ほとんどの歯科衛生士はタバコを吸わない。それはタバコの歯への悪影響を知っているから!喫煙は歯にどんな影響があるの?

歯科衛生士で喫煙をする人はとても少ないといわれています。それは、タバコを吸うことで歯周病になるリスクが高まるからなのです。

歯周病の原因が「たばこ」ということもあるのです

たばこが体に悪いものということは、誰でも知っていると思います。喫煙することによって心筋梗塞や肺がん、妊婦さんでは胎盤早期剥離や流産などのリスクが高まります。

ストレスが軽くなるというメリットもありますが、それと比べ物にならないほどのデメリットがあることが分かっています。

最近では嫌煙ブームにより、喫煙への対応が厳しくなってきました。レストランでは分煙は当たり前になっていますね。

しかし日本にはまだ多くの喫煙者がいます。歯科診療をしていると、たくさんの人のお口を拝見しますので、身近にも喫煙者が大勢いることを実感します。みなさん悪影響があることは理解しているものの、やめられないというのが現実です。

歯科医院へきた喫煙者の患者さん全員にお話していることですが、たばこは歯にも悪い影響があります。あまり知られていませんが、特に歯周病と深い関係があるのです。歯は自分の財産のひとつです。

そんな歯がなくなってしまっては、誰でも困りますよね。喫煙者にとって禁煙へのひとつの動機付けになるように、そしてひとつの知識になることを願って、たばこと歯の関係についてお話します。

歯周病との関係について

喫煙と歯周病には、深い関係があります。喫煙している人は、歯周病にかかりやすいです。そして、歯周病治療をしても歯周病が治りにくいことがわかっています。それはなぜでしょうか。

主な原因は、たばこの成分であるニコチンです。ニコチンは血流を悪くさせる作用があり、この影響で歯肉の毛細血管へ酸素や栄養分を十分にいきわたらせることができなくなってしまいます。

結果、歯周病になりやすく、綺麗に歯石をとることや上手なブラッシングと言った基本的な歯周病治療をしても、治りにくくなってしまうのです。

それに加え、喫煙者の歯肉は繊維質で固いという特徴があります。このため見た目の変化が少なく、歯周病が進行していても、発見しづらいという悪影響もあります。

歯周病が進行すると歯肉が腫れることや、歯が伸びた印象になるように見た目の変化が表れます。しかし、喫煙者は繊維質で固い歯肉のためその変化が表れにくいです。見た目は変わらなくても、気づいたら歯周病が進行していた!なんていうことも珍しいことではありません。

最悪の場合、歯を抜かなければならなくなってしまいます。

もともと歯周病は、重度になるまでは自覚症状が起こりにくいものなので、余計に歯周病の進行を発見することが難しいのです。

喫煙をすることで歯に与えるその他の悪影響について

喫煙をすることで、タールという成分が歯の表面に付着します。そうすると歯垢(プラーク)や歯石が溜まりやすくなってしまうのです。歯垢や歯石はばい菌のかたまりです。付着したら早いうちに取り除かないと、歯肉に炎症が起きてしまいます。これは歯肉炎や歯周病の原因になります。

タールはヤニの元になるものでもあり、ヤニが歯に付着していると見た目が悪く、印象も悪くなってしまいます。歯を白くする歯磨き粉も売っていますが、ヤニというのはなかなか綺麗に落ちるものではありません。

歯科医院では専用の研磨剤を使って落としますが、喫煙をしているかぎり、しばらくすると再付着してしまいます。

たばこは歯肉の色も変化させます。喫煙者の歯肉を見たことはありますか?部分的に黒ずんでいるのです。これはニコチンやタールなどの有害物質が、歯肉にしみこんでしまっているためです。

見た目の改善方法としては、ガムピーリングという処置があります。これは二種類の薬品を歯肉の黒い部分に塗って、歯肉の表面を溶かし、新しい綺麗な色の歯肉にさせるというものです。

薬品の取り扱いが危険なため、歯科医院でしかできない処置ですが、とても綺麗な色になります。女性の希望される方が多いですが、これも喫煙を続けてしまうと、再び歯肉は黒くなってしまいます。

その他にも、黒い部分の歯肉をレーザーで焼きとってしまう方法もあります。どちらの方法でも、新しい歯肉が出来るまでは、刺激のある食べ物を避けることや、見た目を気にしなければなりません。

最後に

ほとんどの歯科衛生士さんは、たばこを吸いません。それは様々な悪影響があることや、歯周病に関する正しい知識があるからです。歯周病は一度進行すると、なかなか元通りの状態に改善させることは難しいです。

たばこを吸わなくても歯周病になってしまう人は多いので、少しでもリスクを減らすことは大切です。誰だって歯周病にはなりたくないものです。

あと、歯の変色もたばこを吸いたくない要因です。ある患者さんで、歯のホワイトニングをしたことが禁煙を始めるきっかけになったという方がいました。女性の方でしたが、特に若い方や女性は審美性を大切にしますので、白く綺麗な歯は禁煙の大きな動機付けとなったのでしょう。

他にも歯石をとった爽快感が禁煙のきっかけになった方もいました。口元の変化というのは、喫煙者にとって大きなものかもしれません。

たばこにはたくさんの害があることが分かっていただけたでしょうか。そのため、強く禁煙をおすすめします。禁煙が難しいことは分かっていますが、歯への影響やお口の変化が禁煙のきっかけになってもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら