スマホの充電器を買う前に。micro USBスマホの方必見!。USB Type-Cとの違い

最近スマホ充電器を購入したのですが、その時チョットしたことに気付いたのでご紹介します。皆さんのスマホは普通の「micro USB」対応ですか。それとも「USB Type-C」対応ですか?「えっ、USB Type-C?それ何?」という方、必見です!以下は、micro USBに関わる機器全てに関連することですが、今回はスマホ充電器を例にご説明します。

スマホ充電器の種類

スマホ充電器を使用するには、充電器本体とケーブルが必要になります。充電器は単体やケーブルとの一体型、付属でケーブルが同梱されている物もあります。

実はmicro USBは1種類ではなく、他にも沢山の種類があります。今回は一般的なmicro USBType-Cを、間違えないで購入することを目指したいと思います。私のスマホはごくフツーのスマホなので、いわゆるフツーのmicro USB対応です。

家電量販店などに行くと、スマホ用とiPhone用にコーナーが分かれています。スマホとiPhoneは全く違う棚に置かれている上、iPhoneは「Lightening」とも表示されているので間違えることはありません。

ですが、スマホコーナーに行くと、micro USB対応とType-C対応が全面に並んでいます。一応、ビミョーに分かれてはいますが、このビミョー具合があなどれません。お店側は、シッカリ分けているつもりですが、スマホ初心者やmicro USBスマホを使用している者達にとっては、かなり紛らわしい陳列です。 

1.0A対応、2.0A対応とは?

皆さんは「1.0A対応2.0A対応3.0A対応」という言葉を聞いたことがありますか?「何それ?」という方は、説明書やカタログの「機能・仕様一覧」をご覧ください。

「充電時間」という欄がありますね?スマホを購入する際、「充電時間は短い方がイイー!」とよくよく確認したアノ欄です。

そこに小さく、「micro USB ACアダプタ1.0A」とか「Quick Charge 2.0対応ACアダプタ」などと書かれていませんか?これが、フツーの「micro USB」対応ということです。

「1.0A対応」と「2.0A対応」の違いですが、早く言えば、1.0Aより2.0Aの方が充電時間が早いということです。つまり数字が大きいほど、充電時間が短くて済みます。

一方、「USB Type-Cアダプタ」と書かれてあれば、「USB Type-C」対応です。「Type-C」は最新型に多く、比較的、価格帯の高い方に位置しており、まだまだ一般的ではないでしょう。

3.0A対応とは?

では、「2.0Aより3.0Aの方が、もっと早いじゃないか」とお思いになるでしょう。そ~なんです。2.0Aより3.0Aの方がダントツ早いんです。

「3.0A。イイーじゃないか。オレは最高が好きなんだよ。よし!3.0Aを買おう!」とおっしゃるアナタ。チョットお待ちください!

この素晴らしい「3.0A」ですが、残念ながら、我々フツーのスマホには対応しておりません。先ほども申しましたが、micro USBにはUSB Type-Cというのもありまして、この「3.0A」は、「USB Type-C」専用なのです。

私も家電量販店の店員さんに聞きました。

「フツーのmicro USBの3.0Aはないんですか?」

間髪入れず、

「ありません」

「じゃあ、ここにある3.0A以上はぜーんぶUSB Type-Cなんですか?」

「そうです。全部です」

店員さんは淡々と答えてくださいました。

micro USBスマホとUSB Type-Cケーブルは接合しない!

ここで注意しなければならないのは、「micro USB」と「USB Type-C」は接続部の形状が違うということです。ですから間違えて購入すると、いざ使おうという時、「合わない!」ということになります。

micro USBはスマホ本体との接合部が台形ですが、USB Type-Cは長方形です。どう頑張ってもハマりません。

間違えて買った場合は? 

でも、これを読んだ時には、「USB Type-C、買っちゃった!もう手遅れ」という方もいらっしゃるでしょう。でも、ご安心ください。奥の手があります。

「micro USB」と「USB Type-C」共に、それぞれアダプタが販売されています。接合部に被せるキャップ状になっていて、それを使えば、双方が「micro USB」にもなり、「USB Type-C」にもなります。もし間違えて購入しても、無駄にすることなく使用できます。

ただし、2.0A対応のスマホに3.0Aケーブルや充電器を接続しても、2.0Aの機能しか発揮しません。また1.0Aと2.0Aにも同じことが言えます。つまり違う数字を接続した場合、小さい方の出力しか出ないのです。

ちなみに、とても小さなものですが、家電量販店の店頭価格は1,000円前後します。ですからアダプタを買うくらいなら、新しいケーブルを買った方が良いと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

周辺機器購入前に性能確認を

ひと昔前なら、パソコンもスマホも全てmicro USBでOKだったのですが、最近は、USB Type-C対応など、新しい機種がぞくぞくと発売されています。

充電器やケーブルなどの周辺機器を購入する際は、ぜひ購入前に、スマホの機種性能を確認することをおすすめします。

充電性能は、機能・仕様一覧だけでなく、純正ACアダプタ本体にも記載されています。殆どの方は、コンセントに差し込んであるでしょうから、一度ご覧になってみてください。

もしそれでも分からない場合は、ご購入ショップにお問い合わせください。すぐに教えてくれます。

最後に

以上でお話したことは、充電器だけでなく、モバイルバッテリーやその他の周辺機器にも該当します。既にご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら