早起きの人は平均貯蓄額が100万円も多い!早起きするとお金が貯まるメカニズム

スポンサーリンク
728×90




「朝活」という言葉が知られているように、朝早起きをして好きな時間を過ごしている人も多いのではないでしょうか。そんな早起きの習慣がある人には、実は夜型の人よりお金が貯まりやすいという傾向があるのをご存知ですか?実際、女性誌のアンケート調査では、早起きの人と夜更かしをする人との平均貯蓄額に100万円もの違いがあったそうです。早起きの人にみられる行動を知ることで、もしかするとあなたも貯蓄が増えるかもしれません。今回は、早起きをするとお金が貯まる理由について検証しましょう。

深夜のネットショッピングにハマらない

夜遅くまでブログやネットを見ている人も多いのではないでしょうか。そこから、何となくネットショップのページが開き、気になるものや欲しい商品があれよあれよと見つかることってありますよね。

そんなときに限って「タイムセール中」「本日ポイント5倍」など、甘い言葉が並んでいることもあります。

深夜は気持ちが緩んでいるため、判断力や我慢する気持ちが日中より劣ってしまいます。そのため、必要かどうか悩む前にポチッと購入ボタンを押してしまいがちです。そして、朝になり本当に必要だったのか、後悔の念に苛まれることもあるのではないでしょうか。

それ以前に無駄遣いや衝動買いが失敗の元です。そのため、早起きをすることは夜更かしがなくなるので、深夜のネットショッピングに手を出すことも減り、自動的に余計な出費が減るということです。

朝お弁当を作る時間ができる

早起きをすることで、お弁当を作る時間ができお昼ごはんの出費が減ります。朝お弁当を作る時間が確保できる上に、夕食の下ごしらえも済ませてしまえば余計な買い物もしなくて済みます。

お金が貯まる人の典型的な例は、「会社にお弁当を持って行く人」なんだそう。外食が減り、余計な惣菜を買うこともなくなるので、お金を貯めたい人が最初に試みる方法ですね。

お肌のゴールデンタイムに睡眠時間をとろう

そもそもお肌のゴールデンタイムとは、夜22時~深夜2時の時間帯であり、この4時間のあいだにしっかり睡眠をとることで、肌を再生させる成長ホルモンの分泌が増え、美容や健康に効果があると言われています。

しかし、肌のゴールデンタイムには諸説があり、夜22時~深夜2時という考え方と時間帯に関係なく入眠してから3~4時間が成長ホルモンの分泌が増えるという考え方もあるようです。

どちらにせよ、良質な睡眠を過ごすことで潤いのある肌を維持できることに変わりはありません。夜更かしは肌の天敵であるため、二つの諸説を合わせて夜22時から4時間はしっかり睡眠時間としてとるようにするのが良いでしょう。

年齢と共にお肌のケアにもお金をかけたくなりますよね。しかし、早寝早起きをするだけで肌の調子が整えられ、無駄に高い美容液を買わなくて済むのではないでしょうか。これも、出費を抑えることにつながります。

出かける準備は万全に

朝、出かけるギリギリに起きてしまうと、身支度に時間をかけることもできませんよね。その日の気温や天候を考えずに出かけてしまい、雨に打たれてコンビニで無駄に傘を買わなければいけないなんて経験をした方もいるのではないでしょうか。

そのうち、気付くとビニール傘がたくさん貯まっているなんて現象が起きてしまいます。これも無駄遣いの原因となり、お金が貯まらない行動のひとつです。

朝ゆっくり身支度ができれば、その日の天気に合わせて洋服を選んだり傘を持って行ったりと、安心して出かけられます。

朝活に読書がおすすめ

朝30分早く起きるだけで、何ができるか考えてみましょう。筆者がおすすめするのは、読書です。朝30分早く起きれば、1ヶ月で7~8冊は本を読むことができるでしょう。

例えば、営業職の人はコミュニケーション力やマーケティングをテーマにした内容の本、将来収入を増やしたい人は仕事をテーマにした本から職種を考えてみたり、ただ漠然とお金を貯めたい人はそのヒントを本から見つけたりすることができるのではないでしょうか。

朝目覚めて脳が活性化した状態で読書をすることで、夜読書をするより吸収力も全く違います。

そして、本から得た知識や情報は、趣味や仕事で役立つときがくるかもしれません。そんなときに、結果を残したら俄然やる気が出ますよね。

これはお金を貯めるという目標も同じで、本からヒントを経て貯める努力をすることで、必然的に貯蓄できる人になっているのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたか?「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、早起きをすることで仕事や勉強がはかどり、健康な身体作りにも良い影響となるでしょう。まずは夜型の人は、早起きをする習慣を身に付けてみませんか?

そこから、朝の時間を有効に活用して、節約を意識してみて下さい。

毎朝30分だけでも早く起きて、お金を貯められる人を目指してみてはいかがでしょう。早起きはお金を貯められるだけでなく、脳の活性化により仕事が順調に進んだり、家事がはかどったり良いこと尽くしなのです。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら