シングルマザーの方は活用しよう!生活をサポートしてくれる助成金いろいろ

スポンサーリンク
728×90




シングルマザーになった理由は離婚や死別など人それぞれだと思いますが、シングルマザーになって直面する事と言えば、「経済的な問題」ではないでしょうか?特に小さな子供を抱えるシングルマザーは、子供の事情や都合で就労に関する問題が付きまとい、経済的に厳しい現状に置かれるケースが多々あります。実は、国や自治体からのシングルマザーをサポートしてくれる助成金制度があることをご存知ですか?意外と知られていない助成金があるのです!今回は、シングルマザーをサポートしてくれる助成金をご紹介したいと思います。

児童手当

日本国内に住む、0歳から中学校卒業までの児童が受け取れる手当です。

  • 3歳未満:月額10、000円
  • 3歳以上:第1子、第2子 月額5、000円 第3子以降月額10、000円

 所得制限が設けられていることと、自治体で申請しないと受給対象にならないので注意して下さい。

児童扶養手当

ひとり親に対する自治体からの手当ですが、こちらも所得制限があります。基本額は以下の通りです。

  • 児童1人:月額41,720円
  • 児童2人:月額46,720円
  • 児童3人:月額49,720円

*児童が1人増えるごとに月額3,000円増額

児童育成手当

18歳(18歳になった最初の3月31日までの)児童を扶養するひとり親家庭が、受給対象の手当です。児童1人につき、月額13,500円が支給されますが、所得制限があることと、自治体によっては実施していない場合がありますので、お近くの自治体に確認してみて下さい。

特別児童扶養手当

精神または身体に障害のある20未満の児童を扶養する、ひとり親家庭に支給される国の手当です。該当する級の児童がいる場合、以下の金額が支給されます。なお受給するにあたり、所得制限があります。

  • 1級:月額50,750円
  • 2級:月額33、800円

遺族年金

加入している社会保障制度や家族構成によって、受け取れる金額が異なります。詳しくは加入先に確認をしてみて下さい。

住宅手当

民間の賃貸住宅に住んでいる、ひとり親家庭が受けられる制度です。ただし、子供が20未満で、家賃の月額が10,000円を超える金額を負担している家庭などの規定があります。自治体によって、規定が異なるので詳細はお近くの自治体で詳しく調べてみて下さい。

ひとり親と乳幼児、義務教育就学児医療制度

ひとり親が、医療を受ける時に一部の負担を助成する制度です。負担額は自治体によって異なりますが、先に医療費を支払った後決められた金額が、3か月程で還付されます。乳幼児、義務教育就学児医療も助成対象の年齢や金額が、自治体によって異なります。

交通機関などの割引制度

ひとり親の為に、交通機関の割引制度を設けている場合があるのでよく利用する交通機関先に問い合わせしてみて下さい。また、宿泊施設でもシングルマザーの割引をしてくれる所もあるので、利用前に調べてみて下さい。

非課税貯蓄制度(マル優)

預貯金や公債(国債、地方債)などの元本350万円までの利子所得で課税される所得税と住民税を非課税にできる制度で、俗にマル優と呼ばれています。預貯金の際には、この制度を上手に利用して下さいね!

最後に

いかがでしたか?シングルマザーの為の助成は、結構あります。中には、「知らなかった!」と感じる制度もあったのではないでしょうか?自治体によっては、独自の助成を設けている所が多くあります。お近くの自治体に相談して、助成可能な制度は上手に利用しましょう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら