春眠暁を覚えず!春になると襲われる眠気の原因と対策とは

春になるとポカポカ暖かな陽気に包まれ、気持ちが良くなりついうとうとしてしまいます。でも、どうして温かくなると眠くなるのでしょう。温かいと気持ちが良くなって眠くなりそうというのは、何となく分かりますよね。しかし、それ以外にも何か原因があるのでしょうか。今回は、春になると眠くなる原因と対策についてご紹介します。

春はどうして眠くなるの?

春に眠くなる原因はいくつかあると言われています。その中でも一番の原因と言われているのが、冬から春へ季節が変わることで自律神経が乱れてしまうからです。自律神経には、日中活動しているときに働く交感神経と、安眠時など夜に働く副交感神経があります。

この二つの神経は自動的に切り替わりバランスを取っているのですが、急激な気温差によってバランスを崩しやすくなります。そして、自律神経のバランスが崩れることで夜眠っているときの眠りが浅くなってしまい、日中も眠たくなってしまうのです。

また、この他にも春に眠くなる原因があります。温かくなると脳の血流が減るため脳が酸素不足となり、睡魔に襲われます。そして温かくなると外で身体を動かすことが増え、1日の活動量も増えていきます。

このため、活動が増えるということは消費するエネルギーも増えていきます。この大本のエネルギー源はビタミンB群が元となっていて、大量にビタミンBが消費されるとメラトニンの分泌バランスが崩れて、睡眠不足になることもあります。

このように、春に眠くなるのは様々な原因があるということです。

それでも眠い!眠気対策をどうする?

春に眠くなる原因は分かりましたが、身体の中で起こることなので春になると眠くなってしまうことに変わりはありません。しかし、簡単に眠気対策をすることはできます。仕事や授業中など、眠いけど寝れないときにできる眠気対策をご紹介します。

朝起きたら太陽の光を浴びる

まず朝起きたら一番にカーテンを開けて、太陽の光を思い切り浴びましょう。脳が活性化され自律神経も活動する時間帯と認識し、自然と眠気を少なくしてくれます。

可能であれば仮眠をとる

もしできるのであれば、お昼休みや休憩時間などに仮眠をとるようにしましょう。このとき寝すぎてしまうと仮眠ではなくなってしまうので、基本は15~20分の仮眠がベストでしょう。

脳を短時間休ませると仕事の効率も上がると言われているため、眠気対策以外にも仕事の評価に繋がるかもしれません。

シンプルにコーヒーを飲んでカフェイン摂取

よくコーヒーを寝る前に飲むと寝れなくなると言いますよね。まさにシンプルながらカフェインを摂取することは、眠気対策に最適な方法です。この効果はカフェインを摂取して30分後には脳に達し、持続効果は8時間もあると言われています。

それでも眠たいときは病気の可能性も?!

春に眠たくなる原因や対策をしても、何も変化がなく春を過ぎても継続して眠い場合は病気の疑いがあります。

睡眠障害や睡眠時無呼吸症候群といった病気が隠れている可能性もあります。いつになっても眠気が解消されず生活に支障をきたす場合や居眠りが続くようであれば、専門機関を受診しましょう。

最後に

いかがでしたか?春は気温が上がり眠気が襲うことは誰にでもあります。食後に満腹になって眠気に襲われるのと同じような感覚ではないでしょうか。

しかし、眠気があるからとダラダラ昼寝をしたり、寝すぎてしまうと生活リズムが崩れ余計なストレスや疲労を感じやすくなります。眠たいからと言っても睡眠時間は6~8時間に抑え、規則正しい生活を送りましょう。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら