知っておきたい!事前に入金をするプリペイドカードのメリット&デメリットについて

最近、耳にすることの増えた”プリペイドカード”や”チャージ”というキーワード。プリペイドカードは前払い方式のカードのことであり、チャージは入金を指しますが、使い方によってはお得だったり、そうでもなかったりすることも。プリペイドカードの知っておきたいメリットデメリットについてご紹介しましょう。

プリペイドカードとは

プリペイドカードは、店舗での買い物やネットショッピングで使えるカードのことで、クレジットカードによく似ていますが、最大の違いはクレジットカードが後払いなのに対し、プリペイドカードはあらかじめ購入または入金して使う前払い方式のカードだということです。

従来のテレホンカードや図書カードのように、金額が固定されたカードを購入して特定の商品やサービスに変えて使うタイプと、事前に入金(チャージ)して使うことで、何度でも繰り返し使えるタイプとに大別されます。

また、お金を電子データに変換する電子マネーとも似ていますが、電子マネーには前払いのプリペイド型と後払いのポストペイ型があるので、前者は感覚的に近いといえます。

プリペイドカードのメリット

プリペイドカードのメリットは、何と言っても前払いなので、購入あるいは入金した金額の範囲内で使うため、クレジットカードのように予想外に使いすぎてしまうという心配がなく、お金の管理がしやすいということです。

主婦の方や一人暮らしの方など、家計を管理する方や、子どものおこづかいにもおすすめです。

事前にチャージしたカードがあれば、小銭のやり取り不要でお会計がスムーズですし、クレジットカードと違い、原則審査や銀行口座が不要なので、誰でも気軽に持ちやすいという特徴があります。

また、カードにもよりますが、匿名またはニックネームで決済ができたり、日ごろ使う少額分だけチャージするようにしておけば、万一の紛失の際も、クレジットカードに比べれば損害は少なくて済みます。

個人情報の漏えいや不正使用など、クレジットカードは心配という方も比較的利用しやすいという点もメリットの一つです。

さらに、プリペイドカードは年会費や発行手数料不要の場合が多く、チャージ式の場合は利用金額に応じてポイント還元や割引などの特典が受けられることもあるため、現金よりお得になるというメリットもあります。

カードにもよりますが、チャージ方法は

  • コンビニや銀行
  • ネットバンキング
  • インターネット
  • クレジットカード払い

など、ライフスタイルに合わせて選べ、中には、残高が設定されている金額を下回ると自動的にチャージされる「オートチャージ」が使えることもありますから、チャージが面倒に感じるという方も、一番使いやすい方法を選ぶことで負担は軽くなります。

プリペイドカードのデメリット

プリペイドカードは、前払いで特定の商品やサービスと変えられるということが最大の特徴ですが、それゆえのデメリットもいくつかあります。

カードは一度チャージすると原則、払い戻し不可な場合が多いことと、有効期限を過ぎると失効してしまう場合がありますから、計画的にチャージして忘れずに使い切るようにしましょう。
また、店舗で利用する場合は、残高の不足分を現金で補って残高を使い切ることが可能な場合がほとんどですが、金額が固定されているカードや、ネットショッピングでは残高の使い切りが難しい場合もあります。

さらに、中にはチャージの際に手数料がかかるというカードもありますから、チャージして利用を始める前に、手数料の有無やポイント還元率、割引特典などをよく確認しておくようにしましょう。

プリペイドカードは、利用できるサービスや商品が限られることが多い分、安易にチャージせず、計画的に入金して使い切ることが大切になります。

最後に

手軽で便利なだけでなく、お得にもなるプリペイドカード。メリットもデメリットも把握してフル活用してみてくださいね!

また、プリペイドカードではありませんが、薬局屋で使えるカード情報について次の記事でご紹介しております。続けてお読みください!

スギ薬局のポイントカードとJALカードは必須!私が使えると思う3つのポイントカードとは!?

オムツが必要な乳幼児のいるご家庭必見!お得なマツモトキヨシの会員登録

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら