五朗丸を観に行く前に。女性が簡単わかる、ラグビーの得点ルールについて!

スポンサーリンク
728×90

2015年流行語大賞にもノミネート五郎丸ポーズラグビーのワールドカップで多くの方に注目を浴びるようになりました。体育の授業でも行われることがないラグビー、男性でも得点ルールを知らない人が多いです。五朗丸ポーズを観に行く前に、ラグビーの得点ルールを把握してみませんか?

ラグビーはイギリスのウォリックシャーで始まった

ラグビーの発祥の地はイギリスです。元々はフットボールとよばれていましたが、ウォリックシャーのラグビーにあるラグビー校(イングランドの中でも最も古くて有名なパブリックスクールの一つ)で行われていた、フットボールが原型と言われています。

ここのフットボールがイングランド全国に広まり、ルールも定められるようになり、現在のフットボールに近付いてきたのです。

http://www.rugbyschool.co.uk

ラグビーの得点ルール

ラグビーは楕円形のボールを利用して行います。人数は1チーム15名。試合時間はハーフ40分の合計80分で行われます。ボールは前方に投げてはいけないルールがあります。一番大事な点数について整理いたします。

トライによる点数・・・5点!

トライとは、相手陣内のインゴールの地面にボールを着ける行為です。昔はキックの権利を得るために、トライの権利を得るための行為でした。この行為によって、5点を得ることができます。

さらに、トライの中には認定トライというトライもあります。相手チームの反則がなければ、間違いトライを得られていただろうというときに、5点を得ることができます。

また、トライを行うことによって得られるキックを、コンバージョンキックとよばれます。

キックによる点数

キックによる点数は3種類あります。

コンバージョンゴール・・・2点!

コンバージョンキックとは、トライをすることによって得られるキックです。トライに成功をした位置の延長線上から、ゴールポストにめがけてボールを蹴り込みます。ボールがゴールポストのクロスバー上を超えると2点を得られます。

ペナルティーゴール・・・3点

ペナルティーゴールとは、相手チームが反則をおかしたときに、その場所からゴールポストを狙ったキックを受けることができます。ボールがゴールポストのクロスバー上を超えると3点を得られます。

ドロップゴール・・・3点

ドロップゴールとは、プレイ中にボールを地面にワンバンドさせたあとにキックを行いゴールを狙うものです。ボールがゴールポストのクロスバー上を超えると3点を得られます。

最後に

ラグビーのルール、動画で紹介しているものがありました。得点のルール以外にも気になる方は、ぜひご覧ください!

基本編

中級編

上級編

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら