児童手当をどう使っていますか!?子供のための教育資金として上手に貯蓄する方法とは

スポンサーリンク
728×90

子供が産れてから色々なことにお金が必要となりますよね。 食費、娯楽費、日用品・・・あげればきりがありませんが、その中でも最大の出費は教育資金ではないでしょうか。 お子さんがいるご家庭では、みんなどのように教育資金を貯めているのでしょう。

児童手当を教育資金として貯めている

毎月決まった金額を貯めている。保険で貯めている。その貯め方は人それぞれですよね。いざ子供が大学に行くときにお金がなかった!なんてことにならないために、教育資金の上手な貯め方についてご紹介します。 いつから貯めればいいの?

教育資金の貯める時期は、子供が生まれたらすぐに貯めるのが一番です。最初からドンと何十万、何百万と毎月貯めれるわけではないですよね。

教育資金を貯めるには、長い期間の準備が必要なことを頭に入れておけば、

「まだこれしか貯まってないのかー」

と気分が下がることもないです。 児童手当をもらっている方は、まず児童手当は最低でも貯めていき、余裕があればプラスαの金額を増やしていけばいいのではないでしょうか。

教育資金を貯める上手な3つの方法!

子供のための教育資金、公立の幼稚園から高校を卒業するまで約500万円かかると言われています。大学までなら1,000万円。この教育資金はこんな風に貯めることができます。

「財形貯蓄で貯める」

会社の財形貯蓄制度があれば、これを利用する手はないんです。 財形貯蓄とは、自分で決めた一定の金額を、毎月給料から天引きしてくれる貯蓄システムなのです。 これを教育資金に回せば、毎月口座に決められた金額を振り込みに行く手間も省けますよね。

「銀行で貯める」

子供名義の口座を作り、定期預金で積み立てをするのです。 定期預金は普通預金に比べ、金利も高く一定の期間貯めなくては引落しもできないので、貯蓄性が高いと思いませんか? 財形貯蓄の制度がない人や、自営業の人にもお勧めです。

「学資保険で貯める」

毎月一定の金額を保険料として、口座から引落とされるんです。 学資保険は保険会社で設けているサービスにより、内容が変わってくるので要注意。

例えば総額100万円を支払うとすると、入園お祝いで10万、入学祝いで10万、高校入学時に20万・・・などと、その都度イベントに合わせてお祝い金という形で受け取ることもできるのです。

また、学資保険は加入する前に、払った金額に対しての返戻金がどのくらい高くなるか、元本割れしてないかなど、契約内容をきちんとチェックする必要があるのです。

最後は親の意気込み

貯める方法はわかったけど、本当に毎月貯めていけるか不安と思う人もいますよね。もうここまできたら、子供が生まれて親となったお父さん、お母さんの責任として、毎月きちんと貯めるという意気込みを持って頑張りましょう。

最初は児童手当だけでもいいですし、ある程度の金額を貯める余裕があれば、最初から手を付けない覚悟で貯めていくのもいいです。もし、

「旦那さんの給料が下がって、今までのように貯めれない」

ということがあれば、その都度金額の見直しや、保険の見直しをしていけば安心です。

教育資金に頭を悩ませているお父さん、お母さん。子供が産れたらまず何かしらの形で貯蓄を始めましょう。 どの貯め方にするかは、親の性格に合ったものを選ぶと長続きしますよ!この方法なら私にもできるかも!と思う方法から始めていくのがいいです。

教育資金は子育ての中で、とても長い期間付き合っていかなくてはいけません。 子供のために意気込みを持って、継続的に頑張るという気持ちで取り組んでみてはいかがでしょう。

最後に

教育資金の貯め方は色々ありますが、意外や意外。個人年金保険で貯める方法もあるのです。今の日本は金利が全くつきませんが、海外の金利。まだまだ高い国もあるのです。

意外な方法があった!教育資金を学資保険でなく外貨建ての個人年金保険で貯める方法とは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら