お金を預け入れたまま長い間している休眠口座はそのまま放置するとどうなる?休眠口座についての豆知識

スポンサーリンク
728×90

長い間、預け入れや引き出しなどの取引をしていない口座を「休眠口座」と言います。休眠口座は、5~10年以上取引が行われていない口座で、口座名義人と連絡が取れない状態である場合です。昔作った銀行口座や残高が少額だからと口座を放置してしまう人もいるため、そのまま休眠口座となってしまうようですね。あなたにも心当たりはないでしょうか?また、そのまま休眠口座が続く場合は、どうなるのでしょう。今回は、休眠口座のポイントについてご紹介します。

休眠口座の発生数がすごい!

休眠口座は、毎年どのくらい発生しているかご存知ですか?なんと、毎年1000億円もの預金が口座に眠っている状態なのです。

勿体ないと思う反面、高額な金額に自分も休眠口座があるのではないかと感じますよね。毎年、休眠口座に気付いて払い戻しがされているのが、400~500億円程度のようです。ということは、半分はそのまま預金が残っている状態ということです。

どれくらい放置していると休眠口座扱いなの?

そもそも口座の取引がどのくらいないと、休眠扱いになるのでしょう。一般的に、ゆうちょ銀行では5年以上、その他の銀行では10年以上の取引がなく、預金者本人と連絡が取れない場合、休眠口座となります。

休眠口座になると、全国銀行協会の規定により休眠口座の預金は銀行の収入となります。ただし、実際に5年、10年と取引がなくても、銀行の自主ルールとして10年も20年も経過した預金に対して、払い戻しをしてくれることがほとんどでしょう。

民営化前の郵便貯金に要注意

先ほど、ゆうちょ銀行は5年以上で休眠口座となることを説明しましたが、民営化前の郵便貯金は例外なので注意しましょう。

民営化前とは2007年9月30日以前の郵便貯金のことであり、郵便貯金法が適用されます。郵便貯金法では、満期の翌日から20年間の引き出し請求がなく、文書でお知らせしても引き出しの手続きが行われない場合、その2ヶ月後に権利が消滅するという記載があるのです。

かなり前に郵便局でお金を預けた記憶がある人は、通帳の満期日を確認してみましょう。郵便局で口座を作っていても、その後ゆうちょ銀行に引き継がれている場合は、休眠口座となっていても払い戻しが可能ですよ。

りそな銀行は独自方針

りそな銀行へ預金を預けている場合、休眠口座となってからいつでも払い戻しができるわけではありません。りそな銀行の取り決めによると、最後の取引から2年以上、預け入れや払い戻しなどの取引がない普通預金口座は、休眠口座扱いとしているようです。

休眠口座となった場合、前もって届け出をしている住所に文書で連絡が行くのですが、それでも再利用や解約などの手続きがなければ、年間1200円の休眠口座管理料が自動的に引き落とされていきます。

休眠口座管理料の引落しができなくなると、口座は自動的に解約されます。ただし例外もあり、残高が1万円以上で同じ支店に定期預金などの資産を預けている場合や借り入れがある場合は、一度休眠口座になっても解約や払い戻しが可能でしょう。

休眠口座の解約の仕方

休眠口座があると判明した場合、普段使っていない口座なら早く預けたお金を払い戻したい、もしくは早く解約して払い戻ししてほしいと考えますよね。

休眠口座を解約する場合は、通帳、本人確認書類、登録の印鑑が必要です。結婚して姓が変わったり引越しして住所が変わったりしていると、銀行によっては公的な本人確認書類が必要な場合もあります。

通帳や登録の印鑑を紛失していた場合、口座番号や支店名などから調べて、本人の預金であることが確認できれば、払い戻しや解約の手続きをしてくれる銀行もあるでしょう。

休眠口座の使い道について

現在休眠口座は、全国銀行協会の規定により銀行の収入としています。

実は、2016年12月9日に交付された「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(休眠預金活用法)」により、社会保障や税金などの公的機関だけではカバーできないところにお金を回そうと休眠口座の活用法が見直されました。

今後は審議会の結果、

  1. 「子供や若者に関わる支援活動」
  2. 「日常生活や社会生活において困難を有する者への支援活動」
  3. 「地域における活力の低下や社会的に困難な状況に直面している地域への支援活動」

の3つの分野で休眠口座が活用される方向です。

休眠口座は、これらの支援活動を行うNPO法人が選定され、2019年1月以降の休眠預金を対象に、2019年秋頃の開始を目指しています。

最後に

いかがでしたか?すっかりタンスの奥に眠ったままの通帳を忘れてはいないでしょうか。休眠口座が毎年1000億円も発生していることに驚きを感じますが、もしかすると自分も対象者になっている可能性もありますよね。

ほとんどの銀行では休眠口座扱いになっても払い戻しが可能ですが、いつでも払い戻しが可能だからとほったらかしにしないでくださいね。銀行によっては、自動で解約となるケースもあるため、自分の口座はしっかり管理するようにしましょう。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら