一人暮らしは意外と大変!無理なくやりくりできる貯金術お教えします

憧れのマイルーム!と一人暮らしに憧れを持つ方も多いですよね。しかし、実際に一人暮らしをしてみると家賃光熱費など出ていくお金の多さで家計のやりくりが出来ていないという方も多いのではないでしょうか?今回は20代OLの私でも無理なく実践できている貯金術をお教えします。

絶対にやるべし!自動積立貯金

貯金はお金が「残ったらするもの」ではなく、「使う前にしておく」事が重要です。使う前に貯金する事でそのお金はそもそもなかったものという認識で自分の使えるお金が把握できます。給料日になったら自動的に積立口座へお金が入るように設定し、申込みをしましょう。

私は毎月15,000円程積立をしていました。15,000円は自分が貯金できそうだと思っていた額より気持ち多めの金額設定でしたが、与えられた金額の中でやりくりするしかない状況になると意外とやれるものです。無駄使いできるお金が貯金に回ったと思えば節約にもなります。

毎月自由に使えるお金は全額引き落とす

私は毎月お給料日になると家賃・光熱費などの固定費を差し引いて、自由に使えるお金を全て引き落とし手元に置いて管理していました。封筒を2枚用意し、食費・生活費用と交際費用と分けてお金を入れておきます。

そうするとそれらにいくら使えるお金が残っているのかすぐ分かりますし、ATM手数料の節約にもなります。封筒の中のお金が少なくなってくれば自制心が働き、余計な買い物も少なくなります。

○○したつもり貯金箱

例えばコンビニでデザートを買って帰ろうかなと思っていたけど、実際あまり食べたいものが売ってなくて何も買わずに帰ったという時、私は「デザート買ったつもり」として貯金箱にお金を入れていました。

買ったものと思えばお金が消えてもあまりストレスにはなりません。塵も積もれば~でコツコツやり続けると貯金箱も重みが増してきて楽しくなります。

リサイクルショップやフリマアプリを活用してお小遣いを稼ぐ

皆さんも家に1年以上使ってないもの、色々あると思います。私は1年を目途に使わなかった洋服や靴・雑貨などはこれからも使う事はないであろうと考え、売るようにしています。

もしいつかその物が必要になったらまた新しいものを購入すれば良いですし、その時にはもっと優れたものやオシャレなものも出ていると思います。

使わないものは家の中に置かないというルールを作っていくと、本当に自分に必要なものは何なのか?という事が見えてきます。物を買う時にも「欲しい」ではなく「必要か」という視点で買い物ができるようになります。

最後に

私が実践している貯金術、いかがだったでしょうか?生活がぎくしゃくしてまで貯金をするのは本末転倒ですので、皆さんも無理のない範囲で始めてみてください。お金が貯まっていくと言う事を通帳の数字や貯金箱の重さで実感できるようになるともっと貯金が楽しくなる事と思います!

また、こちらの記事でも貯金術をご紹介しております。続けてどうぞ!

今まで何度も貯金に失敗してきた方へ。これならできる!貯金を継続するための3つのコツ

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら