スキンケアのミニマリスト!クレンジングなどの化粧品使用をやめる肌断食の方法とは

スポンサーリンク
728×90




みなさん、「肌断食」ってきいたことがありますか?お風呂に入って洗顔したあと、普通の人なら化粧水、乳液、クリームなどの化粧品をつけていますよね。肌断食とはその全てをやめることをいいます。近年、「ミニマリスト」という言葉がはやっているように、シンプルに暮らすことが良いとされる流れがあります。肌断食は言い換えればスキンケアミニマリストです。今回は、この肌断食の方法についてご紹介致します。

肌断食、手始めはクレンジングをやめる!

クレンジング剤には界面活性剤が多く含まれています。この界面活性剤は油分と水分という混ざらないふたつのものを混ぜる働きをしています。界面活性剤は汚れを落とす効果も高い分、肌に大きな負担をかけてしまいます。

この強力な働きをする界面活性剤は、肌の正常な角質層を壊してしまうこともあります。これが肌荒れや乾燥につながるのです。

また、クレンジングは肌をこすりやすいので、摩擦によって肌を痛めてしまいます。肌断食で大切なのは、出来る限り肌に刺激を与えないことです。ゴシゴシと毎日クレンジングをしている人は、メイク用品を見直すなどして、まずクレンジングをやめてみましょう。

洗顔は石鹸で!

洗顔フォームにも界面活性剤が含まれています。また、しっとりタイプの洗顔料には保湿剤などが含まれていますが、それに頼り過ぎてしまうと肌が怠けて本来の働きをしなくなってしまいます。

そのため、洗顔フォームをやめて界面活性剤を含まない純石鹸で顔を洗うようにしましょう。ポイントは、顔に泡をのせた時にこすらずに、泡をプッシュするように洗うことです。

あまり皮脂がでない人やメイクをしていない人は、お湯洗顔だけでも大丈夫です。各自の肌質や状況によって洗顔方法は変えてみてくださいね。

石鹸で落ちるメイクにする!

肌断食中はメイクをしない方が良いですが、仕事をしている人などはそうはいきませんよね。最近は石鹸だけで落ちるメイク用品がたくさんあります。肌断食をする時にはそれらを利用すると良いです。

また、普通のファンデーションであっても、リキッドやクリームタイプよりもパウダータイプを選ぶようにしましょう。肌への負担が少なくなります。

石鹸だけで落とすので、完全に落ち切らないこともあると思いますが、無理にこすって落とさなくても大丈夫です。石鹸だけで落ちるようなミネラルファンデーションならば肌にも優しいですし、ゴシゴシこすってしまうことの方が肌にとって負担になります。

保湿はワセリンのみ!

洗顔後には化粧水、クリームなどを使うのをやめましょう。もしカサカサして粉を吹いたりする場合はワセリンを塗るようにしてください。塗り方は、ワセリンを米粒くらいとって手に伸ばし、肌にトントンとこすらずのせるようにしましょう。

ワセリンは不純物の少ない白色ワセリンがおすすめです。もちろんあまり乾燥しない時にはワセリンもやめると良いですね。すると、化粧品に頼らずに自分自身の力で肌を保湿するようになります。そして徐々に肌本来の働きを取り戻していきます。

ワセリンは赤ちゃんから大人まで保湿や傷の手当に使える便利なものです!

おわりに

いかがでしたか?肌断食は肌本来の働きを高め、健康な肌を目指すやり方です。ほとんどの人は化粧品に頼るあまり、肌本来の働きを弱めてしまっていると言われています。

「どんな化粧品を試しても肌荒れが治らない!」

という人は、もしかしたらその化粧品自体が肌荒れを招いてしまっているかもしれませんよ。

肌断食は道具やお金を必要とすることもなく、スキンケアの究極のミニマリストだと思います。興味を持ったらぜひ試してみても良いかもしれませんね。

こちらの記事にも準備しておりますが、高いものが必ず良いとは限らないようです。シャンプーも1,000円もしないもが一番よかったこともあるようです。次の記事でご確認ください。

お肌が弱く地肌(頭皮)がかぶれてしまう私が最後に選んだ1,000円もしない普通のシャンプーとは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら