを使用する機会の多い私にとって、非常に使いやすいポイントに様変わりしました。わたしにとっての一番の利点はこれです!

おすすめのPontaポイント利用方法♪

Pontaポイントを便利でお得に活用できるおすすめの方法の一つは、ローソンの「お試し引き換え券」です。これは、ローソンの商品と交換できる非常なお得なチケットです。

http://www.lawson.co.jp/ponta/tsukau/otameshi

チケットは、ローソンに設置されているLoppiで交換できます。交換できる商品の内容は、その時期によってラインナップが変わり、全ての商品ではなく、一部の商品に限られていますが、1ポイント1円だとすると非常にお得な価格設定にされています。

別料金を全く払わない完全な引換券のものと、記載されている割引額ができる割引券として利用できる2種類があるので、チェック必須ですよ!

還元率の良いリクルートカードでポイントを貯めるのがお得!

実際私がクレジットカードとして使っていたのはPontaカードでしたが、還元率からいくと、リクルートカードが一番お得です。なんと言っても、1.2%なのですから!Pontaカードが0.5%なので、比べると歴然の差ですね!

最後に

私のように、Pontaカードをクレジット利用している人や、リクルートカードを持っている人はポイントが貯まりやすいと思いますので、この「お試し引き換え」をはじめリクルートサービス(じゃらんやホットペッパーなど)で使うと、普段の生活がより一層便利でお得なものになること間違いなしですよ!

Ponta WEB

https://point.recruit.co.jp/point/

リクルートカード

http://recruit-card.jp/
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら