処分に困ったら洋服はリサイクル・リユースできるところはたくさんあった!

スポンサーリンク
728×90




着なくなった洋服サイズが合わなくなった洋服、みなさんはどのよう処分していますか?忘れたままタンスの奥に眠っている洋服はありませんか?いらなくなった洋服をそのまま捨ててしまうのは、何だか勿体ない気がしますよね。そんな洋服の処分にお困りの方におすすめなのが、洋服のリサイクルリユースです。とは言っても、どこに持って行けばいいのかしら…と悩んでしまいますよね。古着屋さんに出すのもリサイクルになりますが、その他にもクーポンと交換したり、社会貢献ができたりと、さまざまな方法があるのです。今回は、処分に困った洋服のリサイクル&リユースについてご紹介します。

「H&M」で500円クーポンと交換!

H&Mでは、自社ブランドだけでなく、どこのブランドの洋服でも回収してくれます。しかも、汚れや破れなど普通なら捨ててしまいそうな洋服だって引き取ってくれるんです。回収した洋服たちは、状態によって使い道が異なるようです。

まだ着られる状態であれば世界中に配布されたり、再生繊維として他の製品になったりと、99%はリサイクルやリユースとして活用されます。残りの1%は段ボールの資材などに使われるそうです。

しかも、ただ引き取ってくれるのではなく、H&Mの凄いところは「その日から使える500円クーポンと交換」してくれるのです。1袋に対してクーポン1枚なので、洋服を詰め込んで持って行った袋の数だけクーポンが貰えちゃうということですね。

しかし、3,000円以上の購入で1点500円引きになることや、有効期限があるということをお忘れなく。回収は全国のH&M店舗にある回収ボックスで行っています。

http://www2.hm.com/ja_jp/ladies/shop-by-feature/8eb-bring-it-on.html

「赤すぐnet」の古着DEワクチン

子育て中のママなら知っている人も多い「赤すぐnet」は、マタニティグッズやベビー用品などをネット販売しているサイトです。

赤すぐnetでは、下着以外の不要な衣類やバッグ、靴といった服飾関連の物を送ると、開発途上国に送られてリサイクルされています。

不要な衣類を送る場合は申し込み手続きが必要となり、段ボール不要の場合は1,080円、中サイズの段ボール付きで1,620円、大サイズの段ボール付きで2,160円の支払いが必要となります。

古着DEワクチンを利用すると、後日赤すぐnetで使える1,000円分のクーポンがメールで届き、サービスを利用することでポリオワクチンが開発途上国へ1口5人分寄付されるのです。

最初に費用は発生しますが、クーポンが貰えたり社会貢献ができたりと嬉しいことも多くあるため、お子様がいるご家庭は1度試してみてはいかがでしょう。

http://furugidevaccine.etsl.jp/

「ユニクロ」の全商品リサイクル活動

ユニクロで、1度はお買い物をしたことがある人も多いのではないでしょうか。現在ユニクロでは、リサイクル活動を2006年からスタートしており、ユニクロまたはジーユーで販売した全商品を対象にしています。

着なくなった洋服を世界中の難民や避難民、災害被害者など、すべての難民に「1人1枚ユニクロの洋服を届けよう」という活動をしているのです。

すでに60か国近い世界中の国や地域に、ユニクロの洋服を寄贈しているそうですよ。

http://www.uniqlo.com/jp/csr/refugees/recycle/

「無印良品」の感じ良い暮らしの実現

文房具や衣類、食品や家具と幅広い商品を取り扱う無印良品では、意外と知られていないのがリサイクル活動をしていることです。

回収の対象となるのは無印良品の繊維製品全般で、衣料品やタオル、シーツやカバー類となります。回収した商品は、染め直して加工した上でリユースとして販売されたり、エタノールなどのエネルギーとして活用されます。

また、再利用マークがついた塩化ビニール樹脂でできたスケジュールノートカバーは、店頭で常時回収を行っているそうです。

http://ryohin-keikaku.jp/csr/recycle.html

NPO法人 日本救済衣料センター

1982年の設立から、世界中の難民や避難民、被災者などを対象として衣料品の寄贈を行っています。回収の対象となるのは、汚れや破れがなく着用に問題がない衣類となります。

また、ベビー用品やベビー服、ジャケットやワンピースなど回収対象外の衣類もいくつかあるようなので、詳しくは公式HPを確認するのが安心でしょう。

http://www.jrcc.or.jp/

マルイの「つながるプロジェクト」

マルイでは春と秋の年に2回、数日間で衣料品の下取りを行っています。下取りできる商品は、マルイで購入した商品でなくでも問題ないそうです。しかし、リユースとして活用するため、汚れや破れなどのない着用に問題がない商品のみ引き取ってくれるそうです。

主に、宮城県にある東北復興商店街やマルイ店舗での再販売、途上国への支援としてマルイが社会貢献のお手伝いをしてくれます。

さらに、衣料品1点の下取りで200円の割引券と交換してくれるのも嬉しいですね。割引券は税込2,000円以上の購入ごとに1枚利用が可能で、マルイ全店で使うことができるそうです。

https://www.0101.co.jp/shitadori/index.html?from=01_ft

最後に

いかがでしたか?断捨離でいらない洋服が溢れかえったり、サイズが合わなくて着られない洋服があったりと、洋服の処分に困っている方はいませんか?

ただ捨てるのではなく、リサイクルやリユースといった方法を検討してみてはいかがでしょう。洋服のリサイクルには様々な方法があるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら