あなたの大事な人がうつ病に罹ったら ~自立支援医療(精神通院医療)について~

スポンサーリンク
728×90

うつ病にかかる人は、年々増えてきています。うつ病にかかると、ひどいときは休職したり、あるいは退職せざるを得なかったりで、収入が心もとなくなることが多いです。けれど、そんな中でも定期的に病院に通わなければならず、病院代も薬代もばかになりません。 そんな時に役立つのが、自立支援医療精神通院医療)です。今回は、自立支援医療(精神通院医療)の申請方法を紹介します。身近に苦しんでいる人がいる方のお役に立てたなら幸いです。

自立支援医療(精神通院医療)とは

自立支援医療(精神通院医療)を一言でいうと、医療費の負担を三割負担から一割負担にしてくれる制度です。さらに、所得額にもよりますが、一ヶ月の医療費がある上限を超えると、それ以上は税金で負担してくれる制度です。

この制度は、うつ病だけでなく、

  • 統合失調症
  • 躁うつ病
  • 不安障害
  • アルコール
  • 薬物

などの精神作用物質による急性中毒、又は

  • その依存症
  • 知的障害
  • 強迫性人格障害
  • てんかん

などにも適用されます。 

自立支援医療(精神通院医療)の申請方法

自律支援医療(精神通院医療)の申請手続きについて確認をしてみました。

申請する場所

お住いの地域の市町村役場で申請することができます。

申請に必要なもの

  • 主治医の診断書(書式はだいたい役所のHPからダウンロードできます)
  • 自立支援医療(精神通院医療)支給認定申請書(だいたい役所のHPでダウンロードできます)
  • 税務情報の閲覧及び提供に関する同意書 (こちらもたいていHPからダウンロードできます)
  • 薬を処方してもらっている薬局の住所がわかるもの(領収書などで大丈夫です)
  • 通っている病院の住所がわかるもの(これも領収書などで大丈夫です)
  • 健康保険証
  • 印鑑

申請について

必要書類さえ書き込んで、申請に必要な物をまとめてしまえば、申請は役所に一回行って、書類その他を提出するだけで済みます。

ただし、自立支援医療受給者証(一割負担にするために、病院の診察や薬局でその都度見せることが必要なもの)が届くまでには、数ヶ月ほどかかります。

申請してから受給者票が届くまでの医療費は、領収書を持って、役所あるいは指定された病院で申請すれば、後から払い戻してもらえます。

また、自立支援医療は一年ごとに更新が必要です。期限が切れる三ヶ月前から更新が可能です。この場合は、特に持っていく書類は必要ありません。

注意

自立支援医療(精神通院医療)で指定できるのは、大抵の場合一箇所の病院だけです。また、指定できる薬局は、最大でも二箇所だけです。

まとめ

うつ病になると、ただでさえ強い不安にさいなまれるものです。経済的不安はその最たるものです。医療費が多少減れば、少しはその不安が解消するのではないでしょうか。あなたの大切な人のために、ぜひ自立支援医療(精神通院医療)を申請してみてください。

きっとあなたの心も楽になるはずです。

※各市町村によって、必要書類が異なることがあります。申請の際は、まず電話でのお問い合わせをおすすめします。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら