恥をかかない正しいワインの飲み方!食後に気軽に赤ワインを飲むならカリモーチョ(赤ワイン+コーラ)!?

スポンサーリンク
728×90




私がイタリアのトスカーナに留学をしていたときに、どうして食後にまで日本人は赤ワインを飲むんだと言われたことがあります。今思えば当然のことなのですが、学生時代の私には理解ができませんでした。

食事のタイミングごとに飲み物がある

居酒屋や家でも、とりあえずビールというように、最初の一口はビールで喉をうるおすという文化が日本にはあると思います。飲む方は最初から最後までビールと、お酒の種類を変えることがありませんが、ヨーロッパの文化には出てくる食事に合わせてお酒を変える文化があるのです。

食前酒とは

食前酒はこれから始まる食事の食欲を駆り立てることを目的としています。体内にアルコールを入れることで、いよいよこれから食事が始まるというサインを体におくります。前菜と一緒に頂くこといよって、メインディッシュへの期待も高まります。彩り鮮やかな前菜に、華やかな色をした食前酒で気分も一気に高まります。シャンパンやシェリー酒などのアルコール度数が低い、飲みやすいものを飲みます。

食中酒とは

食中酒とはメインディッシュを引き立てることを目的としたお酒です。よく耳にすると思いますが、お肉の料理には赤ワインを選び、お魚の料理には白ワインを選ぶことが基本です。料理の味わ引きたたせる、マリアージュ(結婚♪)を目的としています。

食後酒とは

食後酒はここまで口にした食べ物を消化することを目的としたお酒です。食後にバーなどでアルコール度の高いウィスキーを口にするのはきちんと意味があるのです。強いアルコール度のお酒は、胃液の分泌を促す働きがあり、胃に入ったものを消化する支援をいたします。また、血管が膨張することで、対内の血流がよくなり、脂肪燃焼を助けるという効果もあります。

ここでおわかりいただけるかと思いますが、私が食後にまで赤ワインを口にしていたことに対して、おかしいと指摘した理由はここにあったのです。ちなみに、私がそのときにこれを飲みなさいとオススメされたのがレモンチェッロというレモンのお酒でした。アルコール度がそれなりにありながらも、甘くて飲みやすいお酒です。美容効果もあるといわれているお酒なので、女性にはお勧めです。

ワインをついでもらう時のマナー

日本はお酒をついでもらうときに、グラスを差し出す文化、いやマナーがありますが、ワインを飲む時には控えたほうがいいでしょう。ワインは非常に繊細な飲み物であることから、グラスを持っている手のぬくもりで味が変わってしまうことすらあるのです。ワイングラスがあのような形をしているのは、自分の手のぬくもりが伝わらないようにする工夫もあるのです。

ワインをついでもらう時には、そのまま置いておくのが正解です。ただし、どうしても何かしないと気になる人はグラスをテーブルの上を滑らして、ついでもらいやすいところに移動させるのが正解です。海外で恥をかかないためにも、知っておきたい基本的なマナーの一つです。

ワインが苦手な人はカリモーチョでデビューしよう!

少しへべれけになってしまう危険性があるお酒なので、気をつけてください。。このお酒、赤ワインとコーラを割ったお酒なのです。スペインのサンセバスチャンというところにいたころ、とにかくこのカリモーチョを街中のみんなが飲んでいました。

https://es.wikipedia.org/wiki/Calimocho

食後にワインはNGと言われましたが、このカリモーチョであれば全く問題なしです。今年の忘年会で是非お試しください!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら