賞味期限がある新米の保存場所はシンクの下ではなく、冷蔵庫の野菜室が最適!

みなさんは購入したお米をどこに保存していますか?よく言われているシンクの下やキッチンの床に、購入した袋のまま置いていたりしていませんか?実は、その保存方法は一番やってはいけないことなんです!わたしも以前はシンク下にお米用のプラスチックケースに収納していたのですが、湿気が多い時期は見た目の変化はなくとも何となく美味しくないと感じることがありました。そこで、今回は正しいお米の保存方法をご紹介します。せっかく食べるなら美味しいお米を食べたいですよね。この機会に保存場所を見直してみて下さい。

新米の保存場所として、なぜシンク下はNGなの?

お米の一番の天敵といえるのが湿気です。キッチンの水回り周辺は湿気が高くなりやすく、お米が湿気を吸収してカビの原因になってしまうのです。また、お米はにおいを吸いやすいので、においが強い場所に保存するのもNGです。

そして、お米の袋のままゴムで結んで保存しているという人は、更に要注意です。お米の袋には空気を入れる小さな穴が開いていて、お米が空気に触れることで酸化し味の劣化が進んでしまうのです。

一番の天敵といえる湿気ですが、気を付けなければいけないのは湿気だけではありません。光や熱のある場所も要注意です。直射日光が当たる場所や、電子レンジなどの熱の持つ家電の近くに置くのも、お米を劣化させてしまう原因になるので気を付けましょう。

保存場所にピッタリなのは、冷蔵庫の野菜室!

では、どこにお米を保存すればいいのでしょう。お米の保存場所に最適なのが冷蔵庫です。その中でも特に野菜室がお米の保存にもってこいです。なぜなら、熱や湿気をシャットダウンして一定の温度と湿度を保ってくれるのが、野菜室だからです。

また、保存方法としておすすめなのがペットボトルです。スマートな作りからも場所を取らずに冷蔵庫に収納できます。その他には、密閉できるジップロックなどの収納袋やプラスチック製の保存容器も使えますよ!

実はお米にも賞味期限がある?!

いくら保存場所や保存方法に気を配っていても、古いお米を炊いていてはお米の美味しさが半減してしまいます。お米は精米した瞬間から酸化が進んで、鮮度も落ちてしまうのです。

何度も重たいお米を購入するのは面倒だからまとめ買いしてる人もいると思いますが、できれば2か月以内に食べきれる量を買うのがおすすめです。特に夏場の暑い時期には、できればお米は2~3週間で食べきるようにしましょう。

また、お米の保存は害虫にも要注意です。害虫は湿度が20℃を超えると孵化すると言われているので、害虫が苦手な鷹の爪やニンニクを入れてしっかり保存しましょう。

せっかくお米を炊いても、味が劣化して美味しくないなんてことになったら嫌ですよね。そして、美味しいお米をいただくには、何といっても炊き立てを食べることです。炊飯器の種類によって保温で保存できる時間は異なりますが、できるだけ必要な分を炊くのがおすすめです。

でも、毎回お米を炊いていたら、節約にならないという声もありますよね。その場合は多めに炊いたお米を、炊き立てのうちにラップにくるんで冷めたら冷凍することです。

炊飯器に長時間保存したお米よりも、炊き立てを電子レンジでチンして食べるので冷凍したお米の方が美味しいですよ!もし、お米を高温多湿の場所に保存している人は、今からでも冷蔵庫に移動してみて下さい。

もしかすると、今までのお米との味の違いが分かるかもしれません。

最後に

今の炊飯器、色々な炊飯器が出てきてずいぶんお米を美味しく炊けるようになってきましたが、それでも知っておきたい。新米で美味しいご飯を炊くためのコツとは。。

美味しいご飯を炊くコツは、お米の洗い方・炊くときの水加減・炊いた後の蒸らし!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら