やけどには純度100%のラベンダーオイル(アロマオイル)が一番効く!

スポンサーリンク
728×90




イギリスでは医療用としても用いられることがあるアロマテラピー。その効果は決して馬鹿に出来ないものがあります。数あるアロマエキスの中でも私たちが一番身近に感じられ且つ目に見えて効果が確認できるのがラベンダーオイルです。ラベンダーの語源は「洗う」という意味のラテン語。自然に根付いた療法は何の副作用もなく大切な肌を元通りに修復してくれます。

アロマオイル使用の注意点

まずは、純度の高いオイルが必要です。ピュアオイル100%でなければ火傷に使用することはできません。

金額の目安

精油量 金額
約10ml 5,000円程度

利用する前は、精油1滴を健康な皮膚に付着させるパッチテストでアレルギーのチェックをします。かゆくなったり赤く腫れたりしなければ火傷の時に使用できます。

どの程度の火傷に効く?

軽度の火傷から、皮膚がただれるほどの火傷にも使用できるのがラベンダー精油です。たとえば、鉄板焼きの鉄板に触れてしまった時など、見た目は普通でもヒリヒリしたり赤くなったりします。

そこに精油を直接かけるとヒリヒリが無くなりますし、痛みが続く時は、治まるまで精油をかけます。

さらに、花火などが直接皮膚にあたってしまったようなひどい火傷の場合も、たっぷり精油をかける事で夜眠れないほど痛い火傷でもぐっすり眠れるようになります。

赤ちゃんが火傷してしまった場合などもパッチテストさえしていれば即利用できるので、病院へ行くまでの時間、痛い思いをさせずに済むのでママも安心なのではないでしょうか。

ラベンダーを購入しての治療は得か損か?!

皮膚科に行き、初診料を払い、その後通院しなければならないことを考えると精油が高額だと感じても何度も病院へ行くより安価で完治が見込めます。

しかも、キッチンでの軽度の火傷でも冷蔵庫に精油を入れておけば即使用することができますし、病院へ行くほどでもないけど、放っておけるほど平気でもないというときにも大変便利です。

このように、なるべく自然のもので家族の身体をケアすることは、子どもたちにも病院だけが全てではないことを自然に認識してもらえるメリットかもしれません。

火傷だけじゃないラベンダーの力

ラベンダーの強い消毒力は、モノテルペンアルコール類のリナロールという成分で、強い鎮静作用も併せ持ちます。その成分は安眠効果もあり不安なときなどラベンダーの香りで睡眠を促すこともでき、アロマの中でも日本では一番親しまれているものかもしれませんね。

ラベンダー以外でもやけどにはアロエが役立つことよく知られていますよね。次の記事でアロエの力についてご確認ください!

アロエを使っていますか!?スキンケア(やけど)から便秘解消までに役立つ万能薬です!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら