家を借りるときの賃貸借契約の説明不足が問題の原因?賃貸で大家さんとよくあるトラブルについて

家を一度でも借りたことがある人は、不動産屋さんにおいて契約書の説明と万が一のことを事前について説明を受けた記憶がありますよね。今回は、家を借りるときに必ず経験をすることについて、確認したいと思います。

賃貸借契約と重要事項説明書ってなに?

賃貸借契約を交わす前に、重要事項説明書に基づいて、宅地建物取引主任者と言われる人が物件の説明をします。そしてその後に賃貸借契約となります。ところが、耳慣れない言葉や、難しい文言で、借主にとっては、特に始めて不動産契約となる人は、理解しにくいものです。

重要事項説明は重要なのに、仲介業者は、文字を読み上げるだけで、借主にとっては、じっくり考える暇もなく、所定の箇所に署名・捺印することになります。

「何か質問は?尋ねたいこと、聞いておきたいことは?」

言われても、すぐには理解できないものです。そして、引き続き賃貸借契約となります。

賃貸借契約書も重要事項説明書と同じく、契約内容を読み上げ、所定の箇所に署名・捺印して、契約は完了します。

このような契約の流れは、あってはならないのですが、不動産業者(担当者)にとって、売買契約を比べ、賃貸借契約を軽く扱いがちなところも、強ちないとは言えないのです。残念なことです。このような賃貸借契約がトラブルのもととなります。

大家さんとよく起こる賃貸に関わるトラブル

良くある賃貸借におけるトラブルは以下のものがあげられます。

  •  使用目的変更(入居者は、住居を目的とした集合住宅の一室でエステの仕事をはじめ、ドアの外側に、エステの看板を掲げた。)
  •  家賃等の支払い義務と滞納
  •  ピアノの使用
  •  ペットの飼育
  •  入居者の変更
  •  集合住宅における生活騒音の入居者間のトラブル
  •  連帯保証人の変更

保証人が死亡等で保証の責任を果たすことが出来なくなった時、資格を有する保証人を立てなければならないが、家主、仲介業者に連絡がなく、家賃の滞納等トラブルがあった時に、連帯保証人がいないという事が確認される。

列挙すればきりがなく、人それぞれが日々生活をしていると限りなく様々なトラブルに遭遇することになります。

賃貸で一番多いトラブル

一番トラブルが多いのは、家主、借主の立場の違いからおこる退去における原状回復です。  借主は、「借りている。家賃を払っているから。」と思うのではなく、自己所有の物と同じように大切に使用し、退去時には、大切に毎日過ごした賃貸物件を、家主に返却したいものです。

 仲介業者は貸主の味方になってしまう!?不動産業者の立場

貸主・借主、または入居者間、あらゆるトラブルにおいて、直接当事者間では話しはしにくいものです。感情的になったり、一方通行で、話し合いにならない場合もあります。

そのような時、仲介業者は、貸主・借主・入居者間において公平な立場で話し合いをしなくてはなりません。しかし、残念ですが、一度の付き合いの借主より、長く付き合いのある貸主側にたって仕事をしている仲介業者(営業担当者)がいないとは言い切れません。

これは、あくまで、一例です。全ての不動産業者がこのように偏った立場で仕事をしていることはありません。

最後に

初めて賃貸物件を借りる前に知っておきたいことを、次の記事にてご確認いただけます。続けてどうぞ!

初めて賃貸物件を借りる前に知っておきたいこと

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら