病院に行くほどでもなくドラッグストアで薬を買った時は所得控除が受けられるかも!2017年からスタートしたセルフメディケーション税制とは?

2017年1月にスタートした、セルフメディケーション税制を知っていますか?簡単に言うと医療費控除制度の特例なのですが、従来の「医療費が年間10万円以上超えたら、超えた分を所得から控除する」という医療費控除よりも、もっと身近な制度なのです。それでは、セルフメディケーション税制についての中身や、どうしたら税制優遇を受けられるのか、ご紹介します。

そもそも医療費控除って何?

医療費控除とは、先ほども述べたように「年間の医療費を10万円以上支払った場合、超えた分は所得から控除します」というもので、現在もこの制度は続いています。

例えば、年間の医療費を13万円支払ったら、3万円分は所得から控除しますよということです。

しかし、各家庭の事情にもよりますが、よく考えてみると医療費が年間10万円を超えることは、それほど多くないのではないでしょうか。

そこで登場したのが、セルフメディケーション税制!

そこで、2017年1月からスタートしたのが、セルフメディケーション税制という特例です。

セルフメディケーション税制とは、「年間1万2千円以上の、薬局やドラッグストアにある市販薬(スイッチOTC医薬品)を購入した場合、超えた分を所得から控除します」という制度です。

ドラッグストアでかぜ薬を買ったりしますよね?それらが、控除の対象になるということなのです。

例えば、所得税率20%の申告者が、年間5万円のスイッチOTC市販薬を購入した場合、(5万円-1万2千円)×20%=7,600円が戻ってきます。

さらに、翌年分の住民税分として、(5万円-1万2千円)×個人住民税率10%=3,800円が戻ってくるという計算です。そして、1万2千円を超えた分の上限は、8万8千円までとなります。

また、従来の医療費控除との併用はできないので、申告者が自分でどちらかを選択しなければいけません。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000124845.pdf

スイッチOTC医薬品とは

今回のセルフメディケーション税制の対象となる、スイッチOTC医薬品とはどんな薬でしょう。

簡単に言うと、薬局やドラッグストアで購入できる薬のことで、かなり幅広い種類の薬が対象となっているようです。バファリンやロキソニン、大正胃腸薬など、みなさんがよく知る薬もほぼスイッチOTC医薬品のようです。

詳しい対象リストを知りたい方は、厚生労働省のホームページから参照できますので確認してみてくださいね。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000124846.pdf

どうすれば税制優遇を受けられる?

スイッチOTC医薬品を購入した後、どのようにして税制優遇を受けられるのでしょう。大きく分けて4つのポイントがあるため、確認してみましょう。

対象の医薬品を購入したら、レシートはとっておく

2017年から、薬局やドラッグストアで購入した医薬品のレシートには、その医薬品がセルフメディケーション税制の対象なのかが記載されています。もし、対象商品であると分類された場合は、レシートを大切にとっておきましょう。

また、全ての医薬品ではありませんが、パッケージにはセルフメディケーション税制の対象と分かるマークがついていることもるので、目につきやすいです。

対象となるのは、健康診断や定期検診、予防接種を受けている人

実は、セルフメディケーション税制を受けるには条件があります。健康を維持するために、健康診断や定期検診、予防接種を受けて健康のために取り組んでいる人が対象となります。

そのため、予防接種の領収書や健康診断の結果通知書は保管しておきましょう。

年末か年明けには、年間の対象医薬品の購入額を計算しておく

セルフメディケーション税制を受けるには、従来の医療費控除と同様に確定申告が必要となります。確定申告の時期が近づいてきたら、事前に対象医薬品の合計の購入金額を計算しておきましょう。

あとは税務署で確定申告!

医療費控除を受けるには、税務署での確定申告が必要となります。確定申告…初めての人なら何だか難しそうと躊躇してしまいますよね。分からないことは、最寄りの税務署に問い合わせて確認してみましょう。

確定申告の際は、対象医薬品を購入したレシート、医薬品購入の合計金額、健康診断の結果通知書や予防接種の領収書を忘れないでくださいね。

家族分の医薬品購入でも対象となります!

確定申告は個人名義なので、申告者だけの対象医薬品の購入と思いがちですが、実はセルフメディケーション税制の医療費控除については、お財布の出どころが一緒の家族であれば全て対象となるのです。もちろん子供の分の薬を購入した場合も、対象医薬品であれば医療費控除を受けられます。

また、共働きであっても家計を共同で担っている場合であれば、配偶者の分も含めることができるようです。

最後に

いかがでしたか?セルフメディケーション税制について、参考になりましたでしょうか。わざわざ病院に行くまでもないとき、薬局やドラッグストアで薬を購入して済ませることもありますよね。

今年始まった新しい制度であるため、念のため対象の医薬品であればレシートを保管して、どのくらい支出しているのか年末年始に計算してみくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら