札幌のクリスマス!イルミネーションが素敵な場所をご紹介

スポンサーリンク
728×90




いよいよ12月、クリスマスが近づいてきました。クリスマスといえばケーキやチキンなど定番が決まっていますが、なんといっても、夜のイルミネーションが素敵ですよね。今回は、北の大地、札幌のクリスマスイルミネーションをご紹介します。

 さっぽろホワイトイルミネーション

『全国4000名の”夜景鑑賞士”が選んだイルミネーションランキング』で全国5位に入るほどのイベントです。このイルミネーションの歴史は古く、日本で最初のイルミネーションとして1981年に始まりました。最初、1048個の電球から始まったイベントも今では、52万個の電球に増え、LED電球を使っています。

同時に大通公園では、「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」も開催されており、ホットワインを飲みながら、イルミネーション見るとよりクリスマス気分が高まります。クリスマス時期は24時まで点灯時間が延長され、恋人達のデートスポットとしても人気なのです。

http://white-illumination.jp/

 サッポロファクトリーの巨大ツリー

例年、札幌で最初に点灯式が行われるのが、サッポロファクトリーのクリスマスツリーです。北海道では珍しい屋内型のイルミネーションイベント。ツリーはファクトリー内のアトリウムの天井に届きそうなほどの高さ。なんと、15メートルもある大きなトドマツ。サンタの町としての認定を受けている広尾町からやってきた本物です。

そのツリーにたくさんの装飾が施され、非常に華やか。ツリーを見るなら、イルミネーションが輝く16時から22時までがおすすめです。毎日16時から1時間ごとに約5分間、音楽に合わせた光のショータイムも楽しめます。

http://sapporofactory.jp/

 白い恋人パーク

北海道の銘菓として長年親しまれている「白い恋人」。白い恋人を販売している石屋製菓が運営しているテーマパーク「白い恋人パーク」の中庭にて、「白い恋人パーク イルミネーション」が開催されています。約11万球の電飾が光り輝く中庭は、澄んだ冬の夜空を彩る美しい光景です。メインツリーをはじめ、トナカイが引くサンタクロースのソリ、そして建物の窓枠には雪だるまなど、大人も子供も楽しめるオブジェが盛りだくさん。トナカイのソリは、実際に乗って写真撮影ができるので、人気の撮影スポットとなっています。

テーマパーク内では、白い恋人を作れるお菓子作り体験や製造工場の見学が可能なので、昼間はお菓子作りを思いっきり楽しんで、お土産を買い、夕方から夜にかけてはイルミネーションに見とれるなど、1日をかけて楽しむのにとてもいい場所です。

http://www.shiroikoibitopark.jp/

最後に

札幌の素敵なイルミネーション、なかなか見る機会がないと思いますが、ぜひ一度来てみてはいかがでしょうか。寒いので、帽子、手袋、マフラーの防寒対策だけは忘れずに…。

この記事を書いた人

たかいやすか
たかいやすか
札幌に住んで8年目。3人の子どもの母親をしています。
転勤でやってきた北海道。そのの魅力にハマり、 北海道の観光スポット、美味しい食べ物、知られてない北海道のお酒など、ご紹介していきます。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら