軟水がいい?硬水がいい?ミネラルウォーターを使い分けてもっと美味しく!

スポンサーリンク
728×90

普段、何気なく見かけるミネラルウォーターですが、水は水だからどれも同じ!だと思っていませんか?ミネラルウォーター軟水硬水ってどう違う?といった特長を知り、さらに料理によって使い分けることでもっと美味しく仕上げることができるのはご存知ですか?

ミネラルウォーターについて

そもそも、ミネラルウォーターとは、主に地下水を原水とする容器に入った飲料水のことを指します。その中でも、カルシウムとマグネシウムの量によって軟水と硬水、さらにはその中間にあたる中硬水などに分けられます。

国内で多く産出されるのは軟水で、のどごしがやわらかくさわやかで日本人の味覚になじみがあるのも特長。一方でミネラル補給にもぴったりな硬水は欧州では主流の水となっています。

軟水が合う料理は和食

日本人の味覚になじみのある軟水は、もともと日本の土地にある水です。そのため、日本人の食べ物、つまり和食とも密接な関わりをもっています。たとえばお米は、軟水で炊くと水分をたっぷりと含み、ふっくらと仕上げることができます。

さらに、グルタミン酸やイノシン酸といった旨味成分を抽出しやすい軟水は昆布や鰹の出し汁に使うのにもぴったり。微妙なだしの味わいや食材の旨味、そして比較的薄味を楽しむ和食は軟水によって支えられているのです。

そのほか、水をたっぷり使う煮物やスープなどに使うと野菜にしっかりと水分が浸透しやすく、柔らかく仕上げることができるのでおすすめ。

硬水が合う料理はパスタや肉料理

一方で欧州では主流の水である硬水はヨーロッパの料理には欠かせない水として使われてきました。 たとえば、硬水を使ってパスタを茹でると、カルシウムがでんぷん質と結合してコシのある仕上がりになります。

スジ肉の煮込みなど硬めの肉を煮込むときや牛肉でだしをとるときなど、肉料理にも硬水がぴったり。カルシウムがお肉を硬くする成分と結びついてアクとして抜けますし、いい味も出ます。

反対に、抽出力の高い軟水を使ってしまうと肉の臭みまで抽出してしまいやすいのであまり向きません。

ほかにも硬水は、煮崩れさせたくない料理に向きますし、硬水のカルシウムが食物繊維を硬化させるのでパエリアやピラフなどパラパラと仕上げたいお米料理も軟水より中硬水がおすすめです。

最後に…

飲み物の場合は、基本的には日本茶は軟水、コーヒーや紅茶、中国茶などには硬水を用いるのがいいと言われ、これは料理と同じでその土地にあった水が向くからと言えそうです。

しかし、味を引き出す力が強い軟水はどんな飲み物にも向きますし、硬水はカルシウムが渋味の成分と結びついてまろやかに飲みやすくしてくれます。

それぞれ特長や良さがありますので、味や香り、苦味や渋味など、どんな風味を楽しみたいかによって軟水と硬水、さらには中硬水をお好みで使い分けてみるのはいかがでしょうか?お気に入りの飲み物も水ひとつで味わいの幅がぐっと広がることでしょう♪

ちなみに私は近くのイオンにある海洋深層水を毎週5L(150円)で買ってきています。4種類お水が売っていますが、味が全く違います。チャンスがあればぜひ飲み比べください。コーヒーの味が本当にやわらかくなりました!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら