スキンケアは無添加を使ってシンプルに!自活力アップでハリと潤いをキープした美肌作りの方法とは

スポンサーリンク
728×90

いくつになっても女性はキレイでいたいですよね。いつまでも若々しい肌でいられれば苦労はないですが、年齢とともに肌のハリや潤いが気になるものです。「お手入れはしているのに肌の調子が悪い」「思うように肌がキレイにならない」という方は、もしかすると肌の自活力が衰えているかもしれません。自活力とは、自ら本来の美しい肌になろうとする力のことをいいます。もし、この自活力が低いと、肌が乾燥したりシミができたりと肌トラブルに悩まされる可能性があります。ということは、自活力が高い女性は、肌美人ということなのです。では、自活力はどのように上げられるのでしょう。今回は、肌の自活力の高め方についてご紹介します。

ストレスは自活力の天敵

まず知っておきたいのが、自活力はストレスが増えるほど低下していくということです。大気汚染や紫外線などの外部からの刺激が肌へのストレスとなり、自活力が低下していきます。そして、外部だけでなく内面からのストレスでも、自活力は低下していくのです。

睡眠不足や栄養の偏った食事、マイナス要素となるストレスは肌トラブルを増やしてしまいます。休日は読書をしながらゆったりとした時間を過ごしたり、ウォーキングで身体を動かし気持ちをリフレッシュさせるなど、ストレスを軽減することで自活力も高められるのです。

肌のスキンケアはシンプルが一番

肌の調子がいまいちという方がやりがちなのが、様々なスキンケアの化粧品に頼ったり、1度にベタベタと化粧水をたくさん使うことです。どれが自分の肌に合っているのか試してみることは大切ですが、化粧水をベタベタと大量につけたり様々な会社のスキンケア商品を試すことは、自活力を高めることには繋がりません。何より肌に一番いいスキンケアは、自分の肌に本当に必要なものを見極めることです。自分の肌を知ることで自活力が引き上げられ、自然とたくさんの化粧品に頼らずスキンケアをシンプルなものにすることが出来るのではないでしょうか。

自活力アップには無添加がおすすめ!

いくらスキンケアをシンプルにしても、高品質だからと添加物を使った化粧水を使っては、自活力は低下してしまう可能性があります。最も自活力アップに効果的なのが、無添加の化粧品です。

  • 防腐剤
  • 香料
  • 合成色素
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

などの添加物が含まれている化粧品は、肌に余計な刺激を与えてしまいます。添加物は肌にストレスを与え、自活力の低下の原因になるということです。そのため、無添加の化粧品を使うことが、自活力を引き上げるのに重要ということなのです。

最後に

いかがでしたか?女性は、一度は肌トラブルで悩んだことがあると思います。年齢を重ねるごとに高品質な化粧品にこだわるあまり、添加物を含んだ化粧品に依存している方もいるのではないでしょうか。しかし、肌美人になるためには、「自活力を高めること」「肌にストレスを与えない化粧品選び」が大切なのです。自活力アップに成功すれば、肌で悩んでいる方も本来の美しい肌を取り戻せるかもしれません!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら