お昼過ぎに強烈な睡魔に襲われていませんか?いびきがひどい方は睡眠時無呼吸症候群が原因かも

スポンサーリンク
728×90

お昼過ぎ、強烈な睡魔に襲われどうしようもなくなることがありませんか?また、旦那さんや奥さんにいびきがうるさいとか、呼吸が止まっているということを言われたことがありませんか?それって、睡眠時無呼吸症候群という病気かもしれません。実は筆者もいびきがひどく、睡眠時呼吸症候群でした..。

睡眠時無呼吸症候群とは

初めて病院で入院検査をおこない、結果を聞いてびっくりしました。「あなたの睡眠時の血中酸素濃度は、救急車で運ばれてきた人でも、酸素マスクをしてあげなくてはいけない人と同じレベルの低さだ」とお医者さんに言われたのです。

日々のダルさにまいっていた私には納得のいく結果でもありました。睡眠時にきちんとした呼吸ができないせいで、体内に酸素が回らなくなり、色々な問題を引き起こしていたのです。

この睡眠時無呼吸症候群、医学的には以下のように定義されています。10秒以上気道の空気の流れが止まった状態が

  • 一晩(7時間の睡眠中)に30回以上
  • 一晩(7時間の睡眠中)に1時間あたり5回以上

です。正直、1人暮らしの人にはなかなかわかりません。具体的な調査をするためには、検査入院をするしかありません。

睡眠時無呼吸症候群によって引き起こされる症状

先ほども申し上げましたが、私の例からかんがえると、酸素マスクをして寝ないといけないぐらいの状態で夜を過ごすことになります。このような状態では疲れなどが取れるはずがありません。

起きてからの症状

起きて感じるのはダルさです。寝ているようで寝ていないので当然です。

  • 急激な睡魔に襲われる
  • 疲れがとれていない
  • 集中力が続かない

徹夜を毎日している感覚といっても過言ではありません。

寝ている間の症状

寝ている間、以下のような特徴的な症状があります。

  • いびきをかく
  • 呼吸が止まる
  • トイレに行くために起きる
  • 寝汗をかく

症状が改善した今も、かかりつけの先生に言われたのが夜中にトイレに行くようになったら、もう一度来なさいでした。昼間に車を運転するときに本当に眠くて怖かった記憶がよみがえってきます。

睡眠時無呼吸症候群になりやすい人

睡眠時無呼吸症候群になりやすい人は3つのタイプに分かれるということを教えてもらいました。先天性のものも含まれるので、誰もがなる可能性があります。

扁桃腺が大きい人

扁桃腺は、免疫機能をもった組織で、外部からの異物を排除するためのものです。3歳ごろから活発に働くようになり、大きくなっていきます。小学校に入学するころが一番大きくなるのですが、そのまま小さくならない方もいます。扁桃腺肥大という症状です。

これが、呼吸の邪魔をして睡眠時無呼吸症候群をおこす可能性があるのです。

肥満の人

肥満の人は実は舌も太っているのです。太ってしまうと、舌が納まるところに収まらず、喉の奥にさがってきます。これが、空気の通り道である気道を狭くする原因となり、睡眠中の呼吸が難しくなります。

鼻が曲がっている人

医学的な専門的な用語でいうと、鼻中隔湾曲症という症状になります。外から見てわかるものではありません。私はまさにこの鼻中隔湾曲症だったのです。大人になるまでずーっと片方の鼻が詰まっていました。

これが当たり前という感覚で過ごしていたのですが、片方の鼻しか使えないので、当然鼻呼吸は難しくなります。

睡眠時無呼吸症候群ではないかと思ったら

睡眠時無呼吸症候群は1晩お泊りをして検査をするしかありません。まず、睡眠時無呼吸症候群の検査を行っている病院を探してください。

http://www.kaimin-life.jp/search/

私が入院検査を行った時は、夜の8時に病院に行って、翌日の朝6時に病院を退院しました。飲み食いは特に制限されることなく、普通にお酒を飲んでもいいといわれました。本当に寝て帰ってくるだけです。

後日、病院にいって寝返りの数や血中酸素濃度などを確認することになります。ここで私が言われたのが

「君の寝ている間の血中酸素濃度は、緊急搬送されてきた患者さんで酸素マスクをすぐに必要とする患者さんと同じレベルだ」

と言われてしまいました。料金は3万円程度でしたが、何でこんなに眠くなるのか理由が明確にわかって安心しました。

最後に

私はこの睡眠時無呼吸症候群という診断をうけ、最初はCPAPと呼ばれる人工呼吸器を使うことになりました。正直、世界がかわりました。きちんと身体が酸素を吸収して寝るとこんなに身体が楽になるんだとびっくりしたことを覚えています。

cpap

身体の疲れが取れない方、ぜひ1回睡眠時無呼吸症候群について疑ってみてください。また、奥さんや旦那さんのいびきがひどいというかた、一回この睡眠時無呼吸症候群を疑ってみてもよいかもしれませんよ。

私は当時約20名のメンバーで働いていましたが、そのうち3人が睡眠時無呼吸症候群と診断をうけました。みんな昼間に眠いという共通点があり、検査をしに行ったら全員CPAPという人工呼吸器をつけることになりました。

ただ、CPAPを使い始めてから「あの人寝ている!」ということは明らかになくなりました。

ちなみにCPAPを1度使いはじめると、月に1回必ず病院に通院する必要性がでてきます。毎月5,000円程度の費用が必要になってきました。私はこれが面倒となり手術を受けて、鼻の軟骨を取ることにしました。

一生機械がないと生きていけない生活より、もし手術で治るのであれば、手術を受けることはよい選択肢だと思いますよ。私はCPAPをつけて毎晩寝ていましたが、まるでダースベーダのような姿で毎晩ねていました(笑)。

続けて良質な睡眠をとるための方法、気になりませんか。メラトニンというものについて、次の記事でご確認ください!

なかなか寝付けない、いつも睡眠不足という方は要チェック!睡眠とメラトニンの関係を知って、質の良い睡眠をとろう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら