PTA活動は何をするの?PTAのメリット、デメリットは?小学生ママが気になるPTA活動について

スポンサーリンク
728×90

入学式を迎える新一年生の子を持つ親は、子供の晴れ舞台をとても楽しみにしていたことでしょう。親は、我が子が楽しく学校生活を送ることを期待し、小学校に送り出しますよね。そして、子供の入学と同時に親はPTA役員という仕事が待っています。よくPTAは大変と耳にする親も多いと思いますが、そもそもPTAとは何をするのでしょう?今回は、PTA役員の基礎知識をご紹介します。

PTAって何?

PTA(Parent Teacher Association)とは、親と先生が協力し合い子供の学習環境を整えていくため、さまざまな活動を行う集まりです。

そもそもアメリカから戦後の日本に伝わり、アメリカから派遣された教育の専門家が日本の教育方針としてPTAの設立をしたことで、文部科学省を通じて全国に広まったようです。

学校運営は主に先生たちが行いますが、先生だけではまかないきれない部分をPTA(保護者)が中心となり補っていきます。

PTAの主な活動

  • 運動会や展覧会などの運営のお手伝い
  • バザーなどの学校や地域のイベントの運営や手伝い
  • ベルマークや廃品回収の収益で、学校に必要な物を購入
  • 子供の安全のための防犯パトロール
  • 広報活動

PTAの役員と委員の違いは?

PTAの運営は、「役員」と「委員」が大きく関わっていきます。では、「役員」と「委員」には、どのような違いがあるのでしょう。

1:PTA役員の役職と主な仕事

PTA会長

PTA組織をまとめるリーダーで、PTA代表として他校や地域の人と交流をするなど仕事は多いです。

PTA副会長

会長のサポート役として、会長が不在の時の代役や会長と一緒に他校や地域の人と交流することもあります。副会長は、2名~3名選出されることが多いでしょう。

書記

会議の議事録やイベントの記録を作成したり、PTAからの配布物の印刷をしたり、パソコンを得意とする人が選出されやすいです。書記は、2名選出されることが多いでしょう。

会計

PTA会費の集金や会計管理全般を行います。お金を扱うことが得意とする人が向いており、2名選出されることが多いでしょう。

2:専門委員の仕事内容

学年学級委員

学級や学年単位で、行事やクラス懇談会の企画・司会・進行などを行います。先生と保護者とのパイプ役となることもあるでしょう。各クラスから2名選出されることが多いでしょう。

広報委員

広報誌の作成やイベントの写真撮影などを行います。PTA広報誌は、年に2~3回発行する学校が多いでしょう。

校外委員

通学路の安全確認や防犯パトロールなどを行います。地域の人や警察との連携、意見交換を行うこともあるでしょう。

健康(保健)委員

給食試食会の実施、健康に関する講演会の企画・運営。保護者向けの講演会や子供の教育についての講演会を実施する学校もあるでしょう。

ベルマーク委員

ベルマークの回収と集計を行い、学校に必要な物を購入します。学校によっては、学年学級委員が行うこともあるでしょう。

「仕事をしているのでできません」は理由にならない

PTAはやらなくて済むのなら逃れたいと思う保護者も少なくないでしょう。なかには、「私は仕事をしていて忙しいから大丈夫」と思っている人もいるのではないでしょうか。

昔なら仕事を理由にPTA役員を回避できていた時代もあるようですが、今の時代は小学生の子を持つ母親の多くは仕事をしているのが現状です。そのため、仕事を理由にPTAを断ることはできません。

パートをしている母親は、シフト調整をして委員会の日は休みを取って出席している人がほとんどです。どうしても参加できないときは委員長に連絡して、他の人にフォローをお願いすれば問題ありませんよ。

PTAのメリットとデメリット

PTA活動をする場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょう。

1:メリット

親同士の知り合いが増え、さまざまな学校の情報を聞くことができます。子供が小学生になると親との交流が減るため、知り合いを作るのが難しいかもしれません。

共通の話題が出来たり知り合いができたりすると、学校でわからないことなども聞きやすいですね。

PTA活動で学校に足を運ぶことが増えるため、学校の様子がわかりやすいです。授業参観以外の子供の様子なども目にすることができるかもしれませんよ。

PTA活動を通して先生と話す機会が増えたりもするでしょう。先生とのコミュニケーションが深まり、普段聞けない子供の様子や先生の苦労と努力を垣間見るかもしれません。

2:デメリット

家事と仕事に加え、PTA活動が増えることで、自分の時間が減ってしまいます。有給をとって会議に参加する親もいるようです。

会議や打ち合わせをすることで、人間性や価値観の違いなどからどうしても相性が合わない人がでてくるかもしれません。人間関係によるストレスを抱えてしまう親もいるようです。

最後に

いかがでしたか?PTAと聞くと、どうしてもやりたくない気持ちになる親も少なくありません。できることなら避けたいと思われるかもしれませんが、もし抜擢された場合は学校や地域の人との交流など、今まで知らなかったことがわかり楽しいこともあるでしょう。

親はあまり気負いせず、PTA活動があることを頭に入れておくと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら