プレ更年期とは何か気になる方へ!30代後半でも現れる更年期のような症状をチェック!

スポンサーリンク
728×90

プレ更年期という言葉を知っていますか?そもそも更年期とは40代後半から50代前半に多く、疲れやすくなったりイライラしたりする症状があらわれることです。一方、プレ更年期30代後半から40代半ば更年期のような症状があらわれることを言います。では、なぜ更年期が来る前にプレ更年期になってしまうのでしょう。今回は、プレ更年期原因症状対処法についてご紹介します。

プレ更年期とは

更年期は、閉経をはさんだ10年くらいの期間にあらわれることが多く、個人差はありますが日本人女性の閉経年齢は50歳前後と言われています。

そのため、40代後半から50代前半に更年期になりやすいのですが、近年30代後半から40代前半の方も更年期の症状に悩まされる人が少なくありません。

閉経をはさんだ10年くらいの期間に、ほてり、のぼせ、イライラ、疲れやすい、動悸、肩こり、発汗、頭痛などの症状があらわれると更年期障害の疑いがあるでしょう。

プレ更年期は、更年期より若い30代後半から40代前半に更年期障害に似た症状に悩まされることを言うのです。

プレ更年期の原因

プレ更年期の原因は、卵巣機能が低下し女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少することで起こります。プレ更年期は、更年期に向けて身体の変化が起こる時期にストレスを抱えこむことで引き起こされ、自律神経に深い関わりがあるのです。

強いストレスは自律神経を乱す原因となります。自律神経が乱れると、身体の各器官の働きをコントロールする作用が乱れ、ホルモンの分泌量が低下したり体調が悪くなったり、更年期のような症状があらわれるのです。

自律神経が乱れる原因は、睡眠不足、不規則な生活リズム、無理なダイエット、疲労の蓄積、ストレスなど生活習慣が影響しています。このため、規則正しい生活がプレ更年期を予防するために必要と言えるでしょう。

プレ更年期の症状セルフチェック

あなたはプレ更年期の予備軍ではありませんか?ここでは、プレ更年期に多い症状についてまとめました。自分自身当てはまるところがあるか確認してみましょう。

1:身体面のチェック項目

  • 疲れやすい
  • 生理の時の出血量の減少
  • 生理周期が短い
  • 顔がほてる
  • 頭痛、めまい、吐き気がする
  • 手足や腰が冷える
  • 肩こり、腰痛、手足の痛み
  • 息切れ、動悸がする
  • 便秘や下痢、消化不良を起こしやすい
  • トイレが近い

2:精神面のチェック項目

  • 怒りやすくイライラしやすい
  • 憂鬱になることがある
  • 判断することが遅くなった
  • 以前よりも涙もろい
  • 小さなことが気になる
  • 固有名詞が出てこなかったり、もの忘れをしたりする
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い

3:肌つやのチェック項目

  • 肌のたるみが気になる
  • 肌がくすんでいる
  • シミ、しわが気になる
  • 髪の毛のハリがなくなり、白髪が目立つ
  • 爪が割れやすい
  • 口の中が乾く

いかがですか?半分以上チェックがある場合は、プチ更年期である可能性が高いでしょう。更年期が来る前に、病院を受診するのがおすすめです。更年期障害の検査をしてもらい、対策をすることが大切でしょう。

プレ更年期の解消法

プレ更年期を解消するためには、プレ更年期の原因となるストレスを溜めないことが重要となります。まずはストレスの原因となる生活習慣の乱れを改善させることが大切でしょう。1日3食、栄養バランスのとれた食事を心がけ、睡眠や休息を十分取るように心がけます。

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのバランスを整える効果があるため、豆乳や豆腐を積極的に摂取すると良いでしょう。イソフラボンは過剰に摂取すると身体に悪影響を及ぼす可能性があるため、1日30~50㎎を目安にして摂取量に注意する必要があります。

また、お風呂上りにマッサージやストレッチをして、身体と心をリフレッシュさせることも大切です。

おすすめはハーブティーアロマオイルを活用することです。ハーブティーは、種類により女性の身体を元気にする効果があります。

胃の働きを良くし生理痛を和らげるカモミールや、浮腫みを解消し女性ホルモンを活発にするフェンネル、血行を促進し新陳代謝をアップさせるセージがおすすめのハーブです

アロマオイルは香りによって効能が異なるため、あなたのお気に入りを見つけてみましょう。

浮腫みや冷えの解消、疲労回復に効果があるローズマリーや、イライラをしずめてホルモンバランスを整えるゼラニウム、肌の調子を整え便秘を改善するバラの香りがおすすめです。

ストレスを溜めることは、プレ更年期だけでなく様々な身体の不調を引き起こしかねません。1日でもリフレッシュする時間を作り、規則正しい生活をすることがプレ更年期の予防に効果的です。

最後に

いかがでしたか?プレ更年期があることを初めて知った方もいるのではないでしょうか。これから30代後半を迎える人は、改めて生活習慣の見直しをしてみましょう。更年期障害を良く知り、上手く更年期を乗り越えられるといいですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら