夏休みのお出かけ!混雑を回避するためにできる10のこと☆

スポンサーリンク
728×90




は楽しいお出かけの予定でいっぱいという方、多いのではないでしょうか?ただ、どうしても夏に人気のスポットは大混雑しがち…夏の強力な暑さも加わりますし、人混みが苦手で楽しめないという方も少なくないのでは?少しでも回避するためにできる10のことをシチュエーション別にご紹介♪

レジャー施設編

定員ありのスポットを事前予約

芸術鑑賞や見学ツアー、スポーツ観戦など、あらかじめ定員が決まっているスポットやイベントは予約できるのでおすすめです。まだ予定が決まっていない場合もお出かけ先は事前予約できる場所を選んで快適に!

敷地が広い公園や田舎は混雑度が低い

夏の暑さをしのげる屋内はそれだけ人も集中しがちですが、敷地が広い公園や自然の多い田舎なら多少人が多くても気にならないのでおすすめ。暑さ対策は万全にしつつ、自然に触れられる場所にお出かけすれば癒し効果も!

また、テレビで紹介された場所などは想像以上に人が集まることが多いため、放送直後はなるべく避けるのが無難。

入場券は前売りチケットを購入

動物園や水族館などのレジャー施設は入場、入館するだけでも長蛇の列で時間がかかってしまうことも。予定が決まったらコンビニなどで事前に前売りチケットを購入できないか調べておきましょう。前売りチケットは少しお得になっていたりするのも嬉しい!

お弁当持参!ランチの予定を考えておく

レジャー施設はお昼時になると大混雑必至。そのため、お弁当を持参する、コンビニなどで早めにランチを買っておく、ランチのお店を予約しておく、など具体的に予定を考えておきましょう。飲食店を利用するなら早めの時間に済ませたり、おやつを食べながら空いてくる時間帯を待つのもおすすめ。

お昼ごはんをスムーズに過ごせば遊ぶ時間も増えて一石二鳥!

プール編

計画は天気予報をチェックしながら

夏のプールは気温が高い日ほど混雑度は高くなりがちです。そのため、曇りの日や気温があまり高くない日を選ぶと比較的空いていることも。ただし、悪天候や肌寒い日などは体調管理に注意!あまり気温が低いとプールそのものが楽しめなくなってしまいますので、ちょうどいい日を選ぶためにはこまめに天気予報をチェックするのがおすすめ。

午後からは空きやすい

午前中から来ていたお客さんは午後15時頃から帰り始めることが多いので、ちょうどその頃から遊び始めると比較的空いているということも。遊べる時間はその分、短くなりますが、混んでいる時間を避けることで結果的には満喫できるということも!

贅沢にリゾートホテルのプールを利用

レジャープールの混雑が苦手という方は少し贅沢にリゾートホテルのプールを楽しんでみてはいかがでしょうか?日帰りでは利用できないことが多いですが、宿泊者なら無料で利用できることが多く、遊び疲れたらすぐにお部屋に帰って休めるというメリットもあっておすすめ。子ども連れの方や温泉やエステを利用してリフレッシュしたい方はぜひ!

花火大会編

有料観覧席から楽しむ

花火大会では有料観覧席が設けられていことがあります。場所取り不要で見やすい席から見れるので断然おすすめ。また、管理されている分、混乱やトラブルが起こりにくいのも快適に楽しめるポイントです。

花火終了後はその場で待機

花火が終わると見物客が一気に最寄駅へと進むため、なかなか駅に着けない上、到着しても電車に乗るまで一苦労ということも。慌てて帰らずに出店を楽しんだり、付近の飲食店を予約しておくなどの一工夫で混雑に巻き込まれるのを予防しましょう。

花火終了前から帰り始める

花火のフィナーレは見逃せないシーンでもありますが、帰るのが遅くなると困る、少しでも早く帰りたいという場合は終了前から帰り始めるのもおすすめの手段。終了後はトイレも混雑してしまいがち。他の見物客より一足早く行動することで終了直後の混雑を避けやすくなります。ICカードを利用しない方は帰りの切符もあらかじめ買っておくのを忘れずに!

最後に…

夏にぴったりの人気スポット…混むのはわかるけれどやっぱり行きたい!という方、ぜひご参考にしてみてはいかがでしょうか?少しの工夫でもやってみると意外なほど快適に楽しめるということも!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら