年収400万円の家族なら年収400万円の生活を!豊かに暮らすには、無理、ムダを徹底的に省く

スポンサーリンク
728×90

日々の生活を豊かに暮らすにはとにかく、無理・無駄をなくす生活をすることです。では、それはどういう暮らし方でしょうか。

無理のない生活とは身の丈にあった生活をすること

見栄を張らないことです。例えば、年収400万円の家族なら、年収400万円の生活をするのです。

その中から、貯蓄をして、余裕資金を株などの投資に回せば、仮にご主人の年収が400万円の生活が続いたとしても、いつの間にか、副収入を合わせて、年収が800万円になっている可能性が大きいです。

しかし、見栄を張ると、余計な出費が重なります。年収400万の家族が年収が600万円の家族のような見栄をはると、年収600万円の家族と同じ出費がかかるのです。ですから、まず、見栄を張らないことが大切です。

ムダな出費を徹底的に省く

出費を抑えるためにはムダ出費を徹底的に省くことです。出費を抑えるためには、今までの出費を見直すのです。これは定期的にしたほうがよいです。というのは、いつの間にか、無駄な出費をしている場合があるからです。

出費を抑える第一歩は、家計簿をつけることです。会社など職場では、出納帳などをつけているはずです。出費を抑える習慣が身につけば、同じ収入でも年に2,3回は多く旅行などを楽しめます。

その旅行すら、いつの間にか安くなるように考えているものです。つまり、出費を抑える習慣が身につけば、違った意味で生活を楽しむことも出来ます。

無駄な時間を省く

時間イコールお金です。しかし、無駄な出費を省くことは実行できても、無駄な時間を省くことを考えない人が多いです。これは私自身の経験ですが、高校時代、東大阪の自宅から八尾市の高校まで、近鉄電車で片道1時間かかりました。

それは布施駅で乗り換えなければならなかったのです。そこで、ためしに自転車で行ってみました。すると、直線コースなので、片道30分でいけたのです。そのため、高校2年、3年は自転車通学に変えました。この一日、1時間の時間的余裕は大きかったです。

なにしろ、朝は30分、寝坊できます。また夕方は30分、早く帰れます。つまり、家での勉強時間は少なくとも30分は多く作れたのです。

しかし、私の友人たちはみんな、なぜか電車通学でした。その後、大学に進学した後も、アルバイトは通学途中の職場にしました。すると、授業のある日はもちろん、夏休みなども、通学定期が使えるし、時間的な余裕も出来たのです。

幾つかの会社でコンサルタントをしたときも、時間を省くことを指導しました。しかし、時間を省くことの重要性を理解している人は少なかったようです。時間を省いたら、お金を省けるのです。それは家庭でも同じです。

一番お金のかからない道具は自分の頭!

一番お金のかからない道具、それは何かわかりますか。自分の頭なのです。例えば、従業員を雇えば、人件費がかかります。便利な道具や機械を買えば、お金がかかります。このように何かをすれば、必ずお金がかかります。これが現代の便利な世の中です。

しかし、昔も今も、自分の頭を使うことだけはお金がただです。ですから、出費を少なくするにはどうすればよいか、時間を節約するにはどうすればよいか。頭を絞ってください。頭だけはいくら使っても、お金はかかりませんから。

最後に

家計簿に関する記事はこちらに準備をしております。是非お読みください!

家計簿が続かない方、それはつけ方のせい?家計簿で出費を管理するコツとは

さらに、お金の無駄遣いはこんな方法で防げます!

買い物に行くとつい、ついで買い。。。そんな無駄遣いを防ぐために私が実行している2つの節約術とは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら