原因は空気の汚れやダニなども!睡眠不足が積み重なる睡眠負債。その対策は?

スポンサーリンク
728×90

みなさんは、「睡眠負債」という言葉を聞いたことはありますか?「睡眠負債」は日々の睡眠不足が積み重なり、心身に大きなダメージを与えることを言います。とくに、夏の寝苦しい熱さから解放されて過ごしやすくなる秋頃は、「睡眠負債」に要注意です。

秋は寒暖差が大きくダニが発生しやすい時期であるため、空気が汚れて睡眠の質が下がり睡眠不足が続いてしまうことがあるようです。それでは、「睡眠負債」になると身体にどのような悪影響を及ぼすのでしょう。また、きれいな空気で快適な睡眠をとる方法を知っていると安心ですね。今回は、「睡眠負債」による健康への影響と対策をご紹介します。

睡眠負債による健康への影響

睡眠負債は、質の高い睡眠がとれないため、心身に大きなダメージを与える可能性があります。主に考えられる健康への影響は、自律神経が乱れ集中力や思考力が低下し、自己満足感が得られなくなってしまいます。

とくに仕事をしている人は、職場でやる気が出ない原因に睡眠負債の影響があるかもしれませんね。他にも、肌荒れやシミが増えたり太りやすくなったりと、見た目への影響もあるようです。

睡眠負債になる原因

睡眠負債の原因は睡眠の質の低下が考えられますが、なぜ睡眠の質が下がってしまうのでしょう。とくに秋頃に多いとされる睡眠負債は、空気の汚れとダニの活動期に原因があるようです。

寝ているときに空気が汚れていると呼吸が浅くなり、就寝中も緊張した状態が続いたり体内の酸素量が減少したりします。

さらに、汚れた空気を吸い込んだ場合、寝ているときも体内では異物を除去しようとエネルギーを費やしているのです。このような状態が続くと、寝ているのに疲れがとれにくくなり、睡眠の質が下がってしまうということです。

また、ダニは高温多湿を好み、秋口は繁殖しやすい時期です。ダニの死骸や糞はアレルゲンとなって空気に舞うので、寝具のお手入れも質の良い睡眠のために必要ですよ。

睡眠の質を上げる寝室環境とは

ここでは、睡眠の質を上げる寝室環境の作り方についてご紹介します。

1:寝室の照明は消す

快適な睡眠をとるためには、寝室環境を整えることが大切です。照明がついていると眠りが浅くなるため、部屋は暗いほど熟睡できます。どうしても真っ暗な部屋では眠れない人は、間接照明などで光が直接目に入らないようにしましょう。

2:就寝前はリラックスする

就寝前はのんびりとリラックスした状態にしましょう。スマホを常に見る癖がついている人は、できるだけ手元に置かないようにしてくださいね。寝る直前まで明るい画面を見ていると、目の疲労だけでなく逆に目が覚めてしまいます。

3:布団の中の温度に注意

布団の中の温度まで気にする人は少ないかもしれませんが、実は睡眠の質を上げるには布団の中の温度も重要。布団の中の温度は、体温に近い33℃が理想とされています。

就寝中にエアコンをかけっぱなしにしている人もいると思いますが、寝ているときはエアコンの風が直接当たらないよう布団をしっかりかけて、空気を循環させることが大切ですよ。

4:寝室の空気をきれいにする

エアコンの内部が汚れていると、ホコリや汚れが排出されるため、その空気を吸って咳やくしゃみを伴うことがあります。排出された汚れた空気が、睡眠の妨げとなっていることもあるでしょう。

エアコンのフィルターを掃除するだけでも改善されるので、ホコリや汚れは掃除機などで吸い取り、お手入れを忘れないようにしてくださいね。

5:布団のダニ対策は洗って干す

家庭でダニが多く繁殖する場所は、寝具周りと言われています。ダニの死骸や糞は空気中に舞い上がるので、その前に除去することが大切です。洗える布団は洗濯をして天日干ししましょう。洗えない布団は掃除機で吸い取ります。

家庭で布団を洗濯するのが難しい場合は、宅配してくれるクリーニング業者もあるので試してみるのもおすすめです。布団を天日干しにするときは、両面しっかり日に当ててくださいね。

意外と知らない間違ったダニ対策

布団をベランダに干している人の中には、布団たたきでパンパン叩いている光景を目にしますが、布団たたきで強く叩くのは逆効果なのを知っていますか?

布団たたきでダニを取り除こうとしていた人にはショックな情報ですが、布団叩きを使うとダニの死骸や糞がさらに細かくなって余計に取り除けないのです。さらに、強く叩くほど布団を傷めてしまうとも言われています。

布団たたきの正しい使い方は、ラケットの先端の面を布団に当てて、優しく撫でるように使うのが正しいとされています。布団たたきは、布団の表面についたホコリやダニを落とすために使うものなので、パンパン強く叩くのはNGですよ。

最後に

いかがでしたか?最近、「睡眠負債」というワードが注目されており、実際に睡眠負債による健康被害もあるようです。

睡眠負債は、病気のリスクを上げる可能性もあるので、質の良い睡眠を取ることが大切でしょう。ぜひ、今回ご紹介した質の良い睡眠を取るための寝室環境の作り方を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら