ゴールデンウィークは地元で楽しもう!穴場スポット「小さな美術館」がおすすめ!

スポンサーリンク
728×90




もうすぐゴールデンウィークがやってきます。ディズニーランドやユニバーサルスタジオ、国立美術館など有名なレジャー施設や美術館などに行くのも楽しいですが、地元の施設でも意外な穴場があります。今日はそんな地元の穴場スポットをご紹介します!

小さな美術館が穴場?市立美術館や郷土資料館にがおすすめ!

市立美術館や郷土資料館などの施設は混むこともなくゆったりと時間を過ごすことが出来ます。市立美術館などの多くは地元ゆかりの作家の作品を常設展示しています。

自分の住む町の生んだアーティストと出会えて、「自分の感性と波長が合う」作品を見つけられるかもしれません。まだメディアにあまり取り上げられていなくても自分のお気に入りのアーティストが見つけられたら、ちょっと幸せな感じです。

近所にどんな美術館があるのか分からない場合は良いサイトがあります。

はその美術館や郷土資料館のサイトにもリンク出来とても便利でした。特に各美術館のイベント情報では思いがけないお得な情報があったりするのです。

市原湖畔美術館の特別展「くらやみ美術館」

千葉県にある市原湖畔美術館の特別展で「くらやみ美術館」という企画がありました。

http://lsm-ichihara.jp/Light-and-Shadow-3

そのオープニングイベントとして(2016年3/26・3/27とすでに終わってしまいましたが)Light and Shadow公演がありました。

音楽とライトアップの共演という形でおおたか静流(シンガーソングライター)with藤本隆行(照明アーティスト)!!というファンにとってはとても魅力的なイベントです。しかも、入場料は一般でなんと600円!掘り出しモノです。

また私の地元の茂原市には(前にご紹介したこともありますが)茂原公園があります。茂原公園は「日本の桜の名所100選」選ばれるくらい位、桜の咲く頃は風情のある公園です。

http://www.mobara-kankou.com/enjoy/event/sakura.html

入り口から少し登ると弁天様をお祭りした社があります。この社は池の中にあり池には朱色の橋がかかり社の白壁と橋の朱色、池の水の緑色のコントラストがきれいです。そこに桜のピンクが彩りを添えて春は本当に華やかです。

この茂原公園の奥に茂原市立美術館があります。本当に本当に小さな美術館で展示物もどちらかというと地味な印象ですが、地元にゆかりある作家の作品が多くあります。私はここが大好きなのです。

館内に入ると美術館独特の匂いがしてしんとした「静寂」という言葉がぴったりする雰囲気に癒されます。入館料はなんと無料なのです。

美しいモノに出会えること

ささやかでも自分のお気に入りのモノ、美しいモノがふだんの生活にあると豊かな気持ちになれるのです。みなさんも是非、メジャーではない自分だけの穴場スポットで楽しい休日をお過ごしください!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら