スマホのカメラで、素敵な写真を上手に撮る3つのコツ!!

スポンサーリンク
728×90




今やデジタルカメラと同じ、いやそれ以上の画素数を誇るスマホのカメラ。気軽に写真を撮れるようになったけど、いつも撮る写真は同じ感じ。実はほんのちょっとの工夫で、もっと素敵な写真が撮れるんです!今回は、写真のとり方のコツを3つお伝えします!

撮る前に確認!カメラにグリッド線を出しておく

最初にカメラの設定です。カメラを起動したときに、縦と横の線ありますか?これは「グリッド」と言って、この線があると、地平線などを、真っすぐに撮ることができます。出し方は、スマホの「設定」から「写真とカメラ」を選択します。「カメラ」という項目の最初に「グリッド」とあるので、その項目をオンにしておいてください。

写真を撮るときに意識すること

次に、写真を撮ります。いつもは、一番撮りたいものや人が、真ん中にして写真を撮ることが多いと思います。これは、「日の丸構図」といって、日本の日の丸の旗のように、ど真ん中に被写体を置いて撮った写真のことです。

グリッド線が交わるところに、撮りたいものを合わせる

美味しそうなスイーツや、料理を撮る場合、グリット線の縦と横が交わる4ヶ所のどこかに合わせて、写真を撮ってみましょう。グリッド線が交わるところに、撮りたいものを合わせ、指で、ピントを合わせて撮りましょう。

縦向きの写真は、物、人をアップして、目立たせたいときに便利です。またスマホのカメラで撮影するときは、縦に構えた方が、撮りやすくなっています。料理に寄りやすく、さらに立体感が生まれます。

横のグリッド線を使って、1/3ずつ分けて撮ると、うまく収まります

横位置の写真は、風景を撮るときや、集合写真、全体像を押さえたときに、使います。横で撮る写真の場合、素敵に撮るコツは、横の3つのグリッド線を気にしてください。

ビーチで写真を撮ったとに、1/3に空、1/3に海、1/3に砂浜が来ると、とてもいいバランスの写真になります。これに縦のグリット線が交わる場所に、人が来るように撮影すると、バッチリ!!

<参考>

  • バランスよく撮れる「3分割法」
  • 写真の構図を工夫してみよう

アプリを使って加工する

少し暗くなってしまった写真や、ちょっと水平に撮れなかった写真は、加工すれば大丈夫です。加工するときに便利なアプリを2つご紹介します。

写真加工から文字入れまで1つで全部済む【aillis】

こちらのアプリ、文字入れから1つのアプリで全部できますこちらのアプリ、文字入れから1つのアプリで全部できます。写真を取り込んだら、オリジナル画像から、自動で加工もありますが、明るさなども自分で調整できます。また、フレーム、スタンプも無料であり、写真を複数枚合わせて、コラージュも作れます。手軽で、便利なアプリです。

https://itunes.apple.com/jp/app/aillis/id516561342?mt=8 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.linecamera.android&hl=ja

本格的にしっかり加工したい人は【Snapseed】

1枚の写真をポストカードの様に、加工したい方は、こちらのアプリが便利です。

画像調整だけでなく、ぼかしの機能もあります。レンズのような丸い形から台形など形も選べますし、ぼかしの強さまで選択可能。コントラストも5段階で細かく調整がでます。温かみのある色や空の青を強調する加工も可能です。時間はかかりますが、カッコイイ写真ができること間違いなし。

保存するときに、そのまま保存すると、元々撮った写真に上書きされてしまうので、コピーを保存にしておきましょう。違う加工をしたいときに、元々撮った写真が便利ですし、ビフォーアフターがあると、お友達に見せたときに、ビックリされますよ。

https://itunes.apple.com/jp/app/snapseed/id439438619?mt=8 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.niksoftware.snapseed&hl=ja

読んだらすぐにスマホのカメラで写真を撮ろう!

いかがでしたが、ちょっと素敵な写真、撮ってみたくなりましたか。スマホの写真は失敗しても消せるし何度でも取り直せばいいんです!!たくさん撮って、自分の【ベストフォト】作りましょう!

この記事を書いた人

たかいやすか
たかいやすか
札幌に住んで8年目。3人の子どもの母親をしています。
転勤でやってきた北海道。そのの魅力にハマり、 北海道の観光スポット、美味しい食べ物、知られてない北海道のお酒など、ご紹介していきます。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら