夏の冷え症はじんわり温めるのがオススメ!玄米・小豆カイロを活用しよう

スポンサーリンク
728×90

夏になるにつれて気温が上がってくると、熱中症対策のために体を冷やそうとする機会が多くなってきます。暑い時に体温を下げることは大切ですが、内臓など体の芯の部分は、冷やしすぎると体調を崩す原因になってしまいます。特に冷え性の人は要注意です。ですが、お腹だけ温めるというのは意外と難しく、カイロや腹巻きを使っても、結局全身汗だくになって余計に冷えた、なんて悪循環になりがちです。そんな時にオススメなのが、玄米小豆を使って作られた特殊なカイロ。自然素材の優しい温もりで、じんわりとお腹を温めてくれます。今回は、玄米小豆を使用したカイロの効能や入手方法をご紹介します!

玄米・小豆カイロとは

玄米・小豆カイロは、その名前の通り玄米小豆を使用して作ったカイロのことです。原材料が天然素材であり、優しい暖かさを維持できることから、熱に弱い乳幼児や、アレルギーを持つ人、肌が弱い人でも安心して使えます。

腹部だけでなく、首や目の周りなど、デリケートな場所に使うことができるので、用途も幅広く、たいへん便利です。ハーブやアロマを混ぜて使用することでリラックス効果も期待できます。

普通のカイロとどこが違うの?

一般的な温カイロは、通気性の良い袋の中で鉄と酸素、水分を化学反応させることで熱を起こし、温めるという仕組みのものです。

肌に近付けておくと全身がポカポカになって寒い冬には大活躍しますが、温度は平均50℃以上になるため、火傷に注意が必要です。発熱時間も長く、10時間くらい持ちます。

鉄による反応を用いる温カイロは、物質内の酸素を燃やし尽くすことで炭に変わって熱を失うため、基本的に使い捨てです。玄米・小豆カイロは、玄米や小豆の中に含まれている水分を温めて、そこから出る蒸気熱(湿温)によって体を芯から温めるタイプのカイロです。

30~40℃くらいの熱量で、じんわりとした温かさが特徴的です。電子レンジで温めて使用します。2分くらいレンジで温めると30~40分、温かさが持続します。

熱が湿気を持っているため火傷を起こす心配がなく、内臓などにピンポイントで熱を与えることができるので、夏などの暑い季節でも問題なく使えます。玄米や小豆は空気中の水分を吸収して蓄える働きを持っているため、何度でも繰り返し使うことができます。

入手方法

玄米・小豆カイロは体に優しく、繰り返し使えてエコな点から、女性の間で人気を集めています。

主に通販で購入することができますが、値段は3千円~8千円くらいと、やや割高です。その分、長持ちしやすい良質な玄米や小豆、蒸気を通しやすい繊維のカバーなどを使用して作られています。

簡易的なもので良ければ、自分で作ることもできます。玄米や小豆と、それを入れる布を用意すればいいだけなので、千円前後で作ることが可能です。

手作りカイロの作り方

玄米・小豆カイロを手作りする際には、以下の材料を用意してください。

玄米カイロ

  • 玄米
  • 米ぬか
  • 木綿・麻

など自然素材の繊維で作った布。割合は玄米:2、米ぬか:2、塩:1がオススメです。

小豆カイロ

・小豆、木綿・麻など自然素材の繊維で作った布

玄米や小豆は、水煮など調理されたものではなく、乾燥した生のものを使用します。分量はお好みで大丈夫です。どちらもスーパーのお米売り場や乾物売り場で購入することができます。値段は分量にもよりますが、500円~800円くらいです。

布は木綿や麻といった、通気性が良く熱に強い素材のものを使用します。ナイロンやポリエチレンなどの化学繊維の布では通気性が悪かったり、電子レンジの熱で溶けたり発火する恐れがあるため、使用しないようにしましょう。100円ショップなどで安く手に入れることができます。

作り方

買った布を袋状に縫い合わせ、中に材料を入れて、入れ口をしっかり密閉するだけです。中身が零れださないように、隙間なく布を縫い合わせることがポイントです。
裁縫が苦手な人は、布用の接着剤やテープを使うのもオススメです。

使用の注意点

玄米や小豆は生ものですので、湿気の多い場所に放置しているとカビや虫が発生する原因になる危険があります。特に米ぬかなどは注意してください。繰り返し使用できるカイロですが、汚れや臭いが気になってきたら新しいものと取り換えるようにしましょう。

玄米や小豆は、傷んでいなければ綺麗に洗って布を取り換えれば再利用も可能ですが、古くなると温熱効果が下がるため、新しいものと取り換えることをオススメします。使用していない時には乾燥した冷暗所や、冷蔵庫に保管しておくと、より長持ちします。

最後に

カイロの代わりに玄米や小豆が使えるなんて、とっても手軽で便利ですね。大事に使えば2年以上持ったという記録もあるそうなので、とても経済的です!お腹や下腹部、首元や目などを温めたり、使い方は無限大。夏の冷え対策にもとっても効果的です。

冷え性だけどカイロを使うのは苦手という人は、ぜひ一度試してみてください。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら